クレジットカードのCreca-Style

クレジットカードを実際に利用した体験談をご紹介します。

当サイトおすすめ2券種

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)


アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

SPGアメックス

・SPGアメックスを2年目以降、更新毎に無料宿泊特典がもらえる(マリオットやウェスティンなど)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイ参加ホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(アジア太平洋地域)
・貯めたポイントを無料宿泊や客室のアップグレードに交換可能


SPGアメックス 入会キャンペーン

 

個人事業主の方はビジネスカードがおすすめ!(初年度年会費無料)

 


※アメックスゴールド、アメックスグリーンの初年度年会費無料キャンペーンは終了しました。

 

SPGアメックスにプラチナエリートが付帯!ただし、2020年1月31日までプラチナエリートを体験できる

SPGアメックスプラチナエリートになれました。特にマリオットプラチナチャレンジをいていないのですが、2018年8月19日にマリオットにログインしたら、表示がプラチナエリートになっていました。なんちゃって、SPGアメックスプラチナです。

SPGアメックス 入会キャンペーン

SPGアメックスに付帯するプラチナエリートですが、2020年の1月31日まで有効とデスクに確認しました。これで後1年はマリオットボンヴォイプラチナエリートが楽しめます。レイトチェックアウトが16時までなのでクラブフロアで2回目のアフタヌーンティーが楽しめる、レストラン・ラウンジが20%割引などがプラチナエリートの醍醐味となります。

2018年8月1日からSPG、マリオット、リッツカールトンは一つの新しいプログラムに統合されました。そこで気になるのが「SPGアメックスのゴールドはプラチナになることができるのか?」という疑問ですが、結論はSPGアメックスとステータスマッチしたマリオットゴールドやリッツカールトンゴールドでは「プラチナエリートにはなれません!」新プログラムのマリオット ボンヴォイではゴールドエリートになります。

マリオットボンヴォイ参加ホテル ご予約

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

新プログラム統合後の2018年8月18日(米国時間)、2018年8月19日(日本時間)にマリオット、リッツカールトン、SPGのそれぞれのサイトにログインすると、「プラチナエリート」になっていました。

マリオットボンヴォイ参加ホテル ご予約

 SPGアメックスでプラチナエリートになったので、セントレジスホテル大阪に宿泊した話。新プラチナエリートの威力はいかに?

レストラン、バー、ルームサービスは全て20%割引が適用など、至れり尽くせりで大満足の滞在でした。

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックスにプラチナエリートが付帯される?

 

gold-ax.hatenablog.jp

以前は、SPGやマリオットのデスクにお尋ねしても正確な回答ができないという状況です。おそらくデスク側も米国マリオットからの正式な回答待ちという状況でした。

今後、大化けしてSPGアメックスにプラチナが付帯となると、メリット絶大の最強クレジットカードになること間違いなしなのですが、そう簡単に問屋が卸してくれそうにありません。万が一、SPGアメックスにプラチナが付帯するなら、年間150万円以上の利用など、何かしらの利用条件が付く可能性は否定できませんね。というような想像をしていましたが、SPGアメックスにはゴールドエリートが自動付帯します。

2018年8月の新プログラム統合後にログインをすると、SPGアメックスにプラチナエリートが付帯されていました。一部の現在SPGアメックス会員は、2020年1月31日までの特別対応となりますので、期間中はマリオット、リッツカールトン、SPGの対象ホテルでプラチナエリートの特典・サービスをお楽しみいただけます。

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

【目次】

 

SPGアメックスでプラチナエリートになれた話

SPGアメックスは現在、マリオットボンヴォイゴールドエリート会員が自動付帯されており、マリオットホテル、ザ・リッツ・カールトンホテルでもゴールドエリート会員になることができます。2018年8月18日の新プログラム統合後もSPGアメックスに付帯するエリートレベルは「ゴールドエリート」となります。

 SPGとマリオットやリッツカールトンのステータスを判定する基準には開きがあり、マリオットの方が厳しい判定基準になっていました。それに関連してSPGのポイントとマリオットのポイントの価値も異なっていました。

 2018年8月18日にマリオット、リッツカールトン、SPGは新しいプログラムに統合されました。以前は同一グループのマリオットとリッツカールトンのゴールドエリート会員で受けられる特典・サービスはホテル毎に異なっていました。さらにSPGを買収したことによりSPGのプログラムも加わったことからマリオットも「このままでは収集がつかない。」ということでマリオット、リッツカールトン、SPGの3つのホテルのプログラムを1つに統合して運営していくことにしたのでしょう。2019年2月13日(水)に3つの新しいロイヤルティプログラムの名称が「マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)」としてスタートしました。

2018年8月18日からは新しい1つのプログラムになり、基本的にはどのホテルに宿泊しても付帯するステータス会員の特典・サービスは同一になります。

 そこで気になるのが、「SPGアメックスのゴールドはプラチナ会員になることができるのか?」という疑問なのです。SPGゴールド会員は新プログラムになってもゴールドのまま移行されます。一方、マリオットの場合はマリオットゴールド会員は、新プログラムではプラチナ会員にアップグレードされます。

 SPGアメックスのゴールドとステータスマッチをしたマリオットゴールド会員の場合、
「新プログラムでプラチナになることができるのか?」という疑問が出てきます。

なぜこういう疑問が出てくるのかというと、マリオット、リッツカールトン、SPGの3つのプログラムで、現ステータス会員は新プログラムになると「このステータスになりますよ。」とお知らせがあるからです。

  • 旧SPGゴールド:新プログラム「ゴールドエリート会員」
  • 旧マリオットゴールド:新プログラム「プラチナエリート会員」
  • 旧リッツカールトンゴールド:新プログラム「プラチナエリート会員」


僕の場合、SPGアメックスのゴールドエリート会員になっています。上記の説明では旧ゴールド会員は2018年8月1日以降に「プラチナエリート会員」になることができると記載があるので、SPGアメックスでもプラチナエリート会員になることができると受け取ることもできますよね。(実際には一部のSPGアメックス会員がゴールドエリートからプラチナエリートへ、プラチナエリートからチタンエリートになっています。その判断ですが、それなりにホテル宿泊実績のある方ということだと考えられます。)

 一方、SPGのページで見るとSPGゴールドは新プログラムになってもゴールドエリート会員のままです。もともと、SPGアメックスはSPGゴールドだったので、新プログラムになってもゴールドエリート会員のままだと考えるのが一般的だと思います。でも、まだマリオットから正式な回答が出ていないので、一縷の望みをもって、SPGアメックスでもプラチナエリートになれることを祈るだけです。

結論から申し上げますと、祈りは通じませんでした。SPGアメックスとステータスマッチをしたSPGゴールドエリートは新プログラムではゴールドエリートのままです。現在、ステータスマッチをしたマリオットやリッツカールトンのゴールドエリートの皆様は2018年8月18日以降は新プログラムのゴールドエリートになり、プラチナエリートになることはできません。

現在、マリオットゴールドやリッツカールトンゴールドの方はきちんとルールに従った方法で取得された方のみプラチナエリートにアップグレードされます。ステータスマッチで取得したゴールドエリートはゴールドエリートのままで新プログラムに移行されます。少し残念ですが、仕方ないといえば仕方ないですよね。

マリオットホテルのクラブラウンジが無料になるのは2018年8月17日までですので、ぜひこのお得な期間にSPGアメックスでマリオットのクラブラウンジを無料でご体験ください。

