Creca-Style

ホテル、旅行、マイル、アメックスなど体験談をご紹介します。<クレカスタイル>

★★ 当サイトおすすめ2券種 ★★

 

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)


アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

マリオットボンヴォイアメックス

・マリオットボンヴォイアメックスを2年目以降更新ごとに無料宿泊特典がもらえる(利用条件あり)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(日本国内)
・貯めたポイントを無料宿泊や客室のアップグレードに交換可能


マリオットボンヴォイアメックスプレミアム 入会キャンペーン

 

※2022年3月9日、SPGアメックスは「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」へ変更になりました。

 

アメックスグリーン2023 特典、月会費、審査、限度額、メリット・デメリット、年収、ポイント・マイル、旅行保険

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーンカード)の特典、審査、限度額、月会費、メリット・デメリット、年収、ポイント・マイルなどをご紹介します。

新社会人として新生活で心機一転してみたり、主婦の皆様も基本カード会員としてお持ちいただけます。

兎にも角にも、券面がカッコいい!

2022年9月28日(水)、アメックスグリーンは月会費制となり、毎月1,100円(税込)で持てるようになりました。

サブスク感覚で気軽に持てるようになりました。

 

アメックスグリーン

 

アメックスグリーンは、他社ゴールドカード以上の特典・サービスが楽しめます。

空港ラウンジ無料、高級時計や高級バッグやメルセデスベンツのサブスク、各種保険の充実など、至れり尽くせりのクレジットカードです。

毎日の生活が楽しくなるサブスク特典が充実しました。

アメックスグリーン月会費1,100円(税込)、スマホ保険で安心が付帯

アメックスグリーン 入会キャンペーン

特典・サービスが手厚いアメックスゴールド カードも人気です。

アメックスゴールド 入会キャンペーン

アメックスグリーンは券面の色がグリーンですが、実力は他社ゴールドカード以上で多くの特典・サービスが付帯しています。

単に年会費が高いだけではなく、他社ゴールドカードと比較されるとその違いがよくお分りいただけます。

これらの特典・サービスを上手く利用することで年会費以上のメリットを享受できるでしょう。

いきなりアメックスプラチナが欲しい方は直接申し込みできます!

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

【もくじ】

 

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)とは

アメックスグリーン

 

アメリカンエキスプレスが1983年(昭和58年)に日本で初めてアメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)を発行しました。

 

日本では最初にアメックスゴールドが1980年(昭和55年)に発行され、その3年後にアメックスカード(グリーン)が発行されました。

日本においてもアメックスグリーンは非常に歴史のあるクレジットカードです。

 

2017年、アメリカン・エキスプレスは日本開業100周年の記念すべきアニバーサリーイヤーとなりました。

100年以上の実績、信頼とステータスが備わったアメリカン・エキスプレスはこれからも憧れのクレジットカードとして君臨するでしょう。

 

アメリカンエキスプレスのカードは他社のクレジットカードよりワンランク上の実力を有しており、アメックスグリーンはゴールドカード、アメックスゴールドはプラチナカード、アメックスプラチナカードはブラックカードというランク付けとなっています。

 

プロパーカードのアメリカンエキスプレスの真ん中に位置するセンチュリオン(百人隊長)は、ステータスの象徴であり、持ってみたいクレジットカードで常に上位に位置するほど魅力があります。

センチュリオン(百人隊長)はビジネスカードでは左上に位置していましたが、2020年の券面リニューアルに伴い、カード中央へ移動しました。

 

2022年9月28日(水)、アメックスグリーンは大きなリニューアルを実施しました。

名称が「アメリカン・エキスプレス・カード」から新しく「アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード」へ変更になりました。

そして、今まで年会費13,200円(税込)であったのが、月会費制を導入し、毎月1,100円(税込)でお持ちいただけるようになりました。

 

「このセンチュリオン(百人隊長)に憧れて持ちました」とか「持ってみたいです」という方も多くいらっしゃいますね。

僕もその一派でした。

1980年代〜1990年頃にはアメリカンエキスプレスのテレビCMも多く流れていたジャックニクラウスの「出かけるときは、忘れずに!」のフレーズはとても有名で、その当時を思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

アメリカンエキスプレスの券面(カードデザイン)は全世界共通で、世界のどの加盟店で提示してもアメリカンエキスプレスのカードと認識していただけます。

アメリカンエキスプレスのカードはステータスの象徴であり、アメリカンエキスプレスを持てる属性があるということで海外の加盟店でも信用度は抜群です。

つまり、支払い能力のある方、きちんと支払いをしてただけるお客様として見ていただけます。

米国では本人の信用としてID代わりにもなるらしいですね。

米国では現在でもアメックスカードはステータスのあるクレジットカードとして認識されています。

海外旅行や出張に出かける方は、ぜひ携行されて行かれてはいかがでしょうか。

他社ゴールドカード超越の特典・サービスが付帯したアメックスグリーン

アメックスグリーン 入会キャンペーン

特典・サービスが手厚いアメックスゴールド カードも人気です。

アメックスゴールド 入会キャンペーン

 

アメックスグリーン月会費を導入

2022年9月28日(水)、アメックスグリーンは月会費を導入し、月会費1,100円(税込)でお持ちいただけるようになりました。

今までの常識を覆す、クレジットカードのサブスクがスタートしました。

持ちたい時に持つ時代へ。

 

■アメックスグリーンの月会費

  • 基本カード会員の月会費:1,100円(税込)
  • 家族カード会員の月会費:550円(税込)

月会費となりましたが、「メンバーシップ・リワード・プラス」や「JR東海エクスプレス予約サービス」など年間参加費が掛かるサービスは、引き続き年会費の支払いになります。

 

そして、今話題のサブスク特典が新しく追加されました。

例えば、高級時計や高級バッグ、メルセデスベンツなど、必要な時に借りるだけのサブスクが充実しており、所有する手間や初期投資は必要ありません。

 

アメックスグリーンは今まで年会費13,200円(税込)が必要となり、敷居が高いイメージがありましたが、これからは月単位でアメックスグリーンを持つことができます。

月会費も1,100円(税込)と12ヶ月で割った会費なので、分割とかサブスクのイメージで持ちやすくなりました。

1日にすると、約36円(税込)です。

1ヶ月だけとか、半年間だけ持つこともできそうです。

ただし、新規ご入会キャンペーンで獲得するボーナスポイントの付与時期は、ご入会月から6~7ヶ月目に付与となりますのでご注意ください。

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメリカンエキスプレスは時代と共に年会費を値上げしていますが、単に年会費を値上げするだけではなく、多くの特典・サービスを追加させて値上げをしています。

アメリカンエキスプレスの年会費はカードランクに合うように特典・サービスを提供しているため、改悪というより年会費を値上げして改善されたように感じるようになっているところが、商売が上手いね!

アメリカンエキスプレスは使い倒してナンボのクレジットカードですので、アメックスグリーンも月会費に見合うように上手く使っていきましょう。

 

アメックスグリーン入会キャンペーン

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)は入会キャンペーンを実施しています。

新規ご入会とご利用でボーナスポイントがもらえます。

 

アメックスグリーン、約14ヶ月分の月会費無料に相当の新規入会キャンペーンがスタートしました。

貯めたポイントは1ポイント=1円で年会費に充当できる!

 

キャンペーン期間:

 

■特典①

初月1ヶ月分の月会費無料(1,100円分)

■特典②

カード入会月の翌々月末までのカード利用金額合計20万円以上で、13,000ポイントをプレゼント

(ご入会月*1から6~7ヶ月目を目途に加算)

*1ご入会月はアメックスにおける基本カード会員様のカード承認月を基準とします。

■特典③

20万円利用分の通常ポイントとして、2,000ポイントをプレゼント

※ポイント加算対象外の加盟店ならびに200円=1ポイントとして換算される加盟店、月会費等のポイント加算対象外となるご 利用分が一部あります。

※ご入会ボーナスポイントは、ご入会月から6~7か月目に付与

・初月の月会費1,100円(税込)無料

・合計15,000ポイントプレゼント

約14ヶ月分の月会費が無料に相当します。

※ポイントは年会費に充当ができる!

アメックスゴールドで貯めたポイントは、1ポイント=1円で年会費に充当することができます。(メンバーシップリワードプラスに参加が必要)

アメックスグリーン 入会キャンペーン

特典・サービスが手厚いアメックスゴールド カードも人気です。

アメックスゴールド 入会キャンペーン

 

アメックスグリーンの基本情報

アメックスグリーンの年会費、審査基準、ポイント、旅行保険、各種プロテクションなど、基本情報をご紹介します。

 

アメックスグリーンの基本情報
月会費 基本カード 1,100円円(税込)
家族カード 550円(税込)
審査基準 年齢20歳以上、安定継続収入のある方(パート・アルバイト除く)
ポイント還元率 1%
マイル マイル交換 ポイントをマイルに交換が可能(ANAやJALなど)
還元率 0.4〜1%(メンバーシップ・リワード・プラス参加)
旅行保険 海外 最高5,000万円(旅行代金をカードで決済)
国内 最高5,000万円(旅行代金をカードで決済)
各種プロテクション オンライン・プロテクション、リターン・プロテクション、ショッピング・プロテクション
電子マネー Apple Pay(QUICPayの加盟店)
ETCカード 年会費無料/発行手数料 935円(1枚)
国際ブランド American Express

 

アメックスグリーンの特典

アメックスグリーンは多くの特典が付帯しています。

従来からの特典に加えて、2022年9月28日からサブスクやデリバリー優待など、新しい特典が追加しました。

 

新しい特典が追加

2022年9月28日(水)、アメックスグリーンが大幅にリニューアルしました。

クレジットカード名称の変更、月会費制の導入など、大きな変更がありましたが、特典に関しても大きく変わりました。

 

大きく5つの変更がありましたので以下に詳しくご紹介します。

  1. カード名称が「アメリカン・エキスプレス・カード」から「アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード」へ変更になりました。
  2. 今まで年会費13,200円(税込)でしたが、月会費1,100円(税込)へ変更になりました。
  3. 新しい特典「グリーン・オファーズ」でサブスクやデリバリー優待が追加されました。
  4. スマホ保険が30,000円まで付帯するようになりました。
  5. 一部の旅行特典が終了します。


今回のアメックスグリーンのリニューアルは、月会費制導入により今までネックであった年会費が廃止となり月会費で持ちやすくなりました。

そして、「海外旅行」というキーワードから「国内でお得に使える特典」に重点を置くようになり、日常生活でかなり使いやすく、お得になりました。

 

従来からの特典

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)は多くの特典が付帯されています。

券面こそ緑色(グリーン)ですが、他社ゴールドカード以上の特典・サービスが搭載されています。

特に海外旅行の際に空港関連の特典で威力を発揮します。

ポイントも100円単位でポイント付与があり、マイルや世界中から厳選されたアイテム、各種提携ポイントへ交換など利便性が向上しています。

万が一の際に備えた各種プロテクションや旅行保険も充実しています。

最近では、アメックスオファーで30~20%キャッシュバックキャンペーンでお得にお買い物ができたりと、多くの特典があるので年会費の負担軽減に寄与しています。

 

ポイントは100円=1ポイントで無駄なくポイントが貯まり、500以上の厳選されたアイテム、JALやANAなどのマイルに交換できます。

一度賞品と交換またはメンバーシップリワードプラス(年間3,300円自動更新)に参加すると、通常3年間のポイント有効期限が無期限となります。

メンバーシップリワードプラスに参加し、ボーナスポイントプログラムに登録(無料)すると、対象のオンライン加盟店で利用すると、100円=3ポイントと大きくポイントを貯めることができます。

 

空港ラウンジは基本カードと家族カードは無料で利用できたり、アメックスグリーンで対象の旅行商品の支払いをすると旅行保険が付帯したりと旅行関連の特典で威力を発揮します。

 

昨今、ネット通販が勢いを増す中、インターネットでのお買い物でも安心できるオンラインプロテクショという保険が付帯しているので万が一の場合も安心感できる特典が備わっています。

 

上記以外にもエンターテインメント関連での特典も多くあり、年会費に見合うパフォーマンスを提供していただけます。

アメリカンエキスプレスの特典を最大限享受するためには、「使ってナンボ」のクレジットカードであるといえます。

ぜひ、アメックスグリーン1枚に利用を集中させることで月会費1,100円に見合うクレジットカードにしましょう!

アメックスグリーン 入会キャンペーン

特典・サービスが手厚いアメックスゴールド カードも人気です。

アメックスゴールド 入会キャンペーン

 

アメックスグリーンの審査

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)の審査基準ですが、「20歳以上、定職」を一つの判断基準としています。

現在では年収までは問われていない感じがしますが、目安として300万円以上あると審査に有利です。

 

アメックスグリーンの審査に関してはあまり多くを求められません。

20歳以上から入会できることから、年収も200~250万円あれば問題ないと思われます。

他社での支払い遅延や多額の借り入れなどがなければ心配することはありません。

 

審査の条件として「定職」とありますので、パートまたはアルバイトの方はお申し込みできません。

ただし、主婦の方、内定をもらっている学生はアメックスグリーンに基本カード会員として申し込むことができます。

 

10年以上前のアメックスグリーンの審査は20歳以上、年収300万円以上が目安とされてきました。

数年前と比較すると審査基準も少し甘くなった感じがしますね。

最近では主婦の方もアメックスグリーン、アメックスゴールドの本会員として審査に申し込むことができます。

昔の審査基準では、主婦の方は基本カードでお申込みはできませんでした。

旦那の家族カードじゃヤダー!と仰る方はぜひ基本カードをご検討ください。

 

審査に合格できる基準は、「20歳以上、定職」が条件となります。

年収は250〜300万円ほどあることが望ましいです。

そして、他社金融機関の支払いの遅延がない、多額の借り入れがないことです。

スマホなどの支払いに遅延があるとクレジットカードの審査に影響があるかもしれないので注意してください。

 

■審査落ちした場合の対応

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)の審査に一度落ちると、次の申込みは1年後です。

「1年間は期間を空けないといけません。」というのが、アメックスの審査基準でしたが、現在では「次の申し込みまで3ヶ月以上経過」という条件に申し込みのタイミングが変更になっています。

 

クレヒスに自信のない方はいきなりアメックスゴールドに申し込むのではなく、アメックスグリーンに申し込んで、クレヒスを築いている間にアメリカンエキスプレスから「アメックスゴールドにしませんか。」とインビテーションが届くかもしれません。

そのタイミングで切り替えた方が利口かなと考えます。

じゃないと、審査落ちして3ヶ月以上を棒に振ることになるかもしれません。

 

ただし、最近の傾向から考えると、いきなりアメックスゴールドやアメックスプラチナでも、他社を含めて良質なクレヒスをお持ちの方であれば審査に通る可能性はゼロではないように思っています。

2019年10月15日よりアメックスプラチナは申し込み制のプラチナカードになりましたので、全体的に審査基準が下がっている可能性もあるかもしれません。

 

審査落ちしないために確認しましょう!

アメックスグリーンを持つために下記の事項を確認してみましょう。 

下記で1つでも当てはまる場合は厳しいかもしれません。

  • 他社クレジットカード、ローン、キャッシング、携帯電話の支払いなど金融関連での支払いの遅延がある
  • 年齢が20歳以上を満たしていない
  • 年収が条件を満たしていない
  • 雇用形態がパートまたはアルバイト
  • 多重申し込み

審査落ちしないためには、他社の一般カードで利用履歴(クレヒス)を作ることも必要かもしれません。

  • 他社クレシックカードでクレヒスを半年〜1年間ほど作る(毎月少しでも利用し、信用情報機関に$マークを並べる)
  • 支払いの遅延が信用情報機関に掲載されてい場合は喪が明けるまで待つ(最終完済から5年以上だったかな?) 

 

アメックスグリーンの年収はいくら必要?

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)の年収は決まった金額は公開されていません。

おそらくですが、200~250万円ほどが一つの目安となりそうです。

 

今のアメリカンエキスプレスカードの審査は年齢が「20歳以上、安定継続収入」ですので、年収も多くを求めていないと思われます。

数年前までの年収はアメックスグリーンが年収300万円以上、アメックスゴールドが年収500万円以上と決まっていました。

年収ですが300万円前後というのはあくまで目安であり、もう少し低くても問題ないように思われます。

 

年収に関してはあまりいい加減なことを申し上げられませんが、今の時代を考えると年収250万円ほどであれば大丈夫かなと思っています。

アメリカンエキスプレスから公開された情報がありませんので、実際に申し込んでみないと分からない部分ではあります。

 

アメックスグリーンの限度額

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)の限度額は低く設定されています。

アメックスグリーンやアメックスゴールドに入会当初は限度額が10万〜30万円からスタートします。

会員歴が長くなると限度額も500万円や1,000万円などになり、日常使いでは十分な限度額となります。

アメックスグリーンは一律に限度額の設定はありません。

 

他社クラシックカードでも10〜50万円はあると思いますが、入会当初はアメックスは限度額が低いです。

これはアメックスプラチナになっても限度額の概念はさほど変わらず30万〜40万円の状態です。

ただし、この限度額は一応の目安となっており持つ方の属性に大きく左右されます。

例えば、年収が2,000万円の方は可処分所得も多いのに限度額が30万円では全く使えないクレジットカードとなりますよね。

そのような事のないように毎月の利用状況や属性に応じた限度額は設定されています。

ただし、高い属性の方でも限度額のリミットはございまして、高額の利用時には制限が掛かります。

購入する商品により異なりますが、アメリカンエキスプレスの口座に事前入金をすることで限度額なし同等で利用することができます。

 

その方の属性、毎月の利用状況によりアメックスの限度額は変化しています。

限度額の幅を大きく超えるような利用をした場合は加盟店に電話が掛かってきて本人の確認をする場合もございます。

これは本人の信用がないのではなく、不正利用を心配しているためです。

そのような事のないようにいつもより高額の利用をする場合は、アメックスのオーソリセンター(信用管理課)に電話をして、利用日の1週間前くらいに「◯◯日に◯◯◯万円利用します」と事前の確認をしておきましょう。

その際にアメックスから事前の入金を求められた場合は、アメックスの口座に事前に利用金額相当分を事前に振込みをしてカードを用します。

 

アメリカンエキスプレス歴やクレジットカード利用履歴の浅い方は限度額を厳しく管理される場合もあります。

おそらく使いすぎを未然に防ぐためと思われます。

 

アメックスグリーンの限度額を無制限にする方法

アメックスの限度額は全体的に低いです。

アメリカンエキスプレス歴が長くなってもその限度額は同じです。

また、カードの色で限度額は変わりません。

アメックスグリーンでも、アメックスゴールドでも、アメックスプラチナでも、アメックスセンチュリオンでも限度額の概念は同じです。

 

そんな少ない限度額では毎月心配になりますが、そんな方には限度額を無制限にする方法が一つございます。

これは裏技でして、日常の買い物でアメックスグリーンを利用する時にこの裏技を使う必要はございません。

 

その驚きの方法ですが、高額を利用する際にアメックスの信用管理課(オーソリセンター)に電話をします。

そして、どういう商品を購入するかなど、高額利用の相談をします。

商品または金額により事前にアメックスの口座に振込みをお願いされる場合がございます。

これをシステムを利用すると通常の限度額ではなく、あなたのお財布が限度額になります。

 

オーデマピゲ、パティックフィリップ、リシャールミルなどの2,000万円の腕時計が欲しい場合、アメリカンエキスプレスの口座に2,000万円を振り込めばアメックスの限度額は2,000万円になります。

1億円をご利用予定であれば、振り込めばあなたのアメックスのカードの限度額は無制限と同等の限度額になります。

というようにアメリカンエキスプレスカードの限度額を無制限にする方法はあなたのお財布次第となります。

アメックスグリーン、アメックスゴールド、アメックスプラチナ、アメックスセンチュリオンなどをデビットカード化して利用します。

これはダイナースクラブでもラグジュアリーカードでも同様の対応になります。

 

あえてアメックスグリーンという選択

アメックスゴールドやアメックスプラチナなどはお金持ちのイメージがあるので、謙虚に、あえてアメックスグリーンを選ぶという選択肢もあります。

アメックスゴールドは金色のデザインで派手な印象、アメックスプラチナは年会費が高くてお金持ちのイメージがあります。

 

アメックスグリーンはアメリカンエキスプレスのクレジットカードの中では入門カードに位置していて、デザインも緑色で落ち着いた印象があるので持ちやすいです。

アメックスゴールドも良いけど、あえてアメックスグリーンを持つという選択肢も素敵です。

 

アメックスグリーンは月会費1,100円(税込)にリニューアルされ、サブスク特典が新しく追加され、お得で持ちやすいクレジットカードになりました。

 

アメックスグリーンはメリットが多い

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)のメリットは何と言っても有り余るほどの特典となります。

使えばつかうほど多くのメリットを享受することができます。

 

付帯特典・サービスは「海外」というキーワードから「国内」へ転換し、物を所有からサブスクで気軽に借りることで負担を大幅に軽減できるメリットがあります。

年会費という初期の大きな金額負担が必要なく、月会費で持ちたい時に持つ、アメックスグリーンカードはサブスクのように持つことがメリットになりました。

 

普段使いでも対象のお店のお買い物でボーナスポイントでいつでもポイント3倍で貯まります。

世界共通のカード券面で、カード中央のセンチュリオン(百人隊長)のクレジットカードはどこで呈示しても、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードとして認識してもらえることが、信用に繋がるメリットです。

例えば、

  • スマホ保険で安心が付帯
  • グリーン・オファーズで、所有する負担が軽減し、サブスクでお得に利用できる
  • アメックスのカードで対象の旅費を決済すると最高5,000万円の旅行保険が付帯します
  • 海外の現地ではレストラン予約、緊急時の対応などグローバルホットラインが
    世界中から24時間通話料無料で対応してくれます

グローバル企業であるアメリカンエキスプレスは世界中に拠点が多くあるので、万が一の場合でも安心できるというメリットが備わっています。

 

アメックスグリーンのデメリットもある

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)のデメリットもありますが、比較的少ないです。

アメックスゴールドほど年会費も高くないのですが、年会費13,200円と他社ゴールドカード以上の年会費なわけですから、特典・サービスをあまり利用しない方は年会費の負担が大きくなります。

 

プロパーのアメリカンエキスプレスはアメックスグリーンが入門カードになるので、これより安い年会費のクレジットカードはありません。

デメリットを承知で持ってみても、そのステータス、特典・サービスに感動し、メリットに変わる可能性はありますぞ。

 

何より、カード中央に位置するセンチュリオン(百人隊長)の存在感は他社には真似ができない何よりのステータスであり、そのブランドを持つことが価値として備わっています。

 

アメックスグリーンのポイント

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)のポイントはメンバーシップリワードというポイントプログラムで貯める事ができます。

通常、100円=1ポイントで無駄なく貯めることができます。

一度賞品と交換したり、メンバーシップリワードプラス(年間3,300円自動更新)に参加すると、通常3年間のポイント有効期限が無期限になります。

  • 100円=1ポイント

 

メンバーシップリワードプラスに参加している方は、ボーナスポイントプログラムに参加(無料)することができ、対象のオンライン加盟店で利用すると100円=3ポイントと大きくポイントを貯めることができます。

 ボーナスポイントパートナーズなら、参加する加盟店で利用すると大きくポイントを貯めることができます。

 

貯めたポイントの使い方は、一番おすすめなのがマイル交換です。

ポイントをマイルに移行して、特典航空券で海外旅行に行けますので、一番人気だし、一番お得な交換先となっています。

あまり旅行に出かけないという方は商品券に交換がおすすめで、人気です。

 

アメックスグリーンはポイントを貯める、使う楽しみが備わったクレジットカードです。

 

■フリークエント・ステイヤー・プログラム(FSP)提携ホテル・グループ

アメリカンエキスプレスカードのポイントを提携するホテルのポイントプログラムに交換することができます。

  • ヒルトン・ワールドワイド 「ヒルトンHオナーズ」
  • マリオットインターナショナル「マリオットボンヴォイ」

 

■ボーナスポイントパートナーズ

アメックスカード会員はボーナスポイントパートナーズ提携店舗で利用すると、メンバーシップリワードのポイントが通常よりも多く貯まります。

対象お店はレストラン、ホテル、ショッピングなど多くございますので、日々ポイントを貯める楽しみがありますね。

100円=2ポイント、3ポイント、5ポイント、10ポイントなど、対象の加盟店によりボーナスポイントが異なります。

 

■ポイントフリーダム

ポイントフリーダムは、アメックスカード利用後の代金や旅行代金の支払いに後からポイントを充当して支払いができるサービスです。

メンバーシップリワードプラスに参加することで換算レートがアップされます。

  • 航空会社の利用で換算レート:1ポイント=1.0円
  • ホテルや旅行代理店の利用で換算レート:1ポイント=0.8円
  • 旅行関連以外の利用で換算レート:1ポイント=0.5円

 

■世界中から厳選された500を超える賞品と交換できる

アメリカンエキスプレスのポイントはマイルやカード利用後の代金充当だけではなく、世界中から厳選された500以上の賞品と交換することができます。

 

アメックスグリーンはポイント3倍(ボーナスポイントプログラム)

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)は、毎年9月1日から翌年8月31日の期間中、ヨドバシカメラ、UberEats、一休,com、Amazon、Yahooo!、JAL、HIS、iTunes、アメックストラベルオンラインなどの対象の加盟店の利用が通常100円=1ポイントのところ、100円=3ポイントで貯まる「ボーナスポイントプログラム」が利用できます。

 

アメックスグリーンの還元率は通常1%ですが、ボーナスポイントプログラムの加盟店を利用すると、驚きの3%の還元率になります。

 

アメックスグリーンでボーナスポンントプログラムを利用するには先ず、メンバーシップリワードプラス(参加費3,300円年間)に参加し、さらにボーナスポイントプログラムに登録(無料)をすることで、いつでも対象の加盟店で100円=3ポイントで貯まります。

 

メンバーシップリワードプラス

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)は、メンバーシップリワードプラスに参加することでポイントの有効期限が無期限になります。

  • 年間参加費:3,300円(2年目以降は自動更新)

ポイントをマイル交換やポイント換算する際はメンバーシップリワードプラスに参加すると交換レートがアップするのでお得になります。

■主な特長

  • マイルや提携ポイントへの交換レートがアップします
  • ポイントフリーダムでの換算レートがアップします
  • ポイントの有効期限が無期限になります
  • 登録者限定のキャンペーンの実施

 

マイルや賞品にポイント交換をご希望の方はメンバーシップリワードプラスに参加してからポイント交換しましょう。

 

秘密のお話として、交換後後はメンバーシップリワードプラスの有効期限を迎える前に解約しましょう。

その後はポイントが貯まってきて交換したい時に再度入会するとリーズナボーになります。

その繰り返しをすることでメンバーシップリワードプラスの参加費3,300円が無駄になりません。

ガンガン利用して毎年マイルなどに交換する方は自動更新でも構いませんが、そうでない方はポイントが貯まるまでの期間、メンバーシップリワードプラスの参加費がもったいないので、希望するポイント数になるまで解約しておくことで参加費を無駄にしなくて済みます。

この秘密のお話はくれぐれも内緒にしておいてください。

 

アメックスグリーンのマイル交換と還元率

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)のマイルはいつでもポイントから交換することができます。

100円=1ポイント=1マイルで交換することができ、マイル還元率は1%です。

 

ANAマイルへ移行は、メンバーシップリワードプラス(3,300円/年間)に参加、ANAコース(5,500円/年間)に参加の場合は、マイル還元率は1%になります。

 

ボーナスポイントプログラムやボーナスポイントパートナーズの対象加盟店で利用すると大きくポイントを大きく貯めることができます。

 

■ANAマイルへ交換

アメックスグリーンのポイントをANAのマイルに交換することができます。

交換するには別途、メンバーシップ・リワード ANAコース(年間5,500円自動更新)に参加する必要があります。

  • ANAコース参加費:5,500円(2年目以降自動更新)
  • 1,000ポイント=1,000マイル(メンバーシップリワードプラス登録)
  • 2,000ポイント=1,000マイル(メンバーシップリワードプラス登録なし)

メンバーシップリワードプラスに登録(年間3,300円・自動更新)することで交換レートがアップします。

※ANAマイレージクラブ(AMC)へのポイント移行の上限は、年間40,000マイル(1月~12月)となります。(メンバーシップリワードプラス参加の場合)

 

■JALのマイルへ交換

アメックスグリーンのポイントはJALのマイルへ交換することができます。

JALの場合は特に参加費は必要ありません。その分、交換レートが下がります。

  • 2,500ポイント=1,000マイル(メンバーシップリワードプラス登録)
  • 3,000ポイント=1,000マイル(メンバーシップリワードプラス登録なし)

※JALの場合、JALマイレージバンク(JMB)へのポイント移行上限数の設定はありません。

 

■外資系航空会社へ交換

※2017年4月より外資系航空会社のマイルへ交換の場合、メンバーシップ・リワード・プラスにご登録の方の移行レートは1,250ポイント=1,000マイルに変更になります。

  • 1,250ポイント=1,000マイル(メンバーシップリワードプラス登録)
  • 2,000ポイント=1,000マイル(メンバーシップリワードプラス登録なし)

 ※外資系航空会社の場合、ポイント移行上限数の設定はありません。

 

■フリークエント・フライヤー・プログラム提携航空会社

アメックスカードで貯めたポイントを提携する15社の航空会社のマイルに交換することができます。


フリークエント・フライヤー・プログラム(FFP)提携航空会社一覧

  1. ANA 「ANAマイレージクラブ(AMC)」
  2. JAL「JALマイレージバンク(JMB)」
  3. デルタ航空 「スカイマイル」
  4. ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」
  5. キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」
  6. シンガポール航空 「クリスフライヤー」
  7. カタール航空「プリビレッジクラブ」
  8. エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」
  9. タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」
  10. チャイナエアライン 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム 」
  11. ヴァージン アトランティック航空 「フライングクラブ」
  12. アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」
  13. フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」
  14. エティハド航空 「エティハド ゲスト」
  15. エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」

 

アメックスグリーンのポイント有効期限は3年間ですが、一度でもポイント交換するか、もしくはメンバーシップ・リワード・プラスにご登録すると、通常3年間の有効期限は無期限になります。

 

※お得にポイントをANAマイルに交換するために、メンバーシップリワードプラスとANAコースは、マイルに交換する年だけ参加すると、費用を抑えることができます。

マイルに移行する年だけ、メンバーシップリワードプラスとANAコースに参加して、次年度までにそれらを解約することで、毎年、合計8,800円が不要になります。

※マイルに移行した後は、ANAマイル側でマイルの有効期限がありますので、ご注意ください。

 

アメックスグリーンの空港ラウンジサービス(国内・海外)

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)は他社ゴールドカード以上の特典が付帯しており、空港ラウンジも無料で利用できます。

国内には28空港40ヶ所の空港ラウンジが用意されていて、基本カード会員と家族カード会員は無料で利用することができます。

国内の主要な空港ラウンジはもちろん、海外もハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)が利用できます。

 

■国内の空港ラウウンジ

国内の主要な空港ラウンジでは出発時の利用だけではなく、到着時にも空港ラウンジを利用することができます。

たとえば、出発が羽田空港の場合は羽田空港の空港ラウンジ POWER LOUNGEを利用し、到着が那覇空港の場合は那覇空港の空港ラウンジ ラウンジ華も利用することができます。

僕が実際に到着で利用した空港ラウンジは、新千歳空港、羽田空港、伊丹空港、福岡空港です。

国内主要な空港ラウンジでは出発時はもちろん、到着時も空港ラウンジが利用できます。

ただし、地方空港などは利用ができない場合もありました。

 

アメックスグリーンが旅行や出張が多い方に支持されている理由の一つになります。

空港ラウンジは通常、1名1,000円ほどですが、年間数回の利用でも数千円がお得に利用できます。

 

アメックスグリーンで利用できる空港ラウンジをご紹介します

空港ラウンジ
新千歳空港 「スーパーラウンジ」
函館空港 ビジネスラウンジ「A Spring」
青森空港 「エアポートラウンジ(有料待合室)」
秋田空港 「ロイヤルスカイ(Royal Sky)」
仙台空港 「ビジネスラウンジ」
成田空港 第1ターミナル 「IASS EXECUTIVE LOUNGE 1」
成田空港 第2ターミナル 「IASS EXECUTIVE LOUNGE 2」
羽田空港 第1ターミナル 「エアポートラウンジ」「POWER LOUNGE CENTRAL」
「エアポートラウンジ」「POWER LOUNGE SOUTH」
「エアポートラウンジ」「POWER LOUNGE NORTH」
羽田空港 第2ターミナル 「エアポートラウンジ(南)」
「POWER LOUNGE CENTRAL」
「POWER LOUNGE NORTH」
羽田空港 第3ターミナル 「Sky Lounge」
新潟空港 「エアリウムラウンジ」
富山空港 「ラウンジらいちょう」
中部国際空港(セントレア) 「プレミアムラウンジ セントレア」
小松空港 「スカイラウンジ白山」
大阪国際空港(伊丹空港) 「ラウンジオーサカ」
関西国際空港 「六甲」
「アネックス六甲」
「金剛」
神戸空港 ラウンジ神戸
岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 「ビジネスラウンジ もみじ」
米子空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 ラウンジ「きらら」
松山空港 「ビジネスラウンジ」
「スカイラウンジ」
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
北九州空港 「ラウンジひまわり」
福岡空港 「くつろぎのラウンジTIME」(国内線)
「ラウンジTIMEインターナショナル」
長崎空港 ビジネスラウンジ「アザレア」
大分空港 「ラウンジくにさき」
熊本空港 ラウンジ「ASO」
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~

 

海外の空港ラウンジ
ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港 「IASS EXECUTIVE LOUNGE」

 

海外旅行によくお出かけの方は、世界中に空港VIPラウンジが利用できるプライオリティパスが用意されおり、年会費無料(通常99米ドル)で登録が可能で、1回32米ドルで利用することができます。

 

特に海外旅行や海外出張が多い方はアメックスプラチナも選択肢の一つになりそうです。

アメックスプラチナには、アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションという空港ラウンジ特典が用意されています。

世界中に空港ラウンジがありますので、海外旅行や出張の際に時間を無駄にすることが無くなりそうです。

 

アメックスグリーンの海外旅行保険

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)の海外旅行保険は、カード会員本人はもちろん、配偶者や生計を共にする親族まで、傷害死亡、後遺傷害保険などの補償が適用されます。

海外旅行の場合は、基本カード会員は対象となる旅行代金をアメックスグリーンで決済すると最高5,000万円が付帯する利用付帯になります。 

 

■海外旅行保険

海外旅行を目的に居住地(日本)を出発した時から住居に戻るまでの最長90日間補償されます。

アメックスグリーンの海外旅行保険の対象となる(国際線航空券、国際線船舶チケット、パッケージツアー)の支払いをした場合に傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円が補償されます。

海外旅行で一番遭遇するのが死亡・後遺障害より確率の高い傷害・疾病ですので、この部分の限度額を上げておくともっと安心できると思います。

  • 海外旅行保険の利用付帯:最高5,000万円
  • 海外旅行保険の自動付帯:なし

■国内旅行保険

アメックスグリーンでチケットを購入した公共交通乗用具に乗車中の事故、予約の際にアメックスグリーンで宿泊料金を支払う旨を伝えた宿泊施設で宿泊中の火災、爆発が原因による事故、アメックスグリーンで購入のパッケージツアーに参加中の事故で傷害を受けた場合に補償されます。

※国内旅行傷害保険[公共交通乗用具に搭乗中危険のみ補償/宿泊施設に宿泊中の火災、爆発危険のみ補償/募集型企画旅行(パッケージ・ツアー)参加中危険のみ補償]

  • 国内旅行保険の利用付帯:最高5,000万円
  • 国内旅行保険の自動付帯:なし

詳しくは「アメリカン・エキスプレス保険ホットライン」でご確認ください。
国内:保険デスク
海外:グローバル・ホットライン(日本語、24時間対応)

 

アメックスグリーンの年齢は何歳から?

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)が持てる年齢ですが、20歳以上と決まっています。

未成年の方はお申し込みいただけません。

 

審査で重要なのは、年齢と年収(職業)と支払いの遅延の有無などを主に見られます。

年齢が20歳以上であれば、申し込みはできます。

学生の方も20歳以上で内定をもらっている方は持つことができます。

審査についてはアメリカンエキスプレス中の人のみ知る審査基準がありますので、年齢が20歳以上であっても審査に落ちる場合もあるみたいです。

 

ちなみにアメックスゴールドも年齢が20歳以上であれば申し込むことができます。

数年前より年齢が「20歳以上に」緩和されました。

ただし、ゴールドカードですので、独自の審査基準を採用していると思われ、審査は厳しいかもしれません。

アメックスの年齢はアメックスグリーン、アメックスゴールド共に20歳以上が条件となります。

 

アメックスグリーンの条件はどれくらい?

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)の条件を総合的に判断すると、年齢は20歳以上、職業は定職、他社を含め支払いの遅延が無いことが条件となりそうですね。

基本カード会員として10代では持てません。

職業は定職であることが条件ですので、パートやアルバイトの方は審査は厳しいと思います

重要な事として、支払いの遅延があるとクレジットカードの審査そのものに通りません。

目安となる条件

  • 年齢:20歳以上
  • 職業:定職(パート、アルバイト除く)

上記が今のアメリカンエキスプレスカードの条件となりますが、それ以外にも総合的な判断をされます。

年収は多い方が望ましいです。支払いの遅延は絶対にあってはいけません。

 

アメックスグリーンは自営業、主婦の方も持てます

自営業の方は一般的にクレジットカードの審査に通りにくいと言われておりますが、アメリカンエキスプレスのカードは以前より自営業の方もカードを発行していますので、特に支払い遅延などがなければ審査も通るかなと思います。

 

個人事業主として自営業をされている方もアメックスグリーンやアメックスゴールドを持つことができます。

先ずはアメックスグリーンから始めましょう。

そして、利用履歴(クレヒス)を半年〜1年ほど積み重ね、アメックスゴールドにアップコンバージョンするとスムーズに使いこなせるようになると思っています。

 

主婦の方もアメックスのカードを持つことができます。

おそらく、ご主人の年収と合わせた世帯年収で審査をするのではないかと考えます。

以前は主婦の方はアメリカンエキスプレスの審査に通りませんでした。

申し込みできない属性として主婦、パート、アルバイトとありましたが、数年前より主婦の方も基本カードとしてアメックスのカードに申し込むことができるようになりました。

「主人の家族カードじゃヤだ!」と仰る方は基本カードでお申し込みをご検討ください。

アメックスグリーン 入会キャンペーン

特典・サービスが手厚いアメックスゴールド カードも人気です。

アメックスゴールド 入会キャンペーン

 

アメックスグリーンは学生でも持てる

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)は学生期間中でも持つことができます。

ただし、大学、短期大学や専門学生の皆様で就職先の企業から内定をもらっている方に限定されます。

 

学生の方がアメックスグリーンにお申し込みの際は特別に入会キャンペーンが実施されています。

 

学生の期間中からアメックスグリーンをお持ちになり、30歳前後になるとステータスにも興味を持つようになった頃にアメックスゴールドやアメックスプラチナなどの高級クレジットカードが欲しくなると思います。

それまでアメリカンエキスプレスに優良顧客と思ってもらえるように支払いの遅延のないようにクレジットヒストリー(クレヒス)を築いておきましょう。

 

アメックスグリーンの取得方法

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)の取得を目指されている方は、「20歳以上、定職」を審査基準の目安としてお考えください。

取得に関しては例外もあり、内定が決まっている学生の方も取得が可能です。

 

アメリカンエキスプレスの場合、クラシックカード(一般カード)のランクが存在しません。

他社ゴールドカードに位置するアメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)が入門カードとなりますので、アメリカンエキスプレスのクレヒスがない状態での申し込みとなります。

そのため、アメックスでは他社のクレヒスと支払いの遅延の有無、借入金額などを重要視すると思われます。

 

アメックスの審査基準である「20歳以上、定職」を満たし、他社を含め支払いの遅延がない状態であればアメリカンエキスプレスカードの取得が可能ではないかと思われます。

他社ゴールドカード超越の特典・サービスが付帯したアメックスグリーン

アメックスグリーン 入会キャンペーン

特典・サービスが手厚いアメックスゴールド カードも人気です。

アメックスゴールド 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp