Creca-Style

ホテル、旅行、マイル、アメックスなど体験談をご紹介します。<クレカスタイル>

★★ 当サイトおすすめ2券種 ★★

 

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)


アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

SPGアメックス

・SPGアメックスを2年目以降、更新毎に無料宿泊特典がもらえる(マリオットやウェスティンなど)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイ参加ホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(アジア太平洋地域)
・貯めたポイントを無料宿泊や客室のアップグレードに交換可能


SPGアメックス 入会キャンペーン

 

※アメックスゴールド、アメックスグリーンの初年度年会費無料キャンペーンは終了しました。

 

ヒルトンアメックスとSPGアメックスを比較!2枚持ちで旅行が楽しくなる最強の組み合わせの選び方

ヒルトンアメックスとSPGアメックス(マリオットアメックス)の2枚持ちで国内旅行・海外旅行が2倍楽しくなる!

選択肢の幅が拡大することで2枚持ちは旅好きには外せない。


T&E(トラベル&エンターテインメント)といえば、アメリカンエキスプレスの代名詞ですが、旅行に特化した提携カードの組み合わせで国内旅行はもちろん、海外旅行でも最上級の滞在が叶います。

 

米国1位のマリオットインターナショナル提携のマリオットアメックス、米国2位のヒルトンホテル提携のヒルトンアメックスは旅好きには外せない旅行特化型クレジットカードですが、2枚持ちすることで今までにない旅の広がりと利便性を発揮してくれます。

 

ホテル修行不要!卓上で200万円以上使える方はヒルトンオナーズダイヤモンドで、年数回の旅行でも最上級のホスピタリティを体験

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

ヒルトンホテルで毎朝の朝食が無料になるヒルトンアメックスカード

ヒルトンアメックスカード 入会キャンペーン

マリオットボンヴォイのゴールドエリートで世界中の7,000軒以上でワンランク上の滞在が叶う

SPGアメックス 入会キャンペーン


【目次】

ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの比較!

ヒルトンアメックスとSPGアメックス

2021年3月9日(火)にヒルトンアメックスが誕生しました。

ヒルトンアメックスはその名の通り、ヒルトンホテルとアメリカンエキスプレスの提携カードで、国内外のヒルトンのポートフォリオ内のホテル滞在時に多くのメリットを体験することができます。

そして、皆様お馴染みのマリオットインターナショナルとアメリカンエキスプレス提携のマリオットアメックスがあり、国内外のマリオットボンヴォイ参加ホテル滞在時に多くのメリットを体験することができます。


2021年3月9日以降は、アメリカンエキスプレスは2つのホテルグループの提携カードを発行することになり、旅行の選択肢が広がりました。

 

ヒルトンアメックスは、ヒルトンオナーズアメックスカードとヒルトンオナーズアメックスプレミアムカードの2種類があり、いずれもヒルトンオナーズのゴールドが付帯します。

マリオットアメックスは1種類で、マリオットボンヴォイのゴールドエリートが付帯します。

いずれの提携カードもゴールド会員という上級会員が付帯しているので、それぞれのホテルでワンランク上の滞在が叶います。

それでは以下にヒルトンアメックスとSPGアメックスの比較をご紹介します。

ご自身に合うカードをどちらか1枚を選択、またはヒルトンアメックスとSPGアメックスの2枚持ちで旅の幅が広がります。

 

ヒルトンアメックスとSPGアメックスの2枚持ちで旅の幅が広がる

旅行好きな方はどちらか1枚というより2枚持ちされる方が旅の広がりと利便性が向上します。


米国のホテルグループ、1位のマリオットインターナショナル、2位のヒルトンホテルの提携カードですので、2枚持ちすることで、国内旅行はもちろん、海外旅行でメリットを最大限受けることができそうです。

 

ヒルトンホテルやマリオットホテルの立地も異なりますし、提供される特典・サービスも異なりますが、2枚持ちすることでそれぞれのホテルをカバーできます。

ヒルトンアメックスにはヒルトンオナーズのゴールド会員、SPGアメックスにはマリオットボンヴォイのゴールドエリートが付帯しますので、国内旅行はもちろん、海外旅行で選択肢が広がることで世界中でワンランク上の滞在が叶います。

 

ヒルトンアメックスで年間200万円ご利用予定の方はヒルトンアメックスプレミアムを選ぶことでヒルトンオナーズのダイヤモンド会員になることができます。

ヒルトンホテルをメインホテルとして利用し、サブでSPGアメックスを持つことで国内・海外を隈なくカバーすることができます。

 

マリオットボンヴォイ参加ホテルをメインにされる方で、マリオットボンヴォイのプラチナやチタンエリートの方であれば、マリオットボンヴォイ参加ホテルをメインホテルとして利用し、サブでヒルトンアメックスカードを持つことでヒルトンオナーズのゴールド会員が付帯するので、毎朝の朝食が2名分無料になるなどメリットが受けられます。

 

ヒルトンアメックスプレミアムとSPGアメックスの組み合わせ

ヒルトンアメックスプレミアム年会費66,000円、SPGアメックス年会費34,100円で110,100円となり、アメックスプラチナより安い年会費で世界中のホテルを網羅できます。

ただし、この組み合わせの場合はヒルトンアメックスプレミアムで年間200万円以上を利用し、ヒルトンオナーズのダイヤモンドを取得し、ヒルトンホテルをメインとして利用する場合に有利です。


SPGアメックスとヒルトンアメックスカードの組み合わせ

ヒルトンアメックスカード年会費16,500円、SPGアメックス年会費34,100円で50,600円となり、かなりリーズナブルに世界中のホテルを網羅できます。

ただし、この組み合わせの場合はマリオットボンヴォイでプラチナエリートまたはチタンエリートになっておき、マリオットボンヴォイ参加ホテルをメインとして利用する場合に有利です。

 

ホテル修行不要!卓上で200万円以上使える方はヒルトンオナーズダイヤモンドで、年数回の旅行でも最上級のホスピタリティを体験

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

ヒルトンホテルで毎朝の朝食が無料になるヒルトンアメックスカード

ヒルトンアメックスカード 入会キャンペーン

マリオットボンヴォイのゴールドエリートで世界中の7,000軒以上でワンランク上の滞在が叶う

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

ヒルトンアメックスとマリオットアメックスでアメックスプラチナの立ち位置は?

ちょっと気になることがございまして、アメックスプラチナのホテルメンバーシップという特典がありますが、マリオットボンヴォイのゴールドエリート、ヒルトンオナーズのゴールド会員が付帯しています。

この特典を目当てにアメックスプラチナを持っている方もいらっしゃると思いますが、ヒルトンアメックスが誕生したことで、ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの2枚持ちに切替えることで年会費が抑えられます。


マリオットアメックスは持っているだけでマリオットボンヴォイのゴールドエリートが付帯し、ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードはヒルトンオナーズのゴールドが付帯、さらにヒルトンアメックスプレミアムカードは年間200万円以上利用するとヒルトンオナーズのダイヤモンドになることができます。

年間200万円以上の利用でヒルトンオナーズのダイヤモンドが付帯し、マリオットアメックスのマリオットボンヴォイのゴールエリートが付帯することで旅行関連のクレジットカードでは最強の組み合わせになりそうです。

 

そうなると、「アメックスプラチナの立ち位置がどうなるのか?」問題が出てきます。

アメックスプラチナのホテルメンバーシップは、ヒルトンオナーズのゴールド止まりですが、ヒルトンアメックスプレミアムカードであれば、年間200万円以上を利用することでダイヤモンドが狙えるので、ヒルトンアメックスプレミアムカードとマリオットアメックスカードの2枚持ちが楽しくなるのではないでしょうか。

年会費の負担も約40,000円少なくなります。

 

ヒルトンアメックスとマリオットボンヴォイアメックスに付帯するエリート会員の特典を利用するには公式サイトや電話デスク経由で予約が必要になりますので、いずれアメックスプラチナは利用しなくなると思います。

ですので、アメックスプラチナを解約して、ヒルトンアメックスとマリオットボンヴォイアメックスの2枚持ちをすると付帯するエリート会員の提供でワンランク上の滞在が叶いそうです。

 

ホテル修行不要!卓上で200万円以上使える方はヒルトンオナーズダイヤモンドで、年数回の旅行でも最上級のホスピタリティを体験

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

ヒルトンホテルで毎朝の朝食が無料になるヒルトンアメックスカード

ヒルトンアメックスカード 入会キャンペーン

マリオットボンヴォイのゴールドエリートで世界中の7,000軒以上でワンランク上の滞在が叶う

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

ヒルトンアメックスカードとマリオットアメックスカードを最大化するために

ヒルトンアメックスプレミアムカードとマリオットアメックスカードを2枚持ちで、国内旅行や海外旅行で右に出るカードはないです。


この2枚の上手な利用方法ですが、日常の利用や固定費などで年間200万円をヒルトンアメックスプレミアムカードで支払うことでヒルトンオナーズのダイヤモンドが付帯します。

極端にいえば、ヒルトンホテルに1泊もすることなく、ヒルトンアメックスプレミアムカードで年間200万円利用するだけでヒルトンオナーズのダイヤモンド確定です。

ヒルトンアメックスプレミアムカードはこの使い方でダイヤモンドを獲得できます。


そして、マリオットアメックスカードですが、持っているだけでマリオットボンヴォイのゴールドエリートが自動付帯します。

マリオットボンヴォイはゴールドエリートだと客室のアップグレードとレイトチェックアウト14時までが主な付帯特典となり、朝食は無料ではありません。

毎朝の朝食を無料にするにはプラチナエリート以上を狙う必要があります。


マリオットアメックスカードは、マリオットボンヴォイのプラチナエリートを目指してをホテル修行をする以外、方法はありません。

マリオットのグローバルプロモーション経由でお得に修行することでプラチナエリートを獲得できる環境であれば目指しておくと2つのホテルグループで最上級の滞在が叶います。

2021年に関してはマリオットボンヴォイはプラチナエリート会員が非常に多くなりそうなので、2023年1月31日までは客室のアップグレードは競争率が高くなりそうです。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの年会費の違い

ヒルトンアメックスは2種類、マリオットアメックスは1種類の発行となります。

ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの2枚持ちで旅の幅がグッと広がりますので、可能な方は2枚持ちが楽しいと思います。

 

■ヒルトンアメックスプレミアムカードとマリオットアメックスカードの年会費

  • ヒルトンアメックスプレミアムの年会費:66,000円
  • マリオットアメックスの年会費:34,100円

2枚持ちで100,100円になります。

この組み合わせの場合、ホテル修行することなくヒルトンオナーズのダイヤモンドが狙えます。

卓上で200万円を使える方は、断然、ヒルトンアメックスプレミアムカードでダイヤモンドが付帯で、年数回の旅行でも最上級のおもてなしが体験できます。

マリオットアメックスはマリオットボンヴォイのゴールドが自動付帯しますが、プラチナエリートは年間50泊以上の宿泊実績が求められます。

 

■ヒルトンアメックスカードとマリオットアメックスカードの年会費

  • ヒルトンアメックスの年会費:16,500円
  • マリオットアメックスの年会費:34,100円

2枚持ちで50,600円です。

この組み合わせの場合、いずれのカードもゴールド会員までとなります。

その上のステータスを狙う場合はいずれもホテル修行が必要です。

ヒルトンホテルは年間30滞在または60泊でヒルトンオナーズのダイヤモンドが付帯します。

マリオットボンヴォイ参加ホテルは年間50泊以上の宿泊でマリオットボンヴォイのプラチナエリートが付帯します。

 

ホテル修行不要!卓上で200万円以上使える方はヒルトンオナーズダイヤモンドで、年数回の旅行でも最上級のホスピタリティを体験

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

ヒルトンホテルで毎朝の朝食が無料になるヒルトンアメックスカード

ヒルトンアメックスカード 入会キャンペーン

マリオットボンヴォイのゴールドエリートで世界中の7,000軒以上でワンランク上の滞在が叶う

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

アメックスプラチナの年会費は143,000円ですが、24時間コンシェルジュ、フリーステイギフト、ファインホテルアンドリゾート、世界中の空港ラウンジ、手厚い各種プロテクション、家電保険など至れり尽くせりの特典・サービスがあるので、単純な比較はできません。

私は24時間365日のコンシェルジュがメインの利用となっているので、アメックスプラチナは持ち続けます。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

ヒルトンアメックスの特長

ヒルトンアメックス

ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードですが、主な特典としてヒルトンオナーズのゴールドが付帯します。

ヒルトンオナーズのゴールド会員であれば、世界中のホテルで朝食が無料、客室のアップグレードなど優遇特典があります。

毎日の朝食無料はヒルトンオナーズゴールド会員の最大のメリットです。

高級ホテルの朝食が毎朝無料になる感動は、ヒルトンオナーズゴールドの特権です。

ヒルトンアメックスプレミアムカードは年間200万円以上の利用でダイヤモンドが付帯します。

ダイヤモンドはヒルトンオナーズの最上位ですので、この上ない滞在が叶います。


ヒルトンアメックスはヒルトンプレミアムクラブジャパン(HPCJ)の年会費優待があり、通常25,000円の年会費ですが10,000円に割引になり、入会後10,000円分(5,000円2枚)の割引券がもらえるので、実質無料です。

次年度も同様に期限内に更新することで実質、年会費無料で利用することができます。


ヒルトンアメックスカードは年間150万円以上利用すると、カード継続でウィークエンド無料宿泊券がもらえます。

金曜日、土曜日、日曜日のいずれかから1泊の滞在が無料で利用できます。

ヒルトンアメックスプレミアムカードは年間300万円以上の利用でもう一枚、ウィークエンド宿泊特典がもらえます。(合計2枚)

 

ヒルトンアメックスのポイント

ヒルトンアメックスのポイントは、ヒルトンオナーズのポイントとして貯める事ができます。

※ヒルトンアメックスのポイントは、メンバーシップリワードのポイントではありません。

■日常の利用

日常利用のスーパーマーケット、コンビニ、ドラッグストアなどでポイントを貯める事ができます。

  • ヒルトンアメックスカード:100円=2ポイント
  • ヒルトンアメックスプレミアムカード:100円=3ポイント


※一部の加盟店ではポイント加算が減額、または付与対象外となります。


■ヒルトンホテルの利用

ヒルトンホテルの利用ならさらに大きく貯める事ができます。


ヒルトンアメックスカード:100円=3ポイント
ヒルトンアメックスプレミアムカード:100円=7ポイント


両カードを比較した場合、ヒルトンアメックスプレミアムカードはヒルトンホテル利用で100円=7ポイント貯まりますが、これはヒルトンアメックスカードの2倍以上となります。

ヒルトンホテルの滞在が多い方はヒルトンアメックスプレミアムを選ぶと2倍早くポイントを貯める事ができます。


ヒルトンホテルを多くご利用の方は、ヒルトンアメックスプレミアムカードがおすすめです。
100円=7ポイントと大きくポイントを貯める事ができます。

 

マリオットアメックスの特長

マリオットアメックス

マリオットアメックスの主な特長は、マリオットボンヴォイのゴールドエリートが自動付帯します。

これにより部屋のアップグレードや14時までレイトチェックアウト、ホテル利用で100円=18.5ポイントなどの特典が提供されます。

残念ながら、マリオットボンヴォイのゴールドエリートは、ヒルトンオナーズのゴールドと異なり、朝食は無料ではありません。


マリオットボンヴォイのゴールドエリートは、通常年間25泊以上の宿泊実績が求められますが、マリオットアメックスに入会で自動付帯するのでメリットが大きいです。


マリオットボンヴォイのゴールドエリートは、アジア太平洋地域の対象レストランで15%割引が受けられます。

日本にも多くのマリオットボンヴォイ参加ホテルがあるので、恩恵を受けやすいです。


マリオットアメックスの最大のメリットとなるのが、2年目以降の継続でもらえる無料宿泊特典となりますが、世界中のホテルで50,000ポイントまでのホテルにスタンダードルームに空室がある限り、いつでも無料宿泊が叶います。


マリオットアメックスに入会時と継続時にマリオットボンヴォイのプラチナエリートに近づけるエリートナイトクレジットを5泊分もらえます。


マリオットアメックスのポイント

マリオットアメックスのポイントは、マリオットボンヴォイのポイントとして貯める事ができます。

※マリオットアメックスのポイントは、メンバーシップリワードのポイントではありません。
■日常の利用

日常利用のスーパーマーケット、コンビニ、ドラッグストアなどでポイントを貯める事ができます。

  • マリオットアメックスカード:100円=3ポイント


※一部の加盟店ではポイント加算が減額、または付与対象外となります。

■マリオットボンヴォイ参加ホテルの利用

マリオット系列ホテルの利用ならさらに大きく貯める事ができます。

  • マリオットアメックス:100円=6ポイント
  • マリオットボンヴォイのゴールドエリート:1米ドル=12.5ポイント

合計100円=18.5ポイント相当

  • レストラン利用時:1米ドル=10ポイント

(支払い金額が10米ドル以上の場合)

※滞在時は部屋付けにすることで客室などと合算となり、100円=18.5ポイントで換算

 


ついに【ヒルトンアメックス誕生2021】ヒルトンオナーズアメックスカード、ヒルトンオナーズアメックスプレミアムカードの特典、メリット、年会費、HPCJをご紹介 ヒルトンオナーズゴールド付帯

 

ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの2枚持ちのメリット

旅行好きな方は既にお察しのことと思います。

「ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの2枚持ちで旅行が2倍楽しくなるんじゃね?」

そうなんです。

ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの2枚持ちすることで、相互にカバーし合うことで国内旅行や海外旅行が2倍楽しくなるんです。

 

国内旅行でも訪れる都市により一方のホテルしかない場合や旅行の目的により両方のホテルから選べるなど、選択肢が増えるのでホテル選びの楽しさが加わります。

旅行の目的や気分により選べるホテルの数が増える分だけ楽しさも増えます。

ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの2枚持ちで今までにないメリットを体験できそうです。

 

 最も重要となるのが、ヒルトンアメックスの選び方なのです。

ヒルトンアメックスはいずれのカードもヒルトンオナーズのゴールド会員が付帯しますが、ヒルトンアメックスプレミアムカードの場合は年間200万円以上の利用でダイヤモンドが付帯します。

ですので、年間で200万円以上ご利用予定のある方はヒルトンオナーズの最上位、ダイヤモンドを狙いましょう。

年間150万円以上200万円未満のご利用予定の方はヒルトンアメックスカードを選びましょう。

理由は、ヒルトンアメックスカードは年間150万円以上の利用で更新時にウィークエンド無料宿泊特典がもらえるからです。

 

ヒルトンアメックスの2つのカードの選び方

ヒルトンアメックスは2種類のカードがありますが、どちらのカードを発行すると良いのか迷われている方も多くいらっしゃると思います。

1つの基準として、ヒルトンアメックスを年間どの程度利用するかで選ぶと良いでしょう。

 

ヒルトンアメックスは2種類のカードが発行されており、いずれのカードもヒルトンオナーズのゴールド会員が付帯します。

ただし、ヒルトンアメックスプレミアムカードは年間200万円以上の利用でヒルトンオナーズの最上位、ダイヤモンドが付帯します。

 

ヒルトンアメックスは更新時にウィークエンド無料宿泊特典として、金曜日、土曜日、日曜日のいずれかから1泊で無料宿泊できる特典が提供されます。

このウィークエンド無料宿泊をもらうには指定された条件を満たす必要があるのです。

マリオットアメックスのようにカードを更新したら自動でもらえるものではなく、年間のカード利用金額が指定されているのが大きな違いです。

 

従いまして、年間150万円以上200万円未満をご利用の方は、ヒルトンアメックスカードを選びましょう。

年間200万円以上ご利用予定の方は、ヒルトンオナーズのダイヤモンドが狙えますので、ヒルトンアメックスプレミアムカードを選びましょう。

ヒルトンアメックスプレミアムカードは、継続するだけで、ウィークエンド無料宿泊特典がもらえ、年間300万円以上利用することでもう一枚、ウィークエンド無料宿泊特典がもらえます。

上記の基準でいずれかのカードを選ぶと選んだカードでメリットを最大化できるでしょう。

 

そして、マリオットアメックスを持つことで、国内旅行や海外旅行で不足した部分をいずれかのカードで補足してくれるので、旅行が2倍楽しくなるということでまとまりました。

 

 

ホテル修行不要!卓上で200万円以上使える方はヒルトンオナーズダイヤモンドで、年数回の旅行でも最上級のホスピタリティを体験

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

ヒルトンホテルで毎朝の朝食が無料になるヒルトンアメックスカード

ヒルトンアメックスカード 入会キャンペーン

マリオットボンヴォイのゴールドエリートで世界中の7,000軒以上でワンランク上の滞在が叶う

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp