Creca-Style

ホテル、旅行、マイル、アメックスなど体験談をご紹介します。<クレカスタイル>

★★ 当サイトおすすめ2券種 ★★

 

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)


アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

マリオットボンヴォイアメックス

・マリオットボンヴォイアメックスを2年目以降更新ごとに無料宿泊特典がもらえる(利用条件あり)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(日本国内)
・貯めたポイントを無料宿泊や客室のアップグレードに交換可能


マリオットボンヴォイアメックスプレミアム 入会キャンペーン

 

※2022年3月9日、SPGアメックスは「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」へ変更になりました。

 

【強烈❣】マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードにプラチナエリートが自動付帯!1ドル=21ポイント、無料宿泊特典85,000ポイント、25泊分エリートナイトクレジット

マリオットボンヴォイアメックスですが、何と、アメリカのマリオットボンヴォイアメックスが大幅アップデートしました!

かなり衝撃的な内容となっています。

マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードが刷新、新しく一般カードとしてマリオットボンヴォイべヴィーカードが誕生しました。

マリオットボンヴォイブリリアントアメックス

今までアメリカのマリオットボンヴォイアメックスは個人用のブリリアントカードとビジネスカードの合計2枚体制で発行となっていましたが、2022年9月より日本と同様に個人カードは一般カードと上級カードの2タイプで発行となりました。

日本と同様に一般カードと上級カードの2タイプがあるとライフスタイルに応じて選択できるのはメリットが大きいです。

年に数回の旅行にお出掛けの方はべヴィーアメックス、休みのごとに旅行にお出掛けの旅好きな方はブリリアントアメックスと使い分けができるのは嬉しいです。


日本発行のマリオットボンヴォイアメックスは2タイプの用意があります。
ゴールドエリート付帯のプレミアムカード、シルバーエリート付帯の一般カードで、選ぶことができる。

一般カード

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

上級カード

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

世界139の国と地域に30のブランド、8,000を超えるホテル/リゾートを展開

マリオットボンヴォイホテル 検索

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

【目次】

 

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスが大幅アップデート

マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカード

 

2022年9月、アメリカのマリオットボンヴォイアメックスが大幅なアップデートをしました。

今まで個人用はマリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードの1枚のみでしたが、新しくマリオットボンヴォイべヴィーアメックスカードが誕生しました。

個人用カードで一般カードと上級カードの2枚体制の発行となり、日本のマリオットボンヴォイアメックスと同様に選べるのは嬉しいです。

しかし、アメリカと日本のマリオットボンヴォイアメックスに付帯する特典・サービスは全く異なります。

アメリカンエキスプレスはグローバル企業で、世界中で支社を展開していますが、実際は各国に合わせた特典・サービスを提供しています。


今回は、アメリカのマリオットボンヴォイアメックスのお話となりますが、上級カードとなるマリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードは名称そのままに大幅なアップデートが実施されました。

そして、新しく一般カードとしてマリオットボンヴォイべヴィーカードが誕生しました。

 

日本とアメリカのマリオットボンヴォイアメックスを比較した場合、アメリカの方が一段上のステータスが付帯しています。

アメリカの一般カードであるべヴィーアメックスはマリオットボンヴォイのゴールドエリートが自動付帯ですが、日本はシルバーエリートが付帯しています。

アメリカの上級カードであるブリリアントアメックスはプラチナエリートが自動付帯ですが、日本はゴールドエリートが付帯しており、年間400万円以上の利用でプラチナエリートが付帯する条件付きプラチナエリートとなっています。

さらにマリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードはプライオリティパスが付帯するので、ホテル系クレジットカード最強となります。

もちろん、年会費の違いが付帯する特典・サービスの違いになるので納得できます。


今後、日本でもマリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードと同様にマリオットボンヴォイプレミアムカードにプラチナエリートが自動付帯、プライオリティパスが付帯となると、ホテル系クレジットカードでは最強になると思いますが、採用されるでしょうか?

そうなると、アメックスプラチナと比較になりますが、難しい選択肢になるのは必至ですね。


日本発行のマリオットボンヴォイアメックスは2タイプの用意があります。

一般カード

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

上級カード

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

 

日本発行のアメックスプラチナ

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメリカのマリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードにプラチナエリートが自動付帯の衝撃!

マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカード

 

今回のアメリカのマリオットボンヴォイアメックスのアップデートで一番衝撃的だったのが、マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードに入会だけで、マリオットボンヴォイのプラチナエリートが自動付帯することでした。


「ついにココまで来たんだ!」というのが正直な感想です。

修行不要で、エグゼクティブラウンジが無料や16時までレイトチェックアウトが叶うなんて、夢のようですね。


一般的にマリオットボンヴォイのプラチナエリートは年間50泊という相当厳しい条件が設定されたステータスで、一般の方であれば到達はかなり難しいです。

年間で50泊という基準ですが、1泊15,000円のホテルで計算しても年間750,000円が必要になりますが、年会費650ドルで手にすることができます。


マリオットボンヴォイの会員プログラムはゴールドエリートとプラチナエリートに見えない線が引かれており、この境界線で提供される特典・サービスが全く異なります。

例えば、エグゼクティブラウンジが無料でアフタヌーンティー、イブニングカクテル、朝食が無料、16時レイトチェックアウト、ウェルカムギフトで1,000ポイントなど、ワンランク上の滞在が叶います。

これが年会費650ドルで叶うなら、旅好きな方なら飛びつく内容になっています。


日本のマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードでプラチナエリートが自動付帯になるとすれば、大人気のクレジットカードになるでしょう。

日本でも導入となると、年会費は15万円以上の設定になるでしょう。

 

超希望❣日本のマリオットボンヴォイアメックスプレミアムにプラチナエリート、プライオリティパスの付帯を期待しています!

gold-ax.hatenablog.jp

 

ヤバすぎ!アメリカのマリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードが大幅アップデート!

マリオットボンヴォイブリリアントアメックス

 

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスの個人カードが一般と上級の2枚体制で発行がスタートしました。

元々、上級カードとして用意のあったマリオットボンヴォイリリアントアメックスカードが大幅アップデートしました。


なんと!マリオットボンヴォイのプラチナエリートが自動付帯しました。

通常、マリオットボンヴォイのプラチナエリートは年間50泊以上の宿泊実績が求められる到達の難しいステータスですが、マリオットボンヴォイアメックスブリリアントカードを持つだけで自動付帯するのはメリット絶大です。

マリオットボンヴォイ系列ホテルの滞在でエグゼクティブラウンジを利用したり、16時までのレイトチェックアウトが叶ったりするので、年会費650ドルを払ったとしても十分元は取れそうです。

それ以外にもマリオットボンヴォイ系列ホテルの支払い1ドル=21ポイントと大きくポイントが貯まります。


無料宿泊特典も85,000ポイントまでのホテルが対象になります。

これにトップオフが加わると、エディションやザ・リッツ・カールトンなど「プレミアムカテゴリー」の最上級ホテルへの無料宿泊も叶いそうです。

エリートナイトクレジットも25泊分が付帯するそうで、チタンエリートまで年間50泊するだけで到達できます。


至れり尽くせりのマリオットボンヴォイアメックスブリリアントカードですが、アメリカはめっちゃ優遇されていますね。

日本でもぜひ、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードにこれらの特典を付帯していただきたいです。

そうなると、年会費が怖いですね。

おそらく、日本のマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードにプラチナエリートが自動付帯したり、無料宿泊85,000ポイント付与などがあると、年会費は15万円ほどになりそうです。

プラチナエリート自動付帯カードを期待したいです。

日本発行のマリオットボンヴォイアメックスは2タイプの用意があります。

一般カード

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

上級カード

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

 

新しくアメリカでマリオットボンヴォイベヴィーアメックスカードが誕生

マリオットボンヴォイべヴィーアメックスカード

 

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスは、個人用にブリリアントアメックスカードと仕事用の2枚の発行でしたが、個人用に一般カードとしてマリオットボンヴォイアメックスべヴィーカードが新しく誕生しました。


一般カードといっても年会費は250ドルで、日本円に換算すると35,750円と、ゴールドカード相当の高級クレジットカードになります。


マリオットボンヴォイベヴィーアメックスカードも相当な優遇特典が付帯しています。

入会するだけでマリオットボンヴォイのゴールドエリートが自動付帯します。

年間で15,000ドルの支払いをすると、毎年50,000ポイントの無料宿泊特典がもらえます。

エリートナイトクレジットは15泊分がもらえます。


年会費は250ドルですが、お得なべヴィーカードになっています。


日本でべヴィーアメックスカードを発行するとなると、相当人気が出そうです。

 

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスの年会費

アメリカで発行されているマリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードとマリオットボンヴォイべヴィーアメックスカードの年会費をご紹介します。

付帯特典から考えると、相当お得な年会費設定になっています。

 

■マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカード年会費

年会費:650ドル

※日本円換算:92,950円(143円)


■マリオットボンヴォイベヴィーアメックスカード年会費

年会費:250ドル

※日本円換算:35,750円(143円)

 

アメリカのマリオットボンヴォイアメックス新規入会キャンペーン

マリオットボンヴォイ ブリリアントアメックス、ベヴィーアメックス

 

アメリカで発行する2つのマリオットボンヴォイアメックスの新規入会キャンペーンを実施中です。

新規入会キャンペーンでもかなりお得にポイントを獲得することができます。

 

キャンペーン期間:2023年1月11日まで


■マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカード

マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードに新規入会後、3ヶ月以内に5,000ドルを利用すると、150,000ポイントがもらえます。

■マリオットボンヴォイベヴィーカード

マリオットボンヴォイベヴィーアメックスカードに新規入会後、3ヶ月以内に4,000ドルを利用すると、125,000ポイントがもらえます。

 

アメリカのマリオットボンヴォイアアメックスのポイントを比較

アメリカで発行するマリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードとベヴィーアメックスカードのポイントを比較します。

ブリリアントアメックスカードと日本のプレミアムカードを比較した場合、プレミアムカードの方がポイント付与はお得な感じです。

 

■マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカード

  • マリオットボンヴォイ系列ホテル:1米ドル=6ポイント
  • 世界中のレストランと航空会社:1米ドル=3ポイント
  • 一般利用:1米ドル=2ポイント

 

■マリオットボンヴォイベヴィーアメックスカード

  • マリオットボンヴォイ系列ホテル:1米ドル=6ポイント
  • 米国内を含む世界中のレストランでテイクアウトやデリバリー、米国内のスーパーマーケット:1米ドル=4ポイント(合計15,000ドルまで、以降は2ポイント)
  • 一般利用:1米ドル=2ポイント

 

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスのホテル滞在のポイント

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスはマリオットボンヴォイ系列ホテルの滞在で大きくポイントが貯まる。

ブリリアントアメックスカードなら1米ドル=21ポイント、べヴィーアメックスカードで1米ドル=18.5ポイントとかなり優遇されています。

 

■マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカード

マリオットボンヴォイ系列ホテルの滞在で、1米ドル=21ポイントがもらえます。


内訳

  • マリオットボンヴォイ系列ホテル利用:1米ドル=6ポイント
  • マリオットボンヴォイのプラチナエリート:1米ドル=15ポイント

合計1米ドル=21ポイント

 

■マリオットボンヴォイベヴィーアメックスカード

マリオットボンヴォイ系列ホテルの滞在で、1米ドル=18.5ポイントがもらえます。


内訳

  • マリオットボンヴォイ系列ホテル利用:1米ドル=6ポイント
  • マリオットボンヴォイのゴールドエリート:1米ドル=12.5ポイント

合計1米ドル=18.5ポイント

 

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスのカード別の限定特典

アメリカのマリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードとマリオットボンヴォイベヴィーアメックスカードはそれぞれに限定した特典が備わっています。


マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカード

■300ドルのダイニングステートメントクレジット

マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードを利用して、対象となる支払いに利用すると、最大300ドル(月額最大25ドル)のレストランクレジットがもらえます。

 

■アーンドチョイスアワード

毎年、マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードで対象となる60,000ドル以上の支払いをすると、ブリリアントアーンドチョイス特典がもらえます。

1暦年に1回の選択になります。


■オプション
5スイート ナイト アワード
マリオットボンヴォイブティックのベッドが750ドル割引
最大85,000ポイントの無料宿泊特典

 

■100ドルのマリオットボンヴォイホテルクレジット

ザ・リッツ・カールトンまたはセントレジスで2泊以上の対象となる滞在をすると、最大100ドルのホテルクレジットがもらえます。

 

マリオットボンヴォイベヴィーアメックスカード

■滞在ごとに1,000ボーナスポイント

マリオットボンヴォイ系列ホテルに直接予約した有料の対象となる滞在ごとに1,000ボーナスポイントがもらえます。

 

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスに付帯するエリートステータス

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスの2つのカードは入会で自動的にマリオットボンヴォイのエリートステータスが付帯します。


■マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカード

マリオットボンヴォイのプラチナエリートが自動付帯します。

これは年間50泊分に相当、金額にすると1泊15,000円のホテルでも750,000円に相当します。

 

■マリオットボンヴォイベヴィーアメックスカード

マリオットボンヴォイのゴールドエリートが自動付帯します。

これは年間25泊分に相当、金額にすると1泊15,000円のホテルでも375,000円に相当します。

 

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスの無料宿泊特典

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスの2つのカードは無料宿泊特典がもらえます。

ただし、ブリリアントアメックスカードは無条件、べヴィーアメックスカードは利用条件付きになります。

 

■マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカード

マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードのカード更新後に、毎年1泊分(85,000ポイント)の無料宿泊特典がもらえます。

特に条件は無く、カード更新だけで85,000ポイントまでのホテルに無料宿泊できるポイントがもらえます。


■マリオットボンヴォイベヴィーアメックスカード

マリオットボンヴォイベヴィーアメックスカードで対象となる支払いを年間で15,000ドルの支払いをすると、毎年1泊分(50,000ポイント)の無料宿泊特典がもらえます。

前年の1年間に15,000ドルの対象となる支払いが条件になります。

 

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスのエリートナイトクレジット

やはりアメリカのマリオットボンヴォイアメックスは優遇されています。

マリオットっボンヴォイのエリートナイトクレジット(宿泊実績)をみても相当な優遇となっています。

一般カードのマリオットボンヴォイべヴィーアメックスカードは年会費250ドルですが、エリートナイトクレジットは15泊分が付帯しています。


上級カードのマリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードは年会費650ドルですが、25泊分のエリートナイトクレジットが付帯します。

25泊ですが、1泊15,000円で計算しても375,000円に相当する特典が付帯することになります。


マリオットボンヴォイで25泊というと、ゴールドエリートに相当するエリートナイトクレジットが付帯するので、残り50泊でチタンエリートに到達することができます。

元々プラチナエリートが付帯するので、ホテル修行すrにも最上級の滞在をしながらチタンエリートを狙うことができます。

万が一、チタンエリート修行が不発に終わったとしても、プラチナエリートは維持されるので、エグゼクティブラウンジ無料や16時レイトチェックアウト(当日の空室状況による)は叶います。


エリートナイトクレジットに関しても相当優遇されています。

 

アメリカのマリオットボンヴォイアメックスのプライオリティ・パス・セレクト

ホテル系クレジットカードが最強クレジットカードになるには何が必要になるのか?

それは空港ラウンジではないでしょうか。

それも世界中の空港ラウンジが利用できるとなると、陸と空は制覇できることになります。


移動する交通手段は飛行機になると思いますので、チェックイン後やトランジットの合間に利用できる空港ラウンジは重宝します。


上級カードのマリオットボンヴォイブリリアントアメックスカードはプライオリティパスