Creca-Style

クレジットカードを実際に利用した体験をご紹介します。

spgアメックスのデメリットをほじくり出してみた!実体験で見えてきたデメリットとは

今や陸マイラーやホテルファンに絶大なる人気を誇るSPGアメックスは多くのメリットがあります。一方、SPGアメックスには見逃しがちなデメリットがあることも事実です。このページではあえてSPGアメックスのデメリットについてご紹介したいと思います。今、SPGアメックスかアメックスゴールドか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。SPGアメックスってデメリットもあるけど、メリットの方が多いかも。僕の実体験ではそのように感じています。特にザ・リッツ・カールトンのクラブレベルに宿泊した時は目ん玉飛び出るんじゃないかと思ったくらい。SPGアメックス 半端ないって!

SPGアメックス 入会キャンペーン

SPGアメックスとよく比較されるアメックスゴールドも見逃せませんね!

アメックスゴールド 初年度年会費無料キャンペーン

アメックスグリーン 初年度年会費無料キャンペーン

 

spgアメックスのデメリット

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックスはゴールド・ダイニング by 招待日和が利用できないというデメリット

SPGアメックスは、アメリカン・エキスプレスのカードのランクではゴールドカードに位置付けられています。アメックスゴールド には「ゴールド・ダイニング by 招待日和」という2名以上の利用で1名分のコース料理が無料になるサービスがございますが、この特典をSPGアメックスでは利用することができないのはデメリットです。

 「ゴールド・ダイニング by 招待日和」の評判はどうなのかというと、結構良い感じのダイニング特典です。たとえば、1名10,000円のコース料理があって、2名で予約する通常20,000円ですが、半額の10,000円で利用することができます。「半額だから接客も味もイマイチなんじゃない?」とお考えの方も多くいらっしゃると思いますが、これが実は全くの逆で、お店としては新規のお客さんに「お店の味を知って欲しい」という願いがありますので、あえて自慢の料理を半額で提供しています。2回目3回目のリピーターになっていただくためのサービスとして提供しています。だから、お得なんです。ホール責任者や料理長自らお見送りしていただいたこともありますよ。

 アメックスゴールドかSPGアメックスのどちらにするかご検討中の方は「ゴールド・ダイニング by 招待日和」をどの程度利用されるかで、ご判断されてみてはいかがでしょうか。

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックスはプライオリティ・パス(PP)が使えないというデメリット

SPGアメックスのデメリットは、アメックスゴールドに付帯している「プライオリティ・パス」が付帯していないことです。

 プライオリティパスとは、世界中で提携している1,000以上のVIP空港ラウンジが利用できるサービスです。利用できるラウンジは各国で異なりますが、航空会社のビジネスクラスの空港ラウンジが利用できたりします。

 世界を股にかけるSPGですが、SPGアメックスにはプライオリティパスが付帯していないので、海外では空港ラウンジを利用できません。もちろん、航空会社の上級会員、
ビジネスクラスまたはファーストクラス搭乗者はそれぞれの航空会社が設けている空港ラウンジが利用できます。

 SPGアメックスを持っていて海外旅行に行く場合、プライオリティパス(現地の空港ラウンジ)が利用できなくて不便に感じるのは普通席でフライトする場合です。
ビジネスクラスやファーストクラスでフライトする場合は航空会社が設けているビジネスクラスラウンジ、ファーストクラスラウンジが無料で利用できます。

唯一、SPGアメックスで海外の空港ラウンジが利用できるのは、ハワイ(ホノルル)のダニエル・K・イノウエ空港と韓国の仁川空港の空港ラウンジです。

SPGアメックスとアメックスゴールドのどちらかを検討中の方は、「海外旅行でプライオリティパスの出番がどれだけあるか?」で判断されてはいかがでしょうか。毎年必ず2回は海外旅行に行く方はプライオリティパスの恩恵がありそうです。

 僕的には空港ラウンジをこだわるより、ホテルにこだわった方が良いと考えています。
空港ラウンジってフライト前の休憩なので、利用する時間も1〜2時間程度だし、頻繁に海外旅行に行かないのであれば、あえてプライオリティパスに重きを置くよりホテル滞在をメインに考えるとSPGアメックスの選択になると思います。

 SPGアメックスにプライオリティパスを考えていらっしゃる方は、楽天プレミアムカードを持つとプライオリティパスが付帯しています。楽天プレミアムカードの年会費は10,000円(税抜)です。

楽天プレミアムカード 入会キャンペーン実施中

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックスは参加できないイベントがあるというデメリット

SPGアメックスのデメリットは、アメリカン・エキスプレスのセンチュリオンライン(百人隊長)会員限定のイベントに参加できないことです。

 具体的には2017年からスタートした期間限定の「アメックスカフェ」です。こちらに参加できるカード会員は、アメックスグリーン、アメックスゴールド、アメックスプラチナ、アメックス センチュリオン会員となっており、SPGアメックス会員は利用することができません。

 

期間限定のアメックスカフェ

  • 東京国立博物館内のゆりの木のアメックスカフェ(春)
  • 東急プラザ銀座のアメックスカフェ(夏)
  • 表参道や代官山のアメックスカフェ(秋)

など、センチュリオンライン(百人隊長)のアメリカン・エキスプレスのカード会員限定イベントとなります。この素敵なイベントにSPGアメックス会員は参加できません。

アメックスのイベントが大好きな方はアメックスゴールドまたはアメックスグリーン一択となりそうです。このイベントって、僕も実際に体験しましたが結構楽しかったりします。アメリカン・エキスプレス会員専用のリザーブシートが用意されていて、窓際の良席がアメックス会員専用になっています。また、アメリカン・エキスプレス会員専用のメニューがあり、とても楽しく、美味しくアメックスカフェを体験できますよ。このイベントはぜひ押さえておきたいので、SPGアメックス会員が参加できないのはデメリットとなります。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックスはお友達ご紹介プログラムで紹介できるのはSPGアメックスだけというデメリット

SPGアメックスのデメリットとして、SPGアメックス会員が「お友達ご紹介プログラム」を経由して知人や友人を紹介しようとしてもSPGアメックスのみ紹介の対象カードとなります。アメックスグリーンやアメックスゴールド、ANAアメックスは紹介キャンペーン経由で紹介することができません。

万が一、お友達が「どうせ持つなら有名なアメックスゴールドがいい!」となった場合、紹介することがでないのがデメリットですね。でも、このお友達ご紹介プログラムはSPGアメックスを持つにあたり、そんなに大きいデメリットではなさそうですね。

gold-ax.hatenablog.jp

 

貯めたポイントは全てホテルのポイントに移行されるというデメリット

センチュリオンライン(百人隊長)のアメリカンエキスプレスのカードで貯めたメンバーシップリワードのポイントは使い道が豊富に用意されています。日常使いに嬉しい商品券、家電、参加型イベント、航空会社のマイルなどにポイントを交換することができます。

 一方、SPGアメックスのデメリットとして、貯めたポイントはホテルのポイントとして貯まります。ですので、ホテルが決めたポイントの使い方一択となります。生活に密着した商品券に交換できないのがSPGアメックスのデメリットとなります。

ホテルのポイントに移行されるのはデメリットだけではありません。SPGアメックスのメリットは、ホテルのポイントを無料宿泊アワードに交換してリワードプログラムに参加する高級ホテルに無料で宿泊できることです。また、お部屋のアップグレードやクラブラウンジ利用にもホテルのポイントが使えます。SPGアメックスには特典でお部屋のアップグレードがありますが、空室状況によりない場合もありますし、さらにアッパークラスのお部屋に宿泊したいときにホテルのポイントを利用してアップグレードすることができます。一見さんはすべて現金を支払うことでこれらを叶えますので、それを日常使いで貯めたポイントを利用できるのはメリットですね。

 ホテルのポイントはJALやANAのマイルに交換することができます。2014年2月よりアメリカンエキスプレスのメンバーシップリワードのポイントはJALのマイルに交換できなくなりましたが、SPGアメックスだけがJALのマイルに交換することができるんです。これはホテルのポイントからJALマイルに交換するから叶うことなんです。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックスを持つと、宿泊するホテルがマリオット、リッツカールトン、SPGになってしまうというデメリット

SPGアメックスを持つと、旅行や出張で宿泊するホテルが限定される可能性があります。マリオット、リッツカールトン、SPGのマリオットインターナショナル参加のホテルに限定されるかもしれません。

折角のSPG提携カードですので、お得にホテルの特典・サービスを享受したい、お得にポイントを貯めたい衝動に駆られるためです。僕もそうですが、以前だとその時々の状況によりホテルを決めていましたが、SPGアメックスを持ってからはリッツカールトン、マリオット、SPGに限定されるようになりました。w

でも、これって悪いことではなく、SPG提携のアメリカン・エキスプレスのカードなので当然の成り行きとなり特にデメリットでもないかもしれません。訪れる都市にマリオットインターナショナル参加のホテルがあると嬉しくなりますね。

ANAアメックスならANA運行便を選んで搭乗するし、デルタアメックスならデルタ運行便を選んで搭乗するのと同じで、提携する会社を贔屓にするのは当然の流れですよね。
SPGアメックスならマリオットインターナショナル参加ホテルを選んで宿泊するのはデメリットではないかもですね・・・。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックスは年会費が高いことがデメリットなの?

SPGアメックスの年会費は31,000円(税抜)と高額な年会費となります。他社のプラチナカードの年会費となりますが、SPGアメックスのカードランクは「ゴールドカード」なんです。

 もともと、アメリカン・エキスプレスのカードは、他社のワンランク上の設定になっていて、アメックスグリーンで他社のゴールドカード、アメックスゴールドやSPGアメックスは他社のプラチナカードに相当します。付帯されている特典・サービスも他社プラチナカードレベルとなっており、とても手厚い内容になっています。なので、「付帯されている特典・サービスをどれだけ利用するのか」でアメックスゴールドやSPGアメックスの価値が決まってきます。多く利用される方にとっては年会費は安く感じられますし、あまり利用されない方には年会費が高く感じられると思います

 広く言われているのは、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブなどのT&Eカードは、単なる決済手段として持つクレジットカードではなく、「付帯されている特典・サービスがどれだけあるのか」で価値が決まると言われています。余暇を楽しむためのカードがT&Eカードですので、旅行やエンターテインメント特典が充実していて、その分年会費も高めに設定されています。単に日々の決済だけを考えると、当然、VISAやMasterCardの方が加盟店が多いので世界中で不便はしません。

このクレジットカードの年会費のお話になると、特にアッパークラスのカードで顕著になってきます。アメックスプラチナやダイナースプレミアムには多くの特典・サービスが付帯されていますが、ほとんど利用されない方には年会費が相当高く感じられますが、よく利用される方には逆に安く感じられるのではないでしょうか。

 SPGアメックスはホテル提携カードですので、参加するホテルでの利用で絶大なるメリットを受けることができます。先ほどもご紹介しましたが、SPGアメックスを持つと宿泊するホテルはマリオット、リッツカールトン、SPGに限定されるというお話は結局、使えば使うほど年会費以上のメリットを受けられるからではないでしょうか。

 僕が実際にSPGアメックスを持って、利用してそれを強く感じました。SPGアメックスを持って、リワードプログラム参加のホテルに宿泊すると、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、部屋のアップグレードなど、一見さんは有料となるサービスを全て無料で受けることができます。そのホテルによりますが、価値としては数万円になると推測されます。これだけ見てもSPGアメックスの年会費が高いというデメリットはなく、むしろ絶大なるメリットの方が大きいです。

 SPGアメックス には、すぐに年会費の元は取り戻せるだけのパフォーマンスは
備わっていると感じています。そのように感じるためにはSPGアメックスを使ってリワードプログラム参加ホテルに宿泊しましょう。ただし、これらの特典・サービスは、季節要因、その日の空室状況により異なります。あまり期待しすぎると逆に不快な思いをしますので、「あれば嬉しいな!」くらいで考えておくと、実際に「あった!」時に嬉しさ倍増ですね。

で、これらの恩恵を受けやすいのは閑散期に利用することです。閑散期とは、基本的に大型連休以外、週末以外、休み前日以外の平日、海水浴メインのホテルを冬に利用するであったりします。つまり、皆さんが利用しない日を選ぶとお得が増えるかもしれません。

SPGアメックス 入会キャンペーン

アメックスゴールド 初年度年会費無料キャンペーン

アメックスグリーン 初年度年会費無料キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp