Creca-Style

ホテル、旅行、マイル、アメックスなど体験談をご紹介します。<クレカスタイル>

★★ 当サイトおすすめ2券種 ★★

 

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)


アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

マリオットボンヴォイアメックス

・マリオットボンヴォイアメックスを2年目以降更新ごとに無料宿泊特典がもらえる(利用条件あり)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(アジア太平洋地域)
・貯めたポイントを無料宿泊や客室のアップグレードに交換可能


マリオットボンヴォイアメックスプレミアム 入会キャンペーン

 

※アメックスゴールド、アメックスグリーンの初年度年会費無料キャンペーンは終了しました。

 

SPGアメックスにプラチナエリートが付帯!プラチナエリートならスイートへアップグレード、16時レイトチェックアウト優待

SPGアメックスプラチナエリートになれました。

2020年9月よりスタートしたマリオットステータスマッチにより現在、SPGアメックスにプラチナエリートが付帯しています。

詳しくは下記でご紹介します。

 

前回は特にマリオットプラチナチャレンジをいていないのですが、2018年8月19日にマリオットにログインしたら、表示がプラチナエリートになっていました。

今回は、2021年2月3日にプラチナエリートになっていました。

なんちゃって、SPGアメックスでプラチナエリートが付帯していました。

年間400万円利用でプラチナエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

年間100万円利用でゴールドエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

アメックスプラチナもホテルメンバーシップの特典でマリオットボンヴォイゴールドエリートが付帯します。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

ヒルトンアメックスプレミアムなら年間200万円利用でヒルトンオナーズダイヤモンド付帯で年に数回の滞在でも世界中のヒルトンホテルで最上級のおもてなしが体験できる

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

 

2022年2月8日、SPGアメックスの後継カードとして、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードが誕生しました。

さらに新カードとして、マリオットボンヴォイアメックスカードが誕生しました。

2022年2月24日から申し込みがスタートします。

マリオットボンヴォイアメックスの詳細は下記ページで詳しくご紹介しています。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 


www.youtube.com

【目次】

 

SPGアメックスにプラチナエリートが付帯(年間400万円以上の利用)

SPGアメックスを年間400万円以上利用の方にマリオットボンヴォイのプラチナエリートが付帯しました。

 

SPGアメックスにプラチナエリートが付帯する特典は今までにない事ですし、一部の限定された方に付帯する特典もありませんでした。

 

なぜ今回、SPGアメックスにプラチナエリートが付帯したのでしょうか?

年間400万円利用でプラチナエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

年間100万円利用でゴールドエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

アメックスプラチナもホテルメンバーシップの特典でマリオットボンヴォイゴールドエリートが付帯します。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

ヒルトンアメックスプレミアムなら年間200万円利用でヒルトンオナーズダイヤモンド付帯で年に数回の滞在でも世界中のヒルトンホテルで最上級のおもてなしが体験できる

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

 

■プラチナエリートが付帯した条件

  • SPGアメックスの年間利用金額に応じて
  • 2021年1月~11月の利用実績
  • 年間400万円以上の利用
  • マリオットボンヴォイのプラチナエリートが付帯
  • マリオットボンヴォイからの提供

 

2021年1月から11月までのSPGアメックスの利用実績に応じて、年間400万円以上利用の方にマリオットボンヴォイのプラチナが提供されました。

SPGアメックスにプラチナエリートが付帯するなんて、今まで聞いたことも見たことも無い特典なので驚いています。

 

2022年2月8日、SPGアメックスの後継カードとして、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードが誕生しました。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの特典に年間400万円以上の利用でプラチナエリートが付帯する特典が追加になりました。

さらに、エリートナイトクレジットが15泊分もらえますので、プラチナエリート獲得しやすくなります。

年間400万円以上の利用 or 年間35泊の宿泊のいずれかの方法でマリオットボンヴォイ プラチナエリートが獲得できます。

年間400万円利用でプラチナエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

年間100万円利用でゴールドエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

 

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

youtu.be

 

SPGアメックスにプラチナエリートが付帯

2020年8月下旬でマリオットプラチナチャレンジは一旦中止になり、その代わりにマリオットステータスマッチが2020年9月よりスタートしました。

※2021年1月下旬に登録受付終了

 

簡単に申し上げますと、マリオットステータスマッチの申請をして、受理された日から90日間に15泊すると、その後は2022年1月31日までプラチナエリートが付帯するというものです。

ただし条件がありまして、他社外資系ホテルで上級会員資格を持っていることが一つ。

そして、その対象ホテルに1泊以上していることが条件となります。

そのエビデンスをマリオットインターナショナルに画像付きでメール添付して申請を出します。

 

マリオットプラチナチャレンジとマリオットステータスマッチの大きな違いは、90日間(3ヶ月間)という期間は同じなのですが、ステータスマッチの方が15泊でよく、その15泊の期間中もプラチナエリートが付帯しているところです。

 

SPGアメックス会員がプラチナチャレンジをする場合は申告してから、90日間(最大4ヶ月弱)に16泊する必要があり、その16泊はゴールドエリート会員として滞在します。

ところが、ステータスマッチは、90日間に15泊する必要がありますが、その15泊もプラチナエリートが付帯するので、クラブラウンジがあるホテルならクラブラウンジが無料で利用できたり、朝食が無料、客室の(一部スイートルームへの)アップグレード、16時までのレイトチェックアウトなど、至れり尽くせりのサービスを受けることができます。

 

プラチナステータスマッチでマリオットボンヴォイのプラチナエリートを獲得された方は、2022年1月31日までプラチナエリートが付帯し、様々な特典・サービスをうけることができます。

 

SPGアメックスにプラチナエリートが付帯するマリオットステータスマッチはかなりお得なプロモーションとなっています。

なぜこれだけお得な特典やサービスが付帯するのでしょうか。

通常期にはないお得過ぎるプロモーションですが、新型コロナウイルスの影響により旅行全般でダメージがあるため、少しでも業界を盛り上げたいという願いが込められていると思っています。

 

 

SPGアメックスやアメックスプラチナを持っている方はステータスマッチでプラチナエリートを獲得しやすい環境が整っています。

年間400万円利用でプラチナエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

年間100万円利用でゴールドエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

 

 

2021年2月3日にプラチナエリートに更新!

SPGアメックスにプラチナエリートが付帯

2021年2月3日にマリオットボンヴォイのアプリ内のマイアカウントが更新されていました。

また、2021年のQ1グローバルプロモーションの登録受付がスタートしました。

 

上記の数字の35の内訳ですが、2021年の滞在が10泊分、エリートナイトクレジット50%付与プロモーションの25泊の合計35泊分となります。

さらにここにSPGアメックスの更新で5泊分のエリートナイトクレジットがもらえるので、2021年は40泊は確定しています。

 

嬉しいことに2021年はQ1のグローバルプロモーションで2倍のポイントと2倍のエリートナイトクレジットがもれなくもらえるので、プラチナエリートよりチタンエリートが射程圏内に、アンバサダーエリートも狙える距離感になってきました。

ただ、アンバサダーエリートの14,000ドル(約146万円)は厳しいからやーめたっ!

 

何とか、2022年、2023年1月31日まではSPGアメックス付帯のプラチナエリートは維持できそうです。

ひょっとすると、SPGアメックス付帯はチタンエリートになっているかもしれません。

 

SPGアメックスでプラチナエリート、狙っちゃいますか?

年間400万円利用でプラチナエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

年間100万円利用でゴールドエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

 

ついに来た!SPGアメックスに付帯していたプラチナエリートは2020年1月まで

SPGアメックス プラチナエリート いつまで

 

前回はマリオットとSPGの統合によりマリオットインターナショナルさんのご厚意で、2020年3月ごろまでマリオットボンヴォイプラチナエリートにしてもらっていました。

 

今、最も心配している事。それは僕のプラチナエリートはどうなるのか?という問題です。最近・・・、寝不足です。w

僕はSPGアメックスを持っているのですが、マリオットとSPGの統合の際にプラチナエリートにしてもらいました。そう、なんちゃってプラチナエリート会員です。僕のなんちゃってプラチナエリートの期限が刻一刻と迫ってきています・・・。#omg

このプラチナエリート会員の期限は2020年1月末日までということで、とうとうこの時期が来ました。1年数ヶ月間、プラチナエリート会員として数十泊マリオット ボンヴォイ参加ホテルに滞在しまして、プラチナエリートの恩恵を受けてきました。

一番嬉しかったのは何といっても、スイートルームに無料アップグレードしてもらえたことです。ザ・リッツ・カールトン大阪、ザ・リッツ・カールトン東京ではスイートルームにアップグレードしてもらいました。そして、レイトチェックアウトが最大16時まで延長できましたので、クラブレベルに滞在すると翌日のアフタヌーンティーも楽しめ、一般の方のチェックインの時間にまだ滞在していて、アフタヌーンティーが楽しめたり、レストランで20%割引があったりという極上の滞在が叶っていました。

それももう直ぐお別れとなりそうです。そうなんです。この1年、マリオットボンヴォイ参加ホテルには数十泊していますが、プラチナエリートの基準である50泊には到達していません。堪忍!だから、2020年2月からゴールドエリートになると思います。

プラチナエリート、良かったな!だから出張の際の滞在はマリオットボンヴォイ参加ホテルに滞在していました。

まだ、マリオットボンヴォイさんから正式な回答は届いていませんが、現在のプラチナエリートは2020年1月31日までということらしいです。ありがとう、プラチナエリートさん。

年間400万円利用でプラチナエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

年間100万円利用でゴールドエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

アメックスプラチナもホテルメンバーシップの特典でマリオットボンヴォイゴールドエリートが付帯します。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

ヒルトンアメックスプレミアムなら年間200万円利用でヒルトンオナーズダイヤモンド付帯で年に数回の滞在でも世界中のヒルトンホテルで最上級のおもてなしが体験できる

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

マリオットボンヴォイホテルは2022年も続々と新規ホテルの開業が予定されています。

マリオットボンヴォイホテル 検索

 

 

マリオットボンヴォイプラチナエリート

先日、ガッツリ、「プラチナエリート」でメールが届きました。まさか、4月に大どんでん返しってないよね?

 

マリオットボンヴォイプラチナエリートからゴールドエリートに戻った

マリオットのシステムの処理が遅れているということでしたが、3月22日(アメリカ時間)に変更が行われました。

プラチナエリートの基準(年間50泊)を満たしていない方は、本来であれば2月1日にステータスが切り替わるのですが、今年は随分と遅れていました。

2019年に各ステータスの基準を満たしていない方は、2020年3月22日(アメリカ時間)にゴールドエリート会員に戻る予定です。

もちろん、チタンエリートの方も基準(年間75泊)を満たしていない方はゴールドエリートに戻ります。

プラチナエリートやチタンエリートが表示されている間はそれぞれの付帯サービスが利用できますが、ゴールドエリートに切り替わるら予定です。

米国のマリオット本社からの正式な発表があったみたいです。

※予備知識:エリートステータスの効力は、予約時ではなく、チェックイン時のステータスで対応します。

とうとう、この日が来ましたね。日本時間の2020年3月23日(月)朝3時ごろにマリオットボンヴォイのプラチナエリートがゴールドエリートに戻りました

マリオットボンヴォイのステータス落ちです。プラチナからゴールドに落ちました。

正直、プラチナエリートとゴールドエリートの特典が違い過ぎてとても残念です。

レイトチェックアウト16時が14時に、ウェルカムポイントが1,000ポイントから250 or 500ポイントに、スイートルーム無料アップグレードから同カテゴリーのアップグレードにと、多くの違いがあります。

 

1年前にデスクに確認をしたら、 SPGアメックスに付帯するプラチナエリートは2020年の1月31日まで有効と仰っていました。レイトチェックアウトが16時までなのでクラブフロアで2回目のアフタヌーンティーが楽しめる、レストラン・ラウンジが20%割引などがプラチナエリートの醍醐味となります。

 

衝撃!デスクに確認したら、2020年1月31日までプラチナエリートで、それ以降は・・・

最近、夜、寝れないです・・・。

とても不安だからです・・・。

そう、マリオットボンヴォイのエリート会員の件ですが、僕は今、なんちゃってプラチナエリートにしてもらっていますが、その期限が2020年1月31日までと迫ってきています。

寝不足な目を擦りながら、マリオットボンヴォイプラチナエリートに突撃してみました。

私:「あのぉ〜、僕、マリオットボンヴォイのプラチナエリート会員なのですが、2020年2月以降はどうなりますか。」

ボンヴォイ嬢:「はい。かしこまりました。確認させていただきます。」

ボンヴォイ嬢:「2020年2月以降は一つランクが下がりまして、ゴールドエリートになられます。」

私:「そうですよね。ありがとうございました。・・・。」

というような会話をしまして、マリオットボンヴォイゴールドエリートに格下げ決定となりました。やはり、「なんちゃってプラチナエリート」は期間限定だったようです。

ゴールドエリートになると、レイトチェクアウトが14時までになり、スイートルームへのアップグレードが無くなります。クラブラウンジに宿泊する場合、2回目アフタヌーンティーが利用できなくなり、総合すると、とんでもないメリットが喪失することになります。

さようなら!マリオットボンヴォイさん。
2020年2月以降はマリオットボンヴォイ参加ホテルに集中して宿泊することはなくなります。

マリオットボンヴォイ参加ホテル ご予約

 

2020年1月16日(木)に再度電話をしたのですが、やはり回答は同じでした。

そこで気になるのが、いったい誰がステータスの判断をしているのかというところですが、マリオットデスクやSPGデスクでは判断ができないらしく、米国のマリオット本社がエリート会員の判定を決めているのではないでしょうか。

2018年9月時点で私はゴールドエリートからプラチナエリートにしていただきましたが、その当時もデスクに確認しても詳細は分からないということでした。米国マリオット本社が決めていると思われます。

2020年2月以降のマリオットボンヴォイのステータス会員の判断も米国マリオット本社の判断となると思いますが、通常の基準を満たしていない方は元のステータスに戻るのではないでしょうか。

プラチナエリートからゴールドエリートに戻ると、もう、あんなことや、こんなことも、できなくなるのですね。

 

2020年2月以降はマリオットボンヴォイ参加ホテルに集中して宿泊することは止めて、アメックスプラチナのファイン・ホテル・アンド・リゾート参加ホテルに集中して宿泊するように僕のホテルプランも変更します。ボンちゃん、さよなら。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

SPGアメックスでプラチナエリートになれた話

マリオットボンヴォイ プラチナエリート

SPGアメックスは現在、マリオットボンヴォイゴールドエリート会員が自動付帯されており、マリオットホテル、ザ・リッツ・カールトンホテルでもゴールドエリート会員になることができます。

2018年8月18日の新プログラム統合後もSPGアメックスに付帯するエリートレベルは「ゴールドエリート」となります。

 

 SPGとマリオットやリッツカールトンのステータスを判定する基準には開きがあり、マリオットの方が厳しい判定基準になっていました。それに関連してSPGのポイントとマリオットのポイントの価値も異なっていました。

 2018年8月18日にマリオット、リッツカールトン、SPGは新しいプログラムに統合されました。以前は同一グループのマリオットとリッツカールトンのゴールドエリート会員で受けられる特典・サービスはホテル毎に異なっていました。さらにSPGを買収したことによりSPGのプログラムも加わったことからマリオットも「このままでは収集がつかない。」ということでマリオット、リッツカールトン、SPGの3つのホテルのプログラムを1つに統合して運営していくことにしたのでしょう。2019年2月13日(水)に3つの新しいロイヤルティプログラムの名称が「マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)」としてスタートしました。

2018年8月18日からは新しい1つのプログラムになり、基本的にはどのホテルに宿泊しても付帯するステータス会員の特典・サービスは同一になります。

 そこで気になるのが、「SPGアメックスのゴールドはプラチナ会員になることができるのか?」という疑問なのです。SPGゴールド会員は新プログラムになってもゴールドのまま移行されます。一方、マリオットの場合はマリオットゴールド会員は、新プログラムではプラチナ会員にアップグレードされます。

 SPGアメックスのゴールドとステータスマッチをしたマリオットゴールド会員の場合、
「新プログラムでプラチナになることができるのか?」という疑問が出てきます。

なぜこういう疑問が出てくるのかというと、マリオット、リッツカールトン、SPGの3つのプログラムで、現ステータス会員は新プログラムになると「このステータスになりますよ。」とお知らせがあるからです。

  • 旧SPGゴールド:新プログラム「ゴールドエリート会員」
  • 旧マリオットゴールド:新プログラム「プラチナエリート会員」
  • 旧リッツカールトンゴールド:新プログラム「プラチナエリート会員」


僕の場合、SPGアメックスのゴールドエリート会員になっています。上記の説明では旧ゴールド会員は2018年8月1日以降に「プラチナエリート会員」になることができると記載があるので、SPGアメックスでもプラチナエリート会員になることができると受け取ることもできますよね。(実際には一部のSPGアメックス会員がゴールドエリートからプラチナエリートへ、プラチナエリートからチタンエリートになっています。その判断ですが、それなりにホテル宿泊実績のある方ということだと考えられます。)

 一方、SPGのページで見るとSPGゴールドは新プログラムになってもゴールドエリート会員のままです。もともと、SPGアメックスはSPGゴールドだったので、新プログラムになってもゴールドエリート会員のままだと考えるのが一般的だと思います。でも、まだマリオットから正式な回答が出ていないので、一縷の望みをもって、SPGアメックスでもプラチナエリートになれることを祈るだけです。

結論から申し上げますと、祈りは通じませんでした。SPGアメックスとステータスマッチをしたSPGゴールドエリートは新プログラムではゴールドエリートのままです。現在、ステータスマッチをしたマリオットやリッツカールトンのゴールドエリートの皆様は2018年8月18日以降は新プログラムのゴールドエリートになり、プラチナエリートになることはできません。

現在、マリオットゴールドやリッツカールトンゴールドの方はきちんとルールに従った方法で取得された方のみプラチナエリートにアップグレードされます。ステータスマッチで取得したゴールドエリートはゴールドエリートのままで新プログラムに移行されます。少し残念ですが、仕方ないといえば仕方ないですよね。

マリオットホテルのクラブラウンジが無料になるのは2018年8月17日までですので、ぜひこのお得な期間にSPGアメックスでマリオットのクラブラウンジを無料でご体験ください。

と、上記のようにご紹介しておりましたが、2018年8月18日(米国時間)、2018年8月19日(日本時間)に新プログラムへ統合が行われました。それで、僕も実際にマリオット、リッツカールトン、SPGの3つのサイトにログインをしたのですが、どのホテルサイトでも「プラチナエリート」になっていましたので、非常に驚きました。一部の現在、SPGアメックス会員の皆様は、2019年2月までの期間中はプラチナエリートの特典・サービスを体験できますので、ぜひマリオット、リッツカールトン、SPGに参加ホテルでプラチナの威力をご体験ください。ただし、基本的にはSPGアメックスに付帯されるのはゴールドエリートで、2019年3月以降は実績のない方はゴールドエリートに戻るかもしれません。

2019年3月現在、SPGアメックスにプラチナエリートやチタンエリートが付帯している方は2020年1月31日までステータスが有効ということです。ですので、僕のSPGアメックスもなんちゃってプラチナエリートが付帯しています。

最近、マリオット ボンヴォイ参加ホテルに多く宿泊しています。ザ・リッツ・カールトン、コートヤード  by マリオット、セントレジスホテル 、ウェスティンなどです。僕の場合、SPGアメックスに付帯しているプラチナエリートでレイトチェックアウトが16時まで叶っています。アーリーチェックインも問題なく受け入れていただいています。レストランやラウンジで20%割引は強烈です。たまにスイートルームにアップフレードしていただいています。正直、マリオットボンヴォイのプラチナエリートは価値があります。現在、SPGアメックスの方はゴールドエリートが自動付帯しますので、マリオットプラチナチャレンジできる環境にありますので、ご検討ください。

年間400万円利用でプラチナエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

年間100万円利用でゴールドエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

アメックスプラチナもホテルメンバーシップの特典でマリオットボンヴォイゴールドエリートが付帯します。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

マリオットボンヴォイ参加ホテルにプラチナエリートで滞在しているが、いつまでこの優雅な特典が使えるのか不安

SPGがマリオットに買収されて、ロイヤルティプログラムが新しく「マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)」になりました。2018年8月19日にマリオットにログインしたらマリオットおボンヴォイプラチナエリートになっていまして非常に驚きました。

その後、調子に乗りマリオットボンヴォイ参加ホテルによく滞在しています。さすがにプラチナエリートだけあり、めっちゃぎょーさんのメリットを享受しています。

たとえば、アーリーチェックイン、お部屋のアップグレード(スイートルーム)、レイトチェックアウト(16時まで)、レストランやラウンジで20%割引+マリオットボンヴォイポイント付与など、多くのお得すぎるメリットを受けており、SPGアメックスの年会費は直ぐに取り戻せたと感じており、今はプラスの恩恵をどんどん受けている印象をもちます。

でもね、この優雅な滞在がいつまで続くのかとても不安です。だって、一旦、プラチナエリートになって、スイートルームにアップグレードしてもらったり、レイトチェックアウトが16時まで叶ったりしている環境の中で、明日からロイヤルティプログラムが「ゴールドエリートになります。」と宣告されたらどうしますか?意気消沈しますよね。

プラチナエリートになるには通常、一暦年に50泊以上の滞在実績が必要です。これは正直、外資系の出張族でもありませんし、世界中を飛び回るような環境ではありませんし、非常に厳しいハードルとなります。

僕のなんちゃってプラチナエリートの期限が刻一刻と迫ってきています。2020年の1月末日までが期限ということらしいです。2020年2月からゴールドエリートに元サヤになりそうです。今のうちに存分にマリオットボンヴォイプラチナエリートを満喫したいと思っています。。。

#omg

 

僕のSPGアメックスのプラチナエリートはいつまで?

SPGアメックス プラチナエリート

で、僕のSPGアメックスにはまだマリオットボンヴォイプラチナエリートが付帯しています。2019年1月31日までは特別にプラチナエリートが付帯ということでしたが、どうなるのでしょうか。少々不安です。

マリオットボンヴォイプラチナエリートデスクに確認をすると、2020年1月31日までプラチナエリート会員の資格が適用されるみたいです。嬉しいな。今後も益々マリオットボンヴォイ参加ホテルに宿泊するようになると思われます。

この先も僕のSPGアメックスにマリオットボンヴォイプラチナエリートが付帯するとなると、今後もマリオットボンヴォイ参加ホテル(マリオット、リッツカールトン、SPG)のホテルに泊まることになると思います。だって、めっちゃお得に滞在できるので、マリオット系列のホテルになっちゃう。

以前だと、ヒルトンとかにも泊まっていたのですが、最近はマリオットボンヴォイオンリーとなっています。SPGアメックスなら100円=6ポイントだし、エリートステータスで1米ドルあたり12.5ポイント、100円=6ポイントの合計100円=18.5ポイント相当のホテルポイントももらえるので、とってもお得なんです。SPGアメックスは今後も手放せないクレジットカードになりそう。

 

利用条件付きでSPGアメックスにプラチナエリートが付帯することはあるのか?

最近、デルタアメックスの改悪の話がありましたが、2018年6月26日以降デルタアメックスに自動付帯していたメダリオン資格が利用付帯に変更になります。

 デルタアメックスゴールドは年間100万円以上でシルバーメダリオン、年間150万円以上でゴールドメダリオンが付帯するようになります。年間100万円未満だとメダリオン会員は付帯しません。

 同様にSPGアメックスでも年間利用金額に応じてエリート資格を付帯するようになる可能性は否定できませんね。ひょっとすると、新プログラムのゴールドエリートでさえも年間100万円以上などのSPGアメックスの利用条件が付くかもしれません。プラチナエリートを付帯されるにはSPGアメックスを年間150万円以上利用することが条件になることも想定できそうです。一定金額未満の利用の場合はシルバーエリートに格下げになるかもしれませんね。

万が一、SPGアメックスにプラチナエリートが付帯するとなると、利用条件が設定されることはあるかもしれませんね。

結論ですが、SPGアメックスとステータスマッチしたマリオットゴールドまたはリッツカールトンゴールド会員は新プログラムではゴールドエリートのままです。プラチナエリートにはなれません。新プログラムでプラチナエリートになれる方はきちんとマリオットのルールに従ってゴールドエリートを獲得された方のみとなります。年間50泊以上宿泊の条件を満たした方となります。

と以前ご紹介しましたが、一部の現在SPGアメックス会員でもプラチナエリートになっているらしいです。一応、2020年1月31日まではプラチナエリートの特典・サービスをお楽しみいただけるみたいです。

そして、2019年2月よりマリオットプラチナチャレンジが再開しました。最大約4ヶ月以内に16泊するとプラチナエリートになることができます。SPGアメックスに自動付帯のゴールドエリート会員の方はマリオットプラチナチャレンジに申し込む権利があります。ご検討ください。

 

SPGアメックスがプラチナエリート付帯ならメリットは絶大!

丸い地球が三角になるような大どんでん返しがあって、SPGアメックスでもプラチナステータスになれたとしたら、受けられるメリットは絶大です。

先に結論ですが、丸い地球は丸いままで、三角にはなりませんでした。www
ただし、2020年1月31日まで一部の現在SPGアメックス会員でもプラチナエリートまたはチタンエリートが付帯するらしいです。その期間はマリオット、リッツカールトン、SPGの対象ホテルに宿泊でプラチナエリートまたはチタンエリートの特典・サービスを体験することができます。

マリオットボンヴォイ参加ホテル ご予約


まずは2018年8月1日以降の新プログラムの特典をご紹介します。

新ゴールドエリート会員の特典

  • ご滞在ごとに25%のボーナスポイント
  • 午後2時までのレイトチェックアウト(空室状況による)
  • 無料の客室内高速インターネットアクセス
  • ポイントによるゴールドウェルカムギフト(250ポイントまたは500ポイント/ブランドで異なる)
  • より望ましい客室へアップグレード(空室状況による)
  • エリート専用予約ライン

 

新プラチナエリート会員の特典

  • ご滞在ごとに50%のボーナスポイント
  • 一部スイートを含むより望ましい客室へのアップグレード(空室状況による)
  • ラウンジアクセス権: (朝食付き — JWマリオット、マリオット・ホテル、デルタ・ホテルズ・バイ・マリオット、オートグラフ コレクション・ホテル、ルネッサンス・ホテル、シェラトン、ウェスティン、ルメリディアン)リゾートを除く
  • 午後4時までのレイトチェックアウト
  • 年間ギフトチョイス (5スイートナイトアワードまたはギフトオプション)
  • プラチナウェルカムギフト (500または1,000ポイント、無料の朝食、アメニティから選択、ブランドによってオプションが異なります)


SPGアメックスでプラチナステータスになれるのなら、とんでもない特典が付帯することになります。一番嬉しいのはラウンジアクセス権ですね。ラウンジで朝食、アフタヌーンティ、夕食などの至れり尽くせりのサービスを満喫できます。午後4時までレイトチェックアウトが可能ということは、翌日のラウンジで2回目のアフタヌーンティーも満喫できます。部屋のアップグレードもスイートが含まれてきます。

新プログラムのゴールドエリートでレイトチェックアウトはあくまでリクセストベースに変更になります。現在ですとレイトチェックアウト16時までは確約ですが、2018年8月1日以降は14時まではあくまでリクエウストベースなり、叶わない可能性もありそうです。

SPGアメックスに入会するだけでプラチナエリートが付帯されるとなると、驚きのメリットを享受できるようになりますので、これはまず考えられません。万が一、SPGアメックスでもプラチナエリートが付帯するとなると、SPGアメックスの1年間の利用金額が150万円以上などの条件がつけられそうですね。デルタアメックスゴールドのゴールドメダリオンがそうであるように。

SPGアメックスのゴールドエリートとステータスマッチをしたマリオットゴールドは新プログラムではゴールドエリートのままで、プラチナエリートにはなることができません。

年間400万円利用でプラチナエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

年間100万円利用でゴールドエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

アメックスプラチナもホテルメンバーシップの特典でマリオットボンヴォイゴールドエリートが付帯します。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

ヒルトンアメックスプレミアムなら年間200万円利用でヒルトンオナーズダイヤモンド付帯で年に数回の滞在でも世界中のヒルトンホテルで最上級のおもてなしが体験できる

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

 

じゃ、今からマリオットプラチナ チャレンジができるのか?

SPGアメックスに付帯するゴールドエリートとステータスマッチしたマリオットゴールドまたはリッツカールトンゴールド会員は2018年8月18日からスタートする新プログラムでプラチナエリートにはなることができず、ゴールドエリートのままで変更はありません。

ホテル側が提供する新プログラムのゴールドエリートはかなり改悪となっていて、レイトチェックアウトは現行の「16時まで確約」ではなく、「14時までリクエストベース」へと変更になります。空室状況により一般客と同じように定刻のチェックアウトを求められる場合も想定されます。アーリーチェックインも現行では叶っていましたが、新プログラムのゴールドエリートはかなりランクが下がりましたので、叶わない可能性があります。アーリーチェックインをする場合、追加料金を求められる可能性もあります。

じゃ、今からマリオットプラチナチャレンジをして新プログラムでプラチナエリートになることができるのか?

2019年2月より新プログラムのマリオットボンヴォイでプラチナチャレンジが再開されました。2020年2月より新たなプログラム期間としてプラチナチャレンジが開始されると思います。もし、「プラチナチャレンジするよ」という方は準備をしておいてください。

マリオットプラチナチャレンジとは、最大約4ヶ月間の間にマリオット参加ホテルに16泊すると「プラチナエリートにご招待しますよ。」というお特別なクローズドなキャンペーンです。約16万円でプラチナエリートを取得することができるので、50泊する必要はありません。おそらく、世界中のほとんどの方はプラチナチャレンジでプラチナエリートを獲得していると想像します。だって、年間50泊って毎週マリオットまたはリッツカールトンに宿泊する数字となり、とてつもなくハードですよね。

以前はこのようにご紹介しておりましたが、2018年8月18日の新プログラムを統合後は一部の現在SPGアメックス会員にもプラチナエリートが付帯しました。これは2020年1月31日までの特別対応ということで、プラチナエリートを体験できる期間になっているみたいです。

 

今後、SPGアメックスに付帯のゴールドエリートはどのステータスになるの?

SPGアメックスに自動付帯されるステータスは2018年8月18日以降の新プログラムでもゴールドエリートですので、SPGアメックスを持ってもゴールドエリートのままです。

 上記でもご紹介しましたが、プラチナエリートの特典が凄すぎますので、SPGアメックスを持つだけでプラチナが付帯するとなるとマリオットやSPGの負担は相当なものになると思います。

今まで、SPGゴールドでは本家本元のSPGでさえラウンジが利用できない状況です。マリオットに買収され、ステータスを同一にする特別措置のお陰でマリオットゴールドになれて、マリオットホテルのラウンジを無料で利用できるのは特別優待期間の何ものでもありません。

 そんな美味しい話は今後ないと思いますし、仮にあったとしたら、マリオットが背負う出費が相当大きなものになると考えられるので、残念ながらSPGアメックスは新プログラムではゴールドだと思います。

 万が一、SPGアメックスにプラチナが付帯されるとなると、何かしらの条件が付けられる可能性があります。たとえば、SPGアメックスで年間150万円以上の利用がある場合はプラチナステータスが付帯されるなど。デルタアメックスがそうであるように、自動付帯という美味しい話は今後無くなるのではないでしょうか。

結論ですが、SPGアメックスに付帯するゴールドエリートはステータスマッチをして現マリオットゴールド会員であっても新プログラムではゴールドエリート会員のままです。

 

まとめ!SPGアメックスはプラチナエリートになれるのか?

結論ですが、SPGアメックスのゴールドエリートとステータスマッチをしたマリオットゴールドまたはリッツカールトンゴールド会員は新プログラムでプラチナエリートになることができず、ゴールドエリートのままです。新プラチナエリートになれるのはきちんとルール通りに獲得したマリオットゴールドまたはリッツカールトンゴールド会員のみとなります。そして、マリオットプラチナ チャレンジをされた方は新プログラムでプラチナ エリートになることができます。

SPGアメックスに新規お申し込みの方はマリオットボンヴォイのゴールドエリートが付帯します。

 

年間400万円利用でプラチナエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

年間100万円利用でゴールドエリートが付帯、年間150万円利用で無料宿泊特典もらえる

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

アメックスプラチナもホテルメンバーシップの特典でマリオットボンヴォイゴールドエリートが付帯します。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

ヒルトンアメックスプレミアムなら年間200万円利用でヒルトンオナーズダイヤモンド付帯で年に数回の滞在でも世界中のヒルトンホテルで最上級のおもてなしが体験できる

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

マリオットボンヴォイホテルは2022年も続々と新規ホテルの開業が予定されています。

マリオットボンヴォイホテル 検索