と、上記のようにご紹介しておりましたが、2018年8月18日(米国時間)、2018年8月19日(日本時間)に新プログラムへ統合が行われました。それで、僕も実際にマリオット、リッツカールトン、SPGの3つのサイトにログインをしたのですが、どのホテルサイトでも「プラチナエリート」になっていましたので、非常に驚きました。一部の現在、SPGアメックス会員の皆様は、2019年2月までの期間中はプラチナエリートの特典・サービスを体験できますので、ぜひマリオット、リッツカールトン、SPGに参加ホテルでプラチナの威力をご体験ください。ただし、基本的にはSPGアメックスに付帯されるのはゴールドエリートで、2019年3月以降は実績のない方はゴールドエリートに戻るかもしれません。

2019年3月現在、SPGアメックスにプラチナエリートやチタンエリートが付帯している方は2020年1月31日までステータスが有効ということです。ですので、僕のSPGアメックスもなんちゃってプラチナエリートが付帯しています。

最近、マリオット ボンヴォイ参加ホテルに多く宿泊しています。ザ・リッツ・カールトン、コートヤード  by マリオット、セントレジスホテル 、ウェスティンなどです。僕の場合、SPGアメックスに付帯しているプラチナエリートでレイトチェックアウトが16時まで叶っています。アーリーチェックインも問題なく受け入れていただいています。レストランやラウンジで20%割引は強烈です。たまにスイートルームにアップフレードしていただいています。正直、マリオットボンヴォイのプラチナエリートは価値があります。現在、SPGアメックスの方はゴールドエリートが自動付帯しますので、マリオットプラチナチャレンジできる環境にありますので、ご検討ください。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

 

僕のSPGアメックスにはマリオットボンヴォイプラチナエリートが付帯しているが、いつまで?

で、僕のSPGアメックスにはまだマリオットボンヴォイプラチナエリートが付帯しています。2019年1月31日までは特別にプラチナエリートが付帯ということでしたが、どうなるのでしょうか。少々不安です。

マリオットボンヴォイプラチナエリートデスクに確認をすると、2020年1月31日までプラチナエリート会員の資格が適用されるみたいです。嬉しいな。今後も益々マリオットボンヴォイ参加ホテルに宿泊するようになると思われます。

この先も僕のSPGアメックスにマリオットボンヴォイプラチナエリートが付帯するとなると、今後もマリオットボンヴォイ参加ホテル(マリオット、リッツカールトン、SPG)のホテルに泊まることになると思います。だって、めっちゃお得に滞在できるので、マリオット系列のホテルになっちゃう。

以前だと、ヒルトンとかにも泊まっていたのですが、最近はマリオットボンヴォイオンリーとなっています。SPGアメックスなら100円=6ポイントだし、エリートステータスで1米ドルあたり12.5ポイント、100円=6ポイントの合計100円=18.5ポイント相当のホテルポイントももらえるので、とってもお得なんです。SPGアメックスは今後も手放せないクレジットカードになりそう。

 

利用条件付きでSPGアメックスにプラチナエリートが付帯することはあるのか?

最近、デルタアメックスの改悪の話がありましたが、2018年6月26日以降デルタアメックスに自動付帯していたメダリオン資格が利用付帯に変更になります。

 デルタアメックスゴールドは年間100万円以上でシルバーメダリオン、年間150万円以上でゴールドメダリオンが付帯するようになります。年間100万円未満だとメダリオン会員は付帯しません。

 同様にSPGアメックスでも年間利用金額に応じてエリート資格を付帯するようになる可能性は否定できませんね。ひょっとすると、新プログラムのゴールドエリートでさえも年間100万円以上などのSPGアメックスの利用条件が付くかもしれません。プラチナエリートを付帯されるにはSPGアメックスを年間150万円以上利用することが条件になることも想定できそうです。一定金額未満の利用の場合はシルバーエリートに格下げになるかもしれませんね。

万が一、SPGアメックスにプラチナエリートが付帯するとなると、利用条件が設定されることはあるかもしれませんね。

結論ですが、SPGアメックスとステータスマッチしたマリオットゴールドまたはリッツカールトンゴールド会員は新プログラムではゴールドエリートのままです。プラチナエリートにはなれません。新プログラムでプラチナエリートになれる方はきちんとマリオットのルールに従ってゴールドエリートを獲得された方のみとなります。年間50泊以上宿泊の条件を満たした方となります。

と以前ご紹介しましたが、一部の現在SPGアメックス会員でもプラチナエリートになっているらしいです。一応、2020年1月31日まではプラチナエリートの特典・サービスをお楽しみいただけるみたいです。

そして、2019年2月よりマリオットプラチナチャレンジが再開しました。最大約4ヶ月以内に16泊するとプラチナエリートになることができます。SPGアメックスに自動付帯のゴールドエリート会員の方はマリオットプラチナチャレンジに申し込む権利があります。ご検討ください。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックスがプラチナエリート付帯ならメリットは絶大!

丸い地球が三角になるような大どんでん返しがあって、SPGアメックスでもプラチナステータスになれたとしたら、受けられるメリットは絶大です。

先に結論ですが、丸い地球は丸いままで、三角にはなりませんでした。www
ただし、2020年1月31日まで一部の現在SPGアメックス会員でもプラチナエリートまたはチタンエリートが付帯するらしいです。その期間はマリオット、リッツカールトン、SPGの対象ホテルに宿泊でプラチナエリートまたはチタンエリートの特典・サービスを体験することができます。

マリオットボンヴォイ参加ホテル ご予約


まずは2018年8月1日以降の新プログラムの特典をご紹介します。

新ゴールドエリート会員の特典

  • ご滞在ごとに25%のボーナスポイント
  • 午後2時までのレイトチェックアウト(空室状況による)
  • 無料の客室内高速インターネットアクセス
  • ポイントによるゴールドウェルカムギフト(250ポイントまたは500ポイント/ブランドで異なる)
  • より望ましい客室へアップグレード(空室状況による)
  • エリート専用予約ライン

 

新プラチナエリート会員の特典

  • ご滞在ごとに50%のボーナスポイント
  • 一部スイートを含むより望ましい客室へのアップグレード(空室状況による)
  • ラウンジアクセス権: (朝食付き — JWマリオット、マリオット・ホテル、デルタ・ホテルズ・バイ・マリオット、オートグラフ コレクション・ホテル、ルネッサンス・ホテル、シェラトン、ウェスティン、ルメリディアン)リゾートを除く
  • 午後4時までのレイトチェックアウト
  • 年間ギフトチョイス (5スイートナイトアワードまたはギフトオプション)
  • プラチナウェルカムギフト (500または1,000ポイント、無料の朝食、アメニティから選択、ブランドによってオプションが異なります)


SPGアメックスでプラチナステータスになれるのなら、とんでもない特典が付帯することになります。一番嬉しいのはラウンジアクセス権ですね。ラウンジで朝食、アフタヌーンティ、夕食などの至れり尽くせりのサービスを満喫できます。午後4時までレイトチェックアウトが可能ということは、翌日のラウンジで2回目のアフタヌーンティーも満喫できます。部屋のアップグレードもスイートが含まれてきます。

新プログラムのゴールドエリートでレイトチェックアウトはあくまでリクセストベースに変更になります。現在ですとレイトチェックアウト16時までは確約ですが、2018年8月1日以降は14時まではあくまでリクエウストベースなり、叶わない可能性もありそうです。

SPGアメックスに入会するだけでプラチナエリートが付帯されるとなると、驚きのメリットを享受できるようになりますので、これはまず考えられません。万が一、SPGアメックスでもプラチナエリートが付帯するとなると、SPGアメックスの1年間の利用金額が150万円以上などの条件がつけられそうですね。デルタアメックスゴールドのゴールドメダリオンがそうであるように。

SPGアメックスのゴールドエリートとステータスマッチをしたマリオットゴールドは新プログラムではゴールドエリートのままで、プラチナエリートにはなることができません。

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

じゃ、今からマリオットプラチナ チャレンジができるのか?

SPGアメックスに付帯するゴールドエリートとステータスマッチしたマリオットゴールドまたはリッツカールトンゴールド会員は2018年8月18日からスタートする新プログラムでプラチナエリートにはなることができず、ゴールドエリートのままで変更はありません。

ホテル側が提供する新プログラムのゴールドエリートはかなり改悪となっていて、レイトチェックアウトは現行の「16時まで確約」ではなく、「14時までリクエストベース」へと変更になります。空室状況により一般客と同じように定刻のチェックアウトを求められる場合も想定されます。アーリーチェックインも現行では叶っていましたが、新プログラムのゴールドエリートはかなりランクが下がりましたので、叶わない可能性があります。アーリーチェックインをする場合、追加料金を求められる可能性もあります。

じゃ、今からマリオットプラチナチャレンジをして新プログラムでプラチナエリートになることができるのか?

2019年2月より新プログラムのマリオットボンヴォイでプラチナチャレンジが再開されました。

マリオットプラチナチャレンジとは、最大約4ヶ月間の間にマリオット参加ホテルに16泊すると「プラチナエリートにご招待しますよ。」というお特別なクローズドなキャンペーンです。約16万円でプラチナエリートを取得することができるので、50泊する必要はありません。おそらく、世界中のほとんどの方はプラチナチャレンジでプラチナエリートを獲得していると想像します。だって、年間50泊って毎週マリオットまたはリッツカールトンに宿泊する数字となり、とてつもなくハードですよね。

以前はこのようにご紹介しておりましたが、2018年8月18日の新プログラムを統合後は一部の現在SPGアメックス会員にもプラチナエリートが付帯しました。これは2020年1月31日までの特別対応ということで、プラチナエリートを体験できる期間になっているみたいです。

 

今後、SPGアメックスに付帯のゴールドエリートはどのステータスになるの?

SPGアメックスに自動付帯されるステータスは2018年8月18日以降の新プログラムでもゴールドエリートですので、SPGアメックスを持ってもゴールドエリートのままです。

 上記でもご紹介しましたが、プラチナエリートの特典が凄すぎますので、SPGアメックスを持つだけでプラチナが付帯するとなるとマリオットやSPGの負担は相当なものになると思います。

今まで、SPGゴールドでは本家本元のSPGでさえラウンジが利用できない状況です。マリオットに買収され、ステータスを同一にする特別措置のお陰でマリオットゴールドになれて、マリオットホテルのラウンジを無料で利用できるのは特別優待期間の何ものでもありません。

 そんな美味しい話は今後ないと思いますし、仮にあったとしたら、マリオットが背負う出費が相当大きなものになると考えられるので、残念ながらSPGアメックスは新プログラムではゴールドだと思います。

 万が一、SPGアメックスにプラチナが付帯されるとなると、何かしらの条件が付けられる可能性があります。たとえば、SPGアメックスで年間150万円以上の利用がある場合はプラチナステータスが付帯されるなど。デルタアメックスがそうであるように、自動付帯という美味しい話は今後無くなるのではないでしょうか。

結論ですが、SPGアメックスに付帯するゴールドエリートはステータスマッチをして現マリオットゴールド会員であっても新プログラムではゴールドエリート会員のままです。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

まとめ!SPGアメックスはプラチナエリートになれるのか?

結論ですが、SPGアメックスのゴールドエリートとステータスマッチをしたマリオットゴールドまたはリッツカールトンゴールド会員は新プログラムでプラチナエリートになることができず、ゴールドエリートのままです。新プラチナエリートになれるのはきちんとルール通りに獲得したマリオットゴールドまたはリッツカールトンゴールド会員のみとなります。そして、マリオットプラチナ チャレンジをされた方は新プログラムでプラチナ エリートになることができます。

SPGアメックスに新規お申し込みの方はマリオットボンヴォイのゴールドエリートが付帯します。

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp