クレジットカードのCreca-Style

クレジットカードを実際に利用した体験談をご紹介します。

当サイトおすすめ2券種

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)


アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

SPGアメックス

・SPGアメックスを2年目以降、更新毎に無料宿泊特典がもらえる(マリオットやウェスティンなど)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイ参加ホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(アジア太平洋地域)
・貯めたポイントをJALやANAのマイル、無料宿泊に交換可能


SPGアメックス 入会キャンペーン

 


※アメックスゴールド、アメックスグリーンの初年度年会費無料キャンペーンは終了しました。

 

アメックスプラチナの年会費 13万円を払うメリットあるのか?年会費のお得度が高いって本当?

アメックスプラチナの年会費は13万円と高額ですが、正直、その年会費を払う価値はあるのか?これからアメックスプラチナに入会をご検討中の方は高い年会費に不安をお持ちと思いますので、その辺りを僕の経験を交えて解説します。

僕も実際にアメックスプラチナを十数年利用していて思うことですが、付帯する特典・サービスをどんどん利用することで年会費に見合う価値があると考えています。特にフリー・ステイ・ギフトは高級ホテルに2名1室が無料宿泊できるのでメリットは大きいですね。アメックスプラチナは、ただ年会費が高いだけのプラチナカードじゃないんです。ただの決済カードなら、この年会費の訳がない。

アメックスプラチナ ご入会

 

アメックスプラチナ 年会費

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

【目次】

 

アメックスプラチナの年会費とは

アメックスプラチナ 年会費

憧れの高級クレジットカードといえばアメックスプラチナですが、年会費は13万円(税抜)と高額です。最初はその高い年会費に驚きますが、使い方が分かってくるとその価値に妙に納得できる環境になります。

アメックスプラチナは単純に年会費が高いだけではなく、きちんとした理由があります。年会費13万円だけを見ると、とんでもなく高い年会費という印象を受けますが、その分アメックスプラチナには納得できる多くの特典・サービスが付帯しています。たとえば、フリー・ステイ・ギフト、ファイン・ホテル・アンド・リゾート、ホテル・メンバーシップ、グローバル・ラウンジ・コレクション、2 for 1ダイニング by 招待日和など、この辺りの特典は多くの方が利用できる環境にあり、最も恩恵を受けやすく、年会費の負担軽減に寄与してくれます。

アメックスプラチナは2019年4月8日(月)以降、今までのインビテーション制(お誘い)を止め、申し込み制になりました。年齢が20歳以上の方であればどなたでもアメックスプラチナに申し込みができる環境になりました。(ただし、パート、アルバイトの方は除く)「じゃ、アメックスプラチナのレベルが下がったのか?」と思われがちですが、そうではなく、門戸を広げたという解釈でしょうか。

アメックスプラチナの年会費は13万円(税抜)と高額で、この高い年会費を毎年払い続けないとアメックスプラチナを維持することはできません。アメックスプラチナがインビテーション制(お誘い)を止めて、申し込み制になっても、そこには大きな壁が立ち塞がっています。どなたでも申し込みができる環境になったとはいえ、アメックスプラチナの年会費は13万円(税抜)で、それを毎年払い続けるとなると一定のラインができるのは事実です。

逆に年会費13万円(税抜)を払ってもいいので、アメックスプラチナを持ちたい層がいらっしゃるのも事実です。そういう方には今回のアメックスプラチナの申し込み制は大歓迎ではないでしょうか。同様にアメックスセンチュリオンの高額な年会費を払ってもいいので持ちたい層が多くいるのも事実です。ただし、アメックスセンチュリオンは完全インビテーション制となっており、日本で一番取得が厳しいブラックカードとなっています。

 

ちなみに他社では、ダイナースプレミアムやTRUST CLUB ワールドエリートが年会費13万円(税抜)とアメックスプラチナと同じ年会費を採用しています。それぞれのクレジットカードが年会費に相当するだけの特典・サービスを付帯させており、アメックスプラチナと悩まれている方も多くいらっしゃいますね。僕のおすすめはアメックスプラチナですね。アメリカン・エキスプレスは日本で100年以上の営業実績があり、日本のマーケットを熟知しているからこそ、これだけの人気を博しているのではないでしょうか。

アメックスプラチナ ご入会

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスプラチナの年会費はいつ引き落とし

アメックスプラチナの年会費はいつ?年会費が高額なアメックスプラチナですので、年会費が引き落としされる日(タイミング)が気になったります。支払いの遅延などがあった場合は信用に傷がついたり、カード利用停止などの措置があるかもしれませんので、支払い期日にきちんと支払いをするようにしましょう。

アメックスプラチナの年会費引き落としは、たとえば、6月入会 or 切り替えをした方は7月10日がアメックスプラチナの年会費引き落とし月になります。入会された日や引き落としの金融機関により年会費の引き落とし日(タイミング)が異なる場合があるみたいですので、ご確認をお願いいします。

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスプラチナの年会費は高い!

アメックスプラチナの年会費は他社のプラチナカードと比較すると高く設定されています。一般的なプラチナカードは年会費3〜5万円ほどですが、アメックスプラチナの年会費は13万円(税抜)と高いです。

この高い年会費をどう捉えるかでアメックスプラチナの価値が変わってきます。単なる決済手段として考えるのであれば、高い年会費となりますが、付帯される多くの特典・サービスを利用するのであれば相応の年会費と感じられるでしょう。

数字だけを見ると高い年会費と思いますが、アメックスプラチナは単なる年会費が高いプラチナカードではありません。使い方次第では年会費相当のメリットを享受できるかもしれません。ただの決済カードなら、この年会費の訳がない。

同じようなグレードではダイナースプレミアムやTRUST CLUB ワールドエリートカードが年会費13万円(税抜)と高い年会費設定になっています。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスプラチナの年会費は分割できるの?

アメックスプラチナの年会費は13万円(税抜)と高いですが、年会費を分割で払えるのなら嬉しいですよね。僕もそれ考えましたが、残念ながらアメックスプラチナの年会費は分割では払えません。毎年、一括払いで指定日に指定金融機関の口座から引き落としとなります。 

僕は今でもアメックスプラチナの年会費を分割で払えたら助かるなぁ〜と思っています。何とかならないかな・・・。

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスプラチナの年会費に価値はあるの?

アメックスプラチナの年会費に対する価値はどうなのでしょうか?答えは、かなり価値は高いと思います。アメックスプラチナの年会費は13万円(税抜)と高額ですが、アメックスプラチナならではの多くの特典・サービスが付帯しています。使い方次第でお得に感じられるシーンは多いですよ。アメックスプラチナの価値を上げるには付帯されている特典・サービスを使う機会を増やすことだと思っています。

特に僕が価値があると感じているがフリー・ステイ・ギフトです。僕は過去、ヒルトンホテルお台場、ヒルトンホテル福岡シーホークに滞在しましたが、いずれのホテルも追加料金なしでスイートルームにアップグレードしていただきました。正直、これだけでもアメックスプラチナの年会費に対して元が取れたに相当すると思っています。

フリー・ステイ・ギフトは年会費に含まれている特典で、利用するために別途費用が掛かる特典ではありません。もちろん、ホテルまでの交通費や朝食や夕食など食事代は必要です。
※ヒルトンホテルお台場は2019年4月よりフリー・ステイ・ギフトの対象外となりました。

ホテル・メンバーシップなら高級ホテルに1泊もすることなく上級会員のゴールドエリートが付帯され、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなどの特典が受けられるので価値はかなり高くなります。

アメックスプラチナには24時間365日対応のコンシェルジュデスクが利用できます。アメックスプラチナといえばコンシェルジュデスクが自慢ですが、日常のあらゆることで相談に乗ってくれます。たとえば、レストランやホテルの予約、飛行機や新幹線のチケット手配、フラワーギフトなど、会員に代わって予約をしてくれるので、ご自身で手配に掛かる時間を無駄にしません。電話一本で全て丸投げでしてくれるので価値は大きいです。

これ以外にもココではご紹介しきれない多くの特典・サービスがあります。僕も実際に使っていて、アメックスプラチナの年会費に見合う内容だと感じています。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスプラチナの年会費のメリット・デメリット

アメックスプラチナの年会費に対するメリット・デメリットですが、使い方で考え方が変わってきます。支払いだけのクレジットカードとして利用される方は年会費が高く感じられデメリットになります。逆に付帯する特典・サービスを多く利用される方はメリットが大きくなります。

なぜ、アメックスプラチナは年会費が高く設定されているのでしょうか。単にクレジットカードとしての決済だけを考えるのなら年会費無料のカードでも十分です。アメックスプラチナは「余暇を楽しむためのクレジットカード」という考えがあるみたいです。アメリカン・エキスプレスはT&Eカードと呼ばれており、トラベル&エンタータインメントに関連する多くの特典が付帯しています。使ってなんぼのアメックスプラチナです。

アメックスプラチナの年会費を無駄にしないためにも、アメックスプラチナをメインカードとしてご利用いただき、万が一、使えない時のために年会費無料のVISAかMasterCardをサブカートとして持つと良いと思います。これならクレジットカードの年会費の維持費も抑えられ、アメックスプラチナをメインカードとしてどんどん利用できる環境にあります。

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスプラチナの年会費の元を取る

アメックスプラチナの年会費の元を取るという考えですが、ありえそうな感じもしますが、なさそうな感じもします。アメックスプラチナ会員が皆さん年会費の元を取ることができるならアメックスが潰れちゃいますね。なので、現実的に不可能です。ただし、とてもお得になる可能性は秘めています。

僕の経験ですが、以前、フリー・ステイ・ギフトをヒルトンホテルお台場とヒルトンホテル福岡シーホークで利用したのですが、2つのホテル共にスイートルームへアップグレードしていただきました。もちろん、追加料金は必要ありませんでした。これだけでもアメックスプラチナの年会費に近い金額分は回収できたかなと自分で思っていて、とてもお得感がありました。

僕はアメックスプラチナとSPGアメックスに付帯しているマリオットボンヴォイのゴールドエリート(現在はプラチナエリート)なのですが、ゴールドエリート時代でも、アーリーチェックイン、お部屋のアップグレード、レイトチェックアウトが叶いました。これらを一見さんなら相応の追加料金が発生するところを無料で対応していただきました。これも年間宿泊数で計算するとそれなりの金額になるのでお得感を実感できます。

海外旅行に行かれる方はアメックスプラチナグローバルラウンジコレクションとして世界中の約1,200ヶ所の空港ラウンジが利用できます。アメックスプラチナの場合は同伴者1名も無料で利用できるのでお得感があります。もちろん、国内旅行でも全国の主要な空港ラウンジを同伴者1名と共に無料で利用することができます。ハワイ好きな方は、ダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジを同伴者1名と共に利用することができます。

ファイン・ホテル・アンド・リゾートというお得なホテル優待特典がありますが、提携する高級ホテルをそのホテルの上級会員に相当する特典が付帯されて滞在することができます。たとえば、お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト、100米ドルのホテルクレジット、2名分朝食無料など、お得感を体験することができます。

アメックスプラチナの年会費の元を取ることは不可能ですが、それ相応のメリットを受け取れるのは僕の経験上も可能だと思っています。ぜひ、メインカードとしてアメックスプラチナをご利用ください。ただの決済カードなら、この年会費の訳がない。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスプラチナの年会費の特典

アメックスプラチナの年会費に対する特典ですが、驚くほどの特典・サービスが付帯しています。さすが、年会費13万円(税抜)するプラチナカードだと感心します。

アメックスプラチナの年会費に対する特典でおすすめなのは王道のアメックスプラチナコンシェルジェデスクが24時間365日使えることです。部署により9〜18時(土日祝休み)などの制限は一切なく、すべての部署が24時間365日対応してくれます。カードに関すること、ホテルの予約、JALやANAなどの航空券手配、レストランの予約、フラワーギフトなど各部門のプロフェッショナルがいつでも対応してくれるので心強いです。海外旅行の際に現地からでも24時間365日トールフリーでいつでも要望に応えてくれますので、心強いですよ。

先ほどのアメックスプラチナの年会費の元を取るでもご紹介しましたが、多くのお得な特典が付帯しています。中でもフリー・ステイ・ギフトやホテル・メンバーシップなどはアメックスプラチナ独自の特典で他社にはありません。これらはアメックスプラチナを代表する特典で大人気を博しています。

 

アメックスプラチナの年会費は高いので、いきなりアメックスプラチナを持つのは心配とおっしゃる方は、アメックスグリーン、アメックスゴールドでアメリカン・エキスプレスの世界を体験することもできます。

アメックスゴールド ご入会

アメックスグリーン ご入会

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp