Creca-Style

クレジットカードを実際に利用した体験をご紹介します。

ANAダイナースカード入会キャンペーン2018で最大77,000マイル相当もらえる!

【2018年11月最新】
ANAダイナースカード入会キャンペーンは11月30日まで!

ANAダイナースカードへご入会とご利用で最大77,000マイルがもらえる入会キャンペーン実施中です。ANAダイナースカードキャンペーンで獲得したポイントをマイルに交換してどこに行きますか?欧州や米国(ハワイ)にも行けちゃうマイル数です。

キャンペーン期間:201811月30日お申し込みまで

ANAダイナースプレミアムを目指されている方はANAダイナースカードから始めましょう!僕も実際に使っているANAダイナースカードなのですが、世界中のVIP空港ラウンジが無料だし、海外旅行保険も最高1億円で安心も付帯します。

▶︎ANAダイナースカード 入会キャンペーン 

 

SFC修行にANAダイナースカードが強い!国内外800カ所の空港ラウンジが無料です。僕も実際にSFC修行にANAダイナースカードを利用していました。ANAダイナース スーパーフライヤーズカードから、現在ではANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカードを利用しています。

ANAダイナースプレミアムカード SFC

 

ANAダイナースカード入会キャンペーン(最大77,000マイル相当)

ANAダイナースカードご入会とご利用で最大77,000マイルもらえる入会キャンペーン実施中です。合計77,000マイルあれば、日本=ニューヨークをANAの特典航空券でビジネスクラス1名で往復できるマイル数になります。

キャンペーン期間:2018年10月1日(月)〜2018年11月30日(金)お申し込み(2018年12月31日(月)カード発行分)まで

ANAゴールドカード入会キャンペーン2018(全日空が提供)

このキャンペーンは条件があります。まず、対象のANAカードに入会します。次にキャンペーンに参加登録します。その次にキャンペーン期間中に各種条件を達成すると、最大20,000マイルがもらえます。

参加登録期間:2018年10月1日(月)~2019年1月15日(火)

▪️ご入会ボーナスマイル

新規ご入会で2,000マイル

▪️特典①
新規ご入会とキャンペーン参加登録で2,000マイル

▪️特典②

2019年1月15日(火)までに30万円以上の利用で15,000マイル

▪️特典③

ANAカードファミリーマイルに登録で1,000マイル

合計20,000マイルもらえる

ANAダイナースカード入会キャンペーン2018(三井住友トラストクラブが提供)

新規ご入会されたANAダイナースカード会員が対象です。

▪️特典④

入会後3ヶ月以内に50万円以上の利用で28,000マイル相当ポイント

▪️特典⑤

入会後3ヶ月以内にさらに50万円以上利用で28,000マイル相当ポイント

▪️特典⑥

キャンペーン期間中に家族カードとビジネス・アカウントカードの追加の入会で4,000マイル相当ポイント

▪️特典④、⑤の通常利用ポイント(100円=1ポイント)として10,000マイル相当ポイント
※利用の加盟店によりポイントが加算されない、または200円=1ポイントの場合もあります。

合計57,000マイルもらえる

ANAダイナースカード入会キャンペーンで合計最大77,000マイルもらえる!

▶︎ANAダイナースカード 入会キャンペーン 

ダイナースクラブカードも入会キャンペーン実施中です
ダイナースクラブカード 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

ANAダイナースカードには、ANAダイナースプレミアムまたは
ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード SFCもございます。

f:id:gold-ax:20161006095300p:plain

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

ANAダイナースカードとは

f:id:gold-ax:20161006095253p:plain

ANAダイナースカードは全日空提携のカードで、一番審査が厳しいANAカードとなります。ANAダイナースカードの利用分はダイナースクラブのポイントとして貯まり、いつでも好きな時にANAマイルに交換ができるので、マイルの失効の懸念が少なくなります。

通常のお買い物は、100円=1ポイント=1マイル相当で貯まります。ANAグループの利用で100円または200円につき1マイルが別途付与されます。ANAカードの入会時と継続時にそれぞれ2,000マイルがもらえます。

ANAダイナースカードはANAとダイナースクラブが提供する両方の特典・サービスを受けることができます。

ダイナースクラブが提供する空港ラウンジは、全世界に750カ所以上あり、プライオリティパスが不要なくらいのラウンジ数を誇ります。旅行保険も最高1億円の安心が付帯しています。旅好きな方や出張の多い方にうれしいANAダイナースカードです。  

ANAダイナースカードは全世界の750以上の空港ラウンジを無料で利用できます。各国の主要空港ラウンジを網羅しているので、トランジットやトランスファーでもゆっくりと寛げますね。国内の主要な空港ラウンジでは出発時はもちろん、到着した空港でも空港ラウンジが利用できます。札幌・新千歳空港、東京・羽田空港、大阪・伊丹空港、福岡・福岡空港、沖縄・那覇空港など主要空港なら到着時も空港ラウンジが利用できます。

gold-ax.hatenablog.jp

 

マイルを大きく貯まるならANAダイナースカードが最適

日々のご利用に加え、家族カードやETCカード、ビジネス・アカウントカードなどの追加カード利用分も基本カードに合算できるので、あらゆるシーンの利用でポイント(マイル)が貯まります。

ANAダイナースカードは、高額の利用でも限度額に一律の制限を設けていないので、輸入車やリフォームなど高額の利用でも問題なく利用することができます。ダイナースクラブカードは限度額に一律の制限を設けていませんので、かなりの高額の利用でも問題なく利用することができます。僕も入会当初でも数百万円もの限度額がありビックリしたほどです。利用金額も大きなるとポイントも大きく貯まりますので、どうせ使うなら現金よりANAダイナースカードで購入する方がポイントも貯まりますので結果としてお得になりますね。

ANAダイナースカードで貯めたポイントには有効期限がありません。いつまでもポイントを貯め続けることができますので大きくマイルを貯めることと同じです。ダイナースクラブでポイントとして貯めることで有効期限なく貯め続けることができます。ANAダイナースカードで貯めたポイントをマイルに移行した時点でマイルの有効期限が発生しますので、使う目的がない場合はダイナースクラブのポイントとして貯めておき、使いたいときにANAマイルに交換する方がお得に使うことができます。

▶︎ANAダイナースカード 入会キャンペーン 

 

ANAダイナースカードで貯めた77,000マイルで海外旅行はどこに行く?

ANAダイナースカードの入会キャンペーンで獲得できるマイルをANAの特典航空券に交換した場合に行けるところは?

マイルをANAの国際線特典航空券に交換してどこに行きますか。韓国、アジア、ハワイ、オセアニア、北米、欧州など旅の楽しみが増えますね。

お手持ちのANAマイルがあれば、どのシーズンでも、どのクラスでも少ない追加マイル数で海外旅行に行けちゃいますね。または、ANAビジネスクラスやANAファーストクラスのアップグレードに利用しても良いかもしれないですね。

 ANAダイナースカードキャンペーンで獲得したマイルでどこへ行こうかな?そんなワクワクする楽しみがありますよね。ANAは世界の地域をゾーン別で区別しています。日本から各ゾーンへ往復するには必要マイル数が異なります。

  • 日本(Zone 1) 日本国内
  • 韓国(Zone 2)ソウル
  • アジア 1(Zone 3) 
  • 北京、大連、瀋陽、青島、上海、杭州、広州、厦門、成都、武漢、香港、台北、マニラ
  • アジア 2(Zone 4)
  • シンガポール、バンコク、ホーチミン、ヤンゴン、ジャカルタ、ムンバイ、デリー、ハノイ、クアラルンプール、プノンペン
  • ハワイ(Zone 5)ホノルル
  • 北米(Zone 6)ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、サンノゼ、ワシントン、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、バンクーバー、メキシコシティ
  • 欧州(Zone 7)ロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフ、ブリュッセル
  • オセアニア(Zone 10)シドニー

 

ANAダイナースカード入会キャンペーンで貯めた77,000マイルでどこに行けるのでしょうか。日本国内はもちろん、海外だと全ての地域に行けちゃいます。アジア圏はもちろん、ハワイ、米国本土、欧州に行けるんです!大量マイルキャンペーンの凄いところは条件を満たすことで海外旅行が付いてくると同等のキャンペーンであることです。

一番マイルを多く消費する欧州でも77,000マイルあれば、レギュラーシーズンでYクラスで往復できますよ。北米ならハイシーズンで往復、ハワイも同様ハイシーズンで往復できます。オセアニアにもハイシーズンで往復できます。77,000マイルの大量マイルがもらえるので、長距離路線の欧州にも北米本土にも行けちゃいますよ。

ANAの国際線特典航空券で欧州(ロンドン、 パリ、 フランクフルト、 ミュンヘン、 デュッセルドルフ、 ブリュッセル)ならレギュラーシーズンのYクラスで55,000マイルが必要です。北米(ロサンゼルス、 サンフランシスコ、 シアトル、 サンノゼ、 ワシントン、 ニューヨーク、 シカゴ、 ヒューストン、 バンクーバー、 メキシコシティ)ならハイシーズンにYクラスで55,000マイルで行けちゃいます。ハワイならハイシーズンでYクラスで43,000マイルで行けちゃいます。 ANAダイナースカードの77,000マイルは欧州に行けちゃう大量マイルとなりますので、強烈なインパクトがありますね。

▶︎ANAダイナースカード 入会キャンペーン 

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

ビジネスカードで経費の管理も楽チン!

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

ANAダイナースカードとよく比較されるのは、ANAアメックスゴールドです。

gold-ax.hatenablog.jp

ANAアメックスゴールド入会キャンペーン実施中です。