クレジットカードのCreca-Style

クレジットカードを実際に利用した体験談をご紹介します。

SPGアメックス 入会キャンペーン


アメックスゴールド 抽選でUSJ貸切ナイトご招待&初年度年会費無料キャンペーン
f:id:gold-ax:20181029112427j:plain

 

【殿堂入り】

 

アメックスプラチナのメタルカード(金属製)が届いた!驚きの大反響とは?

 

SPGアメックスを使って、とんでもない事になった話。驚きの末路とは?

 

持たないなんて、もったいない!アメックスゴールドの驚きの特典とは?ゴールドカードを検証

 

アメックスを10年以上使った体験レビューまとめ(ライフスタイル激変の評判と口コミ)

 

■ ︎ザ・リッツ・カールトン大阪 クラブジュニアスイートに29時間30分滞在も追加料金一切なし!

 

【読んでみたい記事一覧】

 

SPGアメックス入会キャンペーン2019で驚きの33,000ポイントがもらえる!合計100円=18.5ポイント

 

【選べる!】アメックスゴールド入会キャンペーン2019 年会費無料と3.3万ポイントを比較!メリットとデメリット

 

驚き!アメックスビジネスゴールドカード(法人カード)が年会費値上げ!同時に特典・サービスが大幅に追加

 

ANAアメックスゴールド入会キャンペーン2019で驚きの60,000マイル獲得!北米や欧州へ行こう

 

いきなり上級会員へ!デルタアメックスゴールド入会キャンペーンで47,000マイルとゴールドメダリオンを獲得 2019

 

SPGアメックスを利用した無料宿泊は年間2回以上も可能。世界中で優雅な宿泊体験を

 

ANAダイナースカードのメリット ポイント有効期限なし、マイル移行制限数なしでメリット絶大!

ANAダイナースカードのメリットはANAグループ便に搭乗で大きくポイント(マイル)が貯まることです。貯めたポイントに有効期限はなく、貯めたいだけ貯めて、マイルに移行したい時に移行制限数なしで特典航空券に交換してアメリカ、ヨーロッパなど長距離の海外旅行に行けることが最大のメリットとなります。もちろん、移行手数料は無料です。

ANAダイナースカードは世界中の800ヶ所を超える空港ラウンジが無料で利用できるメリットもあります。また、ダイナースクラブに付帯する特典・サービスが全て利用できます。

僕も実際にANAダイナースカードを持っていて、SFC修行をしてANAダイナースカードSFCになり、現在ではANAダイナースプレミアムSFCを持っています。SFC修行の時はANAダイナースカードで決済していました。限度額に一律の制限がないのが嬉しいですね。なぜ僕がANAカードでANAダイナースカードを選んだのかと申しますと、答えは「信頼とステータス」です。周りの友人・同僚たちと同じクレジットカードはヤダ!と思っていました。

ただいま、ANAダイナースカード入会キャンペーンを実施中です。

ANAダイナースカード 入会キャンペーン

ダイナースクラブカードで貯めたポイントも有効期限無く貯めることができます。また、ANAマイルへ移行することができますよ。

ダイナースクラブカード 入会キャンペーン

 ANAダイナースカードのメリット

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

【目次】

 

ANAダイナースカードのメリット

ANAダイナースカードのメリット

ANAダイナースカードのメリットは、ANAおよびスターアライアンス加盟航空会社での旅行、日常の支払いで大きくポイント(マイル)を貯めることができます。100円=1ポイント=1マイルでマイル還元率1%となります。

ANAダイナースカードには一律の限度額の制限がなく、あらゆるシーンでポイントを貯めることができます。貯めたポイントの有効期限はなく、しっかりと大きく貯めたポイントを必要なタイミングで必要なマイル数をANAのマイルに交換することができますので、ヨーロッパやアメリカなど長距離の海外旅行にもANA特典航空券で行けるメリットがあります。マイル移行制限数が無いのはメリット絶大ですよ。たとえば、夫婦2人でANA便の特典航空券でヨーロッパでも行けちゃいます。

ANAダイナースカードのメリットは他にも世界中の800ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用することができます。基本カード会員と家族カード会員は国内、海外の800ヶ所以上の空港ラウンジが無料になるのはメリットが大きいですね。

 

メリット

ポイントを大きく貯めることができます。貯めたポイントは有効期限はありません。好きな時にANAマイルに移行制限数無く交換できます。ポイントからマイルの移行は手数料は必要ありあせん。利用金額に一律の限度額の制限はありません。国内、海外の800ヶ所以上の空港ラウンジが無料

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

ANAダイナースカードで大きくマイルが貯まるメリット

ANAダイナースカードで大きくマイルが貯まるメリット

ANAダイナースカードは100円=1ポイント=1マイルで効率よくポイントを貯めることができます。貯めたポイントは有効期限がなく、マイル移行上限もありませんので、じっくりとポイントを貯めることができます。貯めたポイントを必要なタイミングでANAのマイルに移行できます。しかも、移行手数料は無料ですよ。※一部の加盟店では換算レートが異なります。

100円=1ポイント=1マイル マイル還元率1%

 

ANAマイルを使う

ANAダイナースカードで貯めたポイントをマイルに交換して効率よく使うことができます。貯めたポイントには有効期限がなく、マイル移行上限数のありませんので、本当に行きたかった憧れの海外へのフライトに使うことができます。つまり、消化するために使わないといけないということはありません。

ANAダイナースカードのポイントは、1ポイント=1マイルでANAマイルに交換することができます。マイルに交換以外にも「ANA SKY コイン」に交換することができます。ANA SKY コインは、ANAの航空券や旅行商品の支払いに10コイン単位から利用できます。僕もポイントをマイルに交換してからANA SKY コインに交換してANAグループ便で利用しています。こうすることで有償搭乗扱いになり、プレミアムポイントが付与されステータスを維持することが可能となります。

交換アイテムは、「国内線特典航空券」「国際線特典航空券」「国際線アップグレード特典」などがあります。

国内線特典航空券:東京⇔札幌(片道:1区間):6,000マイルから、東京⇔沖縄(片道:1区間):7,000マイルから

国際線特典航空券:日本⇔香港(往復):17,000マイルから、日本⇔ハワイ(往復):35,000マイルから

マイルやANA SKY コイン以外にも多彩な賞品やサービスに交換することができます。

gold-ax.hatenablog.jp

 

ANAダイナースカードはレストランで1名分が無料になるメリット

ANAダイナースカードは「エグゼクティブ・ダイニング」で対象のレストランを2名以上で予約すると、1名分のコース料理が無料になるレストラン特典が利用できます。ANAダイナースカードにご入会いただいて先ず利用したいのがエグゼクティブ・ダイニングです。

エグゼクティブ・ダイニングは、ダイナースクラブを代表する特典・サービスとなっています。同窓会、忘年会、新年会、歓送迎会などに気軽に利用できます。

通常プランは、ANAダイナースカード会員を含む2名以上で所定のコース料理を予約すると1名分のコース料理が無料になります。

グループ特別プランは、ANAダイナースカード会員を含む6名以上で所定のコース料理を利用すると2名分のコース料理が無料になります。ただし、8名以上に限り2名無料となるレストランもあります。

ダイナースクラブで実施したエグゼクティブ・ダイニングが大反響で他社も名称を変えて採用するようになりました。

僕も実際に何度か利用したのですが、2名以上で予約して1名分のコース料理が無料はズバリ半額ですのであまり期待していなかったのですが、実際に利用してみると全く逆でお料理、接客も全く問題なく最高の食事を体験することができました。帰り際に責任者や料理長からご挨拶があったり、お土産をいただいたりととても満足しています。

gold-ax.hatenablog.jp

 

ANAダイナースカードは限度額に一律の制限がないメリット

ANAダイナースカードは限度額に一律の制限がないメリット

ANAダイナースカードには決められた限度額はありません。入会当初より非常に大きな限度額が割り当てられており、一般的には限度額を気にすることもなくお買い物ができるメリットがあります。

ANAダイナースカードが届いたら台紙をご覧ください。一般的なクレジットカードはカードが届くと台紙に限度額の記載がありますが、ANAダイナースカードは限度額の記載がありません。

僕も最初はとても気になりデスクに確認をしたことがあります。すると、デスクの方は驚くご回答をされました。「ダイナースクラブには一律の限度額の制限はございません。」と仰っていました。具体的な数字を申し上げますと、入会当初でも300万円くらいです。この金額はプラチナカードレベルの限度額となり、ANAダイナースカードはプラチナカード同等の信用とステータスが備わっています。

 

ANAダイナースカードの年会費、審査基準

ANAダイナースカード

 

  • ANAダイナースカード基本会員年会費:27,000円(税抜)
  • ANAダイナースカード家族会員年会費:6,000円(税抜)
  • 審査基準:入会の目安 年齢27歳以上の方

 ▶ANAダイナースカード 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

ダイナースクラブとよく比較されるのがSuMi TRUST CLUB プラチナカードです。年会費35,000円(税抜き)で、24時間・365日のコンシェルジェデスクが付帯します。

SuMi TRUST CLUB プラチナカード 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

ANAダイナースカードと一緒にお持ちいただきたいのが、SuMi TRUST CLUB リワード ワールド カードです。決済ブランドがMasterCardですので、世界中のお店でご利用いただけます。

SuMi TRUST CLUB リワード ワールド カード 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp