クレジットカードのCreca-Style

クレジットカードを実際に利用した体験談をご紹介します。

当サイトおすすめ2券種

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)


アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

SPGアメックス

・SPGアメックスを2年目以降、更新毎に無料宿泊特典がもらえる(マリオットやウェスティンなど)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイ参加ホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(アジア太平洋地域)
・貯めたポイントを無料宿泊や客室のアップグレードに交換可能


SPGアメックス 入会キャンペーン

 

個人事業主の方はビジネスカードがおすすめ!(初年度年会費無料)

 


※アメックスゴールド、アメックスグリーンの初年度年会費無料キャンペーンは終了しました。

 

ラグジュアリーカード ブラックカードの審査とは?審査基準の難易度、年齢、年収、職業など解説

ラグジュアリーカードブラックカードの審査について考えます。審査基準となる難易度、年齢、年収、職業などを僕なりに解説します。

ラグジュアリーカードブラックカード

2016年11月に米国より日本に上陸したラグジュアリーカード(LUXURY CARD)ですが、最もスタンダードなカードのラグジュアリーカードチタンカードは年会費が50,000円(税抜)と他社プラチナカードレベルとなり、ラグジュアリーカードブラックカードの年会費は100,000円(税抜)と他社ブラックカードレベルになる高級クレジットカードなんです。最上級はラグジュアリーカードゴールドカードで年会費は200,000円(税抜)で申し込みは出来ず、インビテーション(お誘い)オンリーとなります。しかもカードの材質が全てのカードで金属製なんです。で、この金属のカードですが、結構、金属感が強く、結構、カッコいいんです。こんなとんでもないラグジュアリーカードの審査って気になりますよね。どんな方を会員としてターゲットとしているのか。その審査基準を僕なりに考えてみました。

ラグジュアリーカード ブラックカード ご入会

ラグジュアリーカード チタンカード ご入会

 

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

【目次】

 

ラグジュアリーカード ブラックカードとは

ラグジュアリーカードブラックカード(LUXURY CARD BLACK CARD)

簡単にラグジュアリーカードブラックカードについてご紹介します。2016年11月に日本に上陸したラグジュアリーカードですが、全てのカードで「金属製」が採用されています。その重さ21グラムで、かなり金属感が伝わってきます。

ラグジュアリーカードのランクは、スタンダードのラグジュアリーカードチタン、ラグジュアリーカードブラック、最高峰のラグジュアリーカードゴールドとなります。一般的にはブラックカードが一番上のカードランクになりますが、ラグジュアリーカードはその序列を覆しています。

決済ブランドは、MasterCardの最上位「World Elite Mastercard」が付帯しています。24時間・365日対応のコンシェルジェデスクもあり、至れり尽くせりのブラックカードです。ラグジュアリーカードブラックカードの驚きの年会費は100,000円(税抜)となります。

ラグジュアリーカード ブラックカード ご入会

ラグジュアリーカードブラックカードはビジネス専用の「法人カード」の用意もございます。引き落とし口座は法人または個人事業主となります。

ラグジュアリーカード ビジネスカード 法人口座用

ラグジュアリーカードの特典・サービスが追加されたので、メリットが向上しました。

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

ラグジュアリーカード ブラックカードの「審査」とは

ラグジュアリーカードブラックカード

ラグジュアリーカードブラックカードの審査が気になると思いますが、その審査基準は公開されていません。一応、審査の年齢は20歳以上とあります。一般的なところで審査の年収は500万円が一つのボーダーラインとなりそうです。

ラグジュアリーカードは全てのクレジットカードでMasterCardの最上位「World Elite Mastercard」が付帯しています。ラグジュアリーカードの年会費はチタンカードで50,000円(税抜)、ブラックカードで100,000円(税抜)、ゴールドカードで200,000円(税抜)と標準のチタンカードでも他社のプラチナカードと同等の年会費となっていることから、審査基準もプラチナカード以上だと推測します。そのため、他社のゴールドカードより厳しい審査基準になると思われます。

クレジットカードの券面が黒色で、ラグジュアリーカードブラックカードには「BLACK CARD」と書いてあるため、カードをあまり知らない方にはブラックカードで金属のクレジットカードと認識され、超お金持ちのイメージを抱かれるかもしれませんね。これはかなりモテるクレジットカードになると思われます。

ぜひ、ラグジュアリーカードブラックカードの審査を無事にクリアされ、ホルダーを目指してください。

 

ラグジュアリーカード ブラックカードの審査「年齢について」

ラグジュアリーカードブラックカード

ラグジュアリーカードブラックカードの審査の年齢に関しては以前、紙の申込書を取り寄せたのですが、そこに年齢が20歳以上とありました。これを見る限り、ラグジュアリーカードの申し込める年齢は20歳以上であれば審査をしていただけそうです。

外資系の高級クレジットカードは最近の傾向として審査を柔軟にしていると思われます。ラグジュアリーカードの競合としてアメリカン・エキスプレスがありますが、アメックスゴールドの審査を25歳以上から20歳以上に変更しています。また、2018年10月15日(月)よりアメックスプラチナの審査を申し込み制にしました。

ラグジュアリーカードは本来、他社プラチナカード以上のカードランクですので、審査の年齢でも25歳以上や30歳以上と設定すべきところをあえて20歳以上と設定しています。つまり、ラグジュアリーカードチタンカード、ラグジュアリーカードブラックカードの審査は年齢が20歳以上であればどなたでも申し込みが可能のクレジットカードとなります。

若くして金属製のラグジュアリーカードブラックカードを持つことができるのって羨ましいですね。一昔前はどのクレジットカード会社もプラチナカードやブラックカードは完全にインビテーションオンリーとなっており、突撃では取得できませんでした。時代が変わったのでしょうね。

ラグジュアリーカード ブラックカード

ちなみに国内のクレジットカードVISAの雄、三井住友プラチナカードは厳格に「30歳以上、プラチナカードとしての所定の審査」とあります。JCBザクラスは審査に年齢の記載がありません。JCBオリジナルシリーズを利用してインビテーションで取得する方法ですので、20歳以上が審査の年齢となるのでしょうか。

 

ラグジュアリーカード ブラックカードの審査「年収について」

ラグジュアリーカードブラックカード

ラグジュアリーカードブラックカードの審査で年収は重要です。毎月利用した分を返済できるだけの年収が求められますので、審査で年収は一定の基準を設けていると考えられます。

以前、ラグジュアリーカードの申込書を取り寄せましたが、そこに年収の記入例として2,000万円と記載がありました。凄い年収ですね。単純に月給が180万円となりますが、この層の方って日本にどれだけいらっしゃるのか。この層の方が皆さんラグジュアリーカードに申し込むのかというと疑問になります。つまり、この層以上をターゲットにしていると商売が成立しません。幅広く会員を募り、年会費で商売をするビジネスモデルだと思いますので、一定の安定継続のある年収の方はラグジュアリーカードの会員になって欲しいと思います。

では、どのくらいの年収があればラグジュアリーカードブラックカードの会員になれるのか?という疑問があります。幅広く会員を募り、支払いに関しても安定しているところで、年収500万円が一つのボーダーラインになるのではないでしょうか。年収500万円は日本人の平均年収とも言われていますので、高級クレジットカードのラグジュアリーカードブラックカードの審査だと妥当な年収設定だと思われます。

 

ラグジュアリーカード ブラックカードの審査「職業について」

ラグジュアリーカードブラックカードの審査で必要な職業ってどういう業種なの?とお考えだと思います。先ほどのお話でもありましたが、ラグジュアリーカードの申込書に年収2000万円と記入例がありましたが、この年収を確保できる職業って決まってきますよね。医師、弁護士、公認会計士や上場企業経営者、外資系エグゼクティブなどになりますが、この業種の方が皆さんラグジュアリーカードブラックカードに入会していたでるとありがたいと思いますが、皆さんのお付き合いや嗜好もあり、全員ラグジュアリーカードに入会されないと思います。

そう考えると、日本の平均年収500万円といわれている中で、その金額をいただいている職業の皆様がラグジュアリーカードブラックカードに申し込めるということになります。公務員、サラリーマン、会社経営者、個人事業主と幅広く会員を募ることができますので、現実的です。

結局のところ、クレジットカードの審査って結構、曖昧なところがあります。ですので、審査基準を明確に公開しないんですよ。つまり、きちんとお仕事をされていて、継続的にお給料をもらっていて、過去に遡り支払いに遅延のない方であれば、クレジットカードの審査にそれほど気を使う必要なないかな。と僕的に感じています。ただし、ホワイトな方は注意が必要です。いきなりプラチナカードやブラックカードの申し込みをすると審査落ちされる可能性が高くなります。何故なのか?答えは、「クレジット」の意味を理解しているか否かが判断できないからです。この場合は一般のクレジットカードに申し込み一定期間(最低1年間)のクレジットヒストリーを築いてから高級クレジットカードの審査に臨んでください。

 

ラグジュアリーカード ブラックカードの審査「難易度について」甘い?厳しい?

ラグジュアリーカードブラックカードの審査の難易度は甘いのか。厳しいのか。結論から申し上げますと、一般のクレジットカードより厳しい審査になります。ただし、今まで他社のクレジットカードで支払いの遅延など金融事故のない方であれば構えるほど厳しい審査ではありません。それが審査が甘いと捉えるのかは申し込みされる方の属性によります。ラグジュアリーカード審査の難易度は多少厳しいといったことろでしょうか。

高級クレジットカード会社は年会費でそのほとんどを経営しています。その中でカードを利用した際の加盟店手数料や会員向け雑誌の広告費なども収入の一つになります。ですので、一定の会員数が絶対に必要なんです。厳しい審査にしすぎると会員は集まりません。審査を甘くすると支払い遅延の懸念も増えます。ラグジュアリーカードの審査は厳しい、甘いは申し込まれる方の属性によるところが大きいですね。

ラグジュアリーカード ブラックカード ご入会

ラグジュアリーカード チタンカード ご入会

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp