Creca-Style

ホテル、旅行、マイル、アメックスなど体験談をご紹介します。<クレカスタイル>

★★ 当サイトおすすめ2券種 ★★

 

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)


アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

マリオットボンヴォイアメックス

・マリオットボンヴォイアメックスを2年目以降更新ごとに無料宿泊特典がもらえる(利用条件あり)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(アジア太平洋地域)
・貯めたポイントを無料宿泊や客室のアップグレードに交換可能


マリオットボンヴォイアメックスプレミアム 入会キャンペーン

 

※2022年3月9日、SPGアメックスは「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」へ変更になりました。

 

ヒルトンアメックスとヒルトンアメックスプレミアムを比較!どちらがお得か検証

ヒルトンホテルとアメリカンエキスプレスは2種類のヒルトンアメックス提携カードを発行しました。

年会費16,500円のヒルトンアメックスカード、年会費66,000円のヒルトンアメックスプレミアムカードです。

ヒルトンアメックスプレミアム

迷われている方に付帯する特典・サービスの違いなど、どちらを選べばよいかご紹介します。

ヒルトンアメックスを持ってヒルトンホテルに滞在するだけでもメリットはありますが、年間で設定されている利用条件を満たせる方はメリットを最大化できます。

毎日の朝食が2名分無料、カード更新だけでウィークエンド無料宿泊もらえる!

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

世界中のヒルトンホテルで毎朝の朝食が無料、ヒルトンオナーズゴールド付帯

ヒルトンアメックスカード 入会キャンペーン

 

ガチンコ!ヒルトンアメックスと比較されるマリオットボンヴォイアメックス

年間400万円利用でプラチナエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

年間100万円利用でゴールドエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

 


www.youtube.com

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

【目次】

ヒルトンアメックスとヒルトンアメックスプレミアムを比較!

ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードを比較

 

2021年3月9日にヒルトンホテルとアメリカンエキスプレスの提携カード、ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレスのクレジットカードが誕生しました。

ヒルトンアメックスは2種類あり、一般カードのヒルトンアメックスカード、上級カードのヒルトンアメックスプレミアムカードになります。

 

この2枚のカードを比較した際の主な違いは、年会費、ヒルトンオナーズ会員、ポイント付与、ウィークエンド無料宿泊特典となります。

これ以外にアメリカンエキスプレスが提供する特典・サービスの違いがあります。

ヒルトンアメックス

基本的なところとして、どちらのカードもヒルトンオナーズのゴールド会員が付帯します。

これにより国内旅行はもちろん海外旅行でも毎日の朝食が2名分無料になるのでメリットは大きいです。

そして、どちらのカードにもヒルトンプレミアムクラブジャパン(HPCJ)の優待が付帯しており、ヒルトンアメックスカードは実質年会費無料で、ヒルトンアメックスプレミアムは年会費無料になります。

これらのヒルトンホテルが提供する特典に加え、それぞれのカードに応じた特典・サービスが提供されています。

 

それでは各カードの違いを比較して、付帯する特典・サービスをご紹介します。

迷われている方はご自身がどのようにヒルトンホテルやヒルトンアメックスのカードをご利用になるかで選ばれてはいかがでしょうか。

毎日の朝食が2名分無料、カード更新だけでウィークエンド無料宿泊もらえる!

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

世界中のヒルトンホテルで毎朝の朝食が無料になる

ヒルトンアメックスカード 入会キャンペーン

 

ヒルトンアメックスとガチンコの対決となるマリオットボンヴォイアメックス

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 


ついに【ヒルトンアメックス誕生2021】ヒルトンオナーズアメックスカード、ヒルトンオナーズアメックスプレミアムカードの特典、メリット、年会費、HPCJをご紹介 ヒルトンオナーズゴールド付帯

 

ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードの選び方

ヒルトンアメックスには年間利用金額の応じてもらえる特典があります。

 

1つ目ですが、ヒルトンアメックスカードは年間150万円以上の利用で、カード継続後にウィークエンド無料宿泊特典がもらえます。

ですので、年間150万円以上利用予定の方はヒルトンアメックスカードで無料宿泊特典を狙いましょう。

ヒルトンアメックスプレミアムカードはカード継続だけで1枚、さらに年間300万円以上利用の方にもう1枚、合計2枚のウィークエンド無料宿泊特典がもらえるので、年間300万円以上利用予定の方はヒルトンアメックスプレミアムカードを狙いましょう。

 

2つ目はヒルトンアメックスプレミアムカードに限定した特典で、年間200万円以上の利用でヒルトン・オナーズ ダイヤモンド会員が付帯します。

この特典はヒルトンアメックスカードには付帯していないので、年間200万円以上使う予定の方はヒルトンアメックスプレミアムカードで最上位のヒルトン・オナーズ ダイヤモンドを狙いましょう。

 

3つ目は、毎月の利用金額が多くない方でもヒルトンアメックスプレミアムカードならカード継続だけでウィークエンド無料宿泊特典がもらえます。

年会費66,000円の支払いでカードを継続するだけで約10万円の高級ホテル、ROKU KYOTO LXRホテルズ&リゾーツに1泊無料宿泊できるウィークエンド無料宿泊特典がもらえるので、年会費分の損はありません。

 

上記以外にヒルトンアメックスの2つのカードはどちらもヒルトン・オナーズ ゴールド会員が付帯しており、毎日の朝食が2名分無料、空室状況により客室のアップグレードなどの特典が受けられます。

 

■ヒルトンアメックスの選び方

  • 年間150万円以上利用の方:ヒルトンアメックスカード
  • 年間200万円以上利用の方:ヒルトンアメックスプレミアムカード
  • 年間300万円以上利用の方:ヒルトンアメックスプレミアムカード
  • 毎月少額利用の方:ヒルトンアメックスプレミアムカード

 

ヒルトンアメックスに付帯するヒルトンオナーズのゴールドとダイヤモンドを比較

ヒルトンアメックスプレミアムでヒルトンオナーズダイヤモンド

 

ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードを比較した場合、大きく異なるのは、ヒルトンオナーズの会員資格です。

どちらのカードもヒルトンオナーズのゴールド会員が自動付帯します。

特筆すべきはヒルトンアメックスプレミアムカードは年間200万円以上の利用条件を満たすと、ヒルトンオナーズ最上位のダイヤモンド会員が付帯することです。

 

ヒルトンオナーズのゴールド会員になると、日本国内はもちろん、世界中のヒルトンのポートフォリオ内のホテルで朝食が毎日2名分無料になります。

朝食が無料になる特典の威力は大きく、国内であれば、ダブルツリーbyヒルトンで1名約2,100円、ヒルトン東京・大阪で1名約3,800円、コンラッド東京・大阪で1名約4,900円の朝食が毎日無料になります。

 

年に数回、ヒルトンのポートフォリオ内のホテルに滞在するだけでヒルトンアメックスカードであれば年会費の元は取れそうな感じです。

 

ヒルトンアメックスプレミアム ダイヤモンド会員

 

ヒルトンアメックスプレミアムカードは、年間200万円以上のご利用でヒルトンオナーズのダイヤモンド会員が付帯するので、利用目的が明確な方はヒルトンアメックスプレミアムカードを選ぶと滞在ごとに最上級もおもてなしが体験できます。

ヒルトンオナーズの最上位、ダイヤモンド会員は、ゴールド会員までの全ての特典に加え、ボーナスポイント100%、高速Wi-Fi、客室のアップグレード(1ベッドルームのスイート)、エグゼクティブラウンジの利用、ダイヤモンド会員資格の延長、48時間客室保証、エリート会員資格の贈呈など至れり尽くせりの特典・サービスが用意されています。

 

ヒルトンアメックスのヒルトンオナーズのポイントを比較

ヒルトンオナーズのゴールド会員とダイヤモンド会委員を比較

ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードを比較した場合に大きく異なるのはポイントプログラムです。

ヒルトンアメックスのポイントは、アメリカンエキスプレスが提供するメンバーシップリワードのポイントではなく、直接ヒルトンオナーズのポイントとして貯まります。

 

■ヒルトンアメックスカード

  • 日常使い:100円=2ポイント
  • ヒルトンポートフォリオ内のホテル利用:100円=3ポイント

■ヒルトンアメックスプレミアムカード

  • 日常使い:100円=3ポイント
  • ヒルトンポートフォリオ内のホテル利用:100円=7ポイント


ポイントプログラムでも違いは明確で、日常使いでもヒルトンアメックスプレミアムカードは優遇されています。

特にヒルトンポートフォリオ内のホテル利用であれば、100円=7ポイントと大きくポイントを貯める事ができます。


ヒルトンホテルに多く滞在予定の方は大きくポイントが貯まるヒルトンアメックスプレミアムカードを選択するとメリットが大きくなります。

 

ヒルトンアメックスのウィークエンド無料宿泊特典を比較

ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードを比較した場合に大きく異なるのはウィークエンド無料宿泊特典です。


ウィークエンド無料宿泊特典とは、ヒルトンアメックスカードまたはヒルトンアメックスプレミアムカードを次年度以降継続するごとに付与される特典です。

ウィークエンド無料宿泊特典は、その名称からもお分かりいただけますが、週末の金曜日、土曜日、日曜日のいずれかから1泊で無料宿泊が可能になる特典です。

 

ヒルトンアメックスカードはプログラム年度内に150万円以上の利用のある方はカード更新後に付与されます。

ヒルトンアメックスカードはカードを継続しただけではもらえなくて、利用条件の設定があります。

 

ヒルトンアメックスプレミアムカードはカードを更新だけで1枚もらえます。

さらに、プログラム年度内に300万円以上ご利用の方にはもう一枚もらえ、合計2枚が付与されます。

 

ヒルトンホテルの朝食が毎日2名分無料

 

もちろん、ヒルトンアメックスにはヒルトンオナーズのゴールド会員が付帯しますので、滞在ごとに毎日の朝食が2名分無料になるので、年に数回の滞在でも年会費分を取り戻すことも可能なカードです。

「年間に150万円以上も使わないけど。」と仰る方にもヒルトンオナーズのゴールド会員目当てで入会でも朝食が無料、客室のアップグレード可能な場合もあるので、メリットはあります!

 

ヒルトンアメックスのヒルトンプレミアムクラブジャパン(HPCJ)を比較

ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードでヒルトンプレミアムクラブジャパン(HPCJ)を比較した場合は同等の特典内容になります。


HPCJは、有料の割引プログラムで、日本国内、韓国の2つのホテルで、宿泊料金が25%割引、滞在時のレストランを部屋付けで20%割引、レストラン単独利用で10%割引になります。

その他、HPCJ継続時に年会費が10,000円になり、継続後に10,000円分(5,000円2枚)の割引券がもらえるので、実質、無料で継続が可能になります。


HPCJは国内・韓国2ホテルに多く滞在を予定されている方には魅力的なプログラムになりますので、ぜひご検討ください。

滞在が多い方だと客室料金の25%割引の蓄積は大きな金額になりそうです。


ヒルトンアメックスカード会員は、HPCJに年会費10,000円でご入会いただけ、ご入会後に10,000円(5,000円2枚)の割引券がもらえるので実質、年会費無料になります。

ヒルトンアメックスプレミアムカード会員はHPCJに年会費無料で入会できますので、割引券の配布はありません。

 

ご参考までに。

HPCJへの再入会の場合ですが、一般的に過去に入会履歴のある方は年会費25,000円になりますが、入会後に10,000円(5,000円2枚)の割引券がもらえるので実質、15,000円で再入会することになります。

しかし、ヒルトンアメックスプレミアムカード会員であれば、過去に入会履歴があっても年会費無料で入会できるのでメリットは大きいです。

 

私は数年前にHPCJに入会していましたが継続をしておらず、再入会になるため年会費25,000円が掛かり、10,000円の割引券がもらえて実質15,000円になるところでしたが、ヒルトンアメックスプレミアムカードに入会後にHPCJに再入会したので年会費無料になりました。

 

ヒルトンアメックスの年会費を比較

ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードで年会費を比較した場合は大きな開きがあります。


ヒルトンアメックスは年会費16,500円に対し、ヒルトンアメックスプレミアムカードは年会費66,000円になります。

ヒルトンアメックスカードはアメックスグリーンと同額程度ですが、ヒルトンアメックスプレミアムカードは他社プラチナカード以上の年会費になります。


年会費の開きが意味するのが、付帯される特典・サービスの違いになります。

ヒルトンアメックスカードは年間にどれだけ利用してもヒルトンオナーズゴールド会員止まりですが、ヒルトンアメックスプレミアムカードは年間200万円以上の利用でヒルトンオナーズのダイヤモンドが付帯します。

エグゼクティブラウンジが利用できたりとメリットは大きいです。

 

さらに年間300万円以上利用の方はウィークエンド無料宿泊特典がもう1枚もらえ、合計2枚のウイークエンド無料宿泊特典がもらえるという特典が加わります。


ヒルトンアメックスはマリオットボンヴォイアメックスと異なり、カード継続だけでは無料宿泊特典はもらえません。

年間の利用条件をクリアするともらえる特典、ヒルトンホテル滞在時に提供される特典で年会費に対する費用対効果を上げる使い方が求められます。

 

ただし、年間利用金額未達の場合でも、ヒルトンオナーズのゴールド会員が付帯することで国内旅行や海外旅行の際に朝食が毎日無料になるので、この特典を利用して年会費に対する費用対効果を上げることも可能になります。


ですので、あまり利用金額が多くないと思われる方は、ヒルトンアメックスカードで、ヒルトンポートフォリオ内のホテルに滞在をして、朝食無料で年会費分を回収することで費用対効果を上げましょう。

 

結局ヒルトンアメックス、どちらがお得なの?

それで、結局どちらのヒルトン アメックスがお得なの?という問題があります。

ウィークエンド無料宿泊特典で考えると、ヒルトンアメックスプレミアムカード一択になります。

ヒルトンアメックスプレミアムカードの年会費66000円ですが、ウィークエンド無料宿泊特典で高級ホテルに滞在すれば、年会費に見合う料金になるので、相殺またはそれ以上を享受という感じでしょうか。

あとは、「年間にどれくらいの金額を利用しますか?」という問いに対しての答えで選ぶと良いでしょう。


ヒルトンアメックスは2種類のカードが発行されることから、どちらのカードが自分に合うだろうかと色々と考えなくてはいけません。


その判断として、ヒルトンアメックスに設定してあるそれぞれの年間利用金額に到達するか否かで判断をするのが良いのではないでしょうか。


カードを継続するだけでは無料宿泊特典はもらえませんので、無料宿泊特典がもらえるようにするためにはヒルトンアメックスカードで年間150万円以上の利用が必要です。

ヒルトンアメックスプレミアムカードは無料宿泊特典はカードを継続するだけでもららえるので、この特典に関しては問題ございません。


年間200万円以上の利用でヒルトンオナーズのダイヤモンドが付帯しますので、この金額以上の利用が見込めるが見込める方はヒルトンアメックスプレミアムカードを狙いましょう。

さらに年間300万円以上の利用で無料宿泊特典がもう一枚、合計2枚もらえるので、年間300万円以上ご利用予定のある方は大きくメリットが向上します。

ヒルトンポートフォリオ内のホテルでヒルオンオナーズの最上位、ダイヤモンド会員ならエグゼクティブラウンジが無料になるなど、この上ない滞在が叶います。

 

世界中のヒルトンホテルで毎朝の朝食が無料になる

ヒルトンアメックスカード 入会キャンペーン

カード継続だけでウィークエンド無料宿泊特典がもらえる

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

ガチンコ!ヒルトンアメックスと比較されるマリオットボンヴォイアメックス

年間400万円利用でプラチナエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

年間100万円利用でゴールドエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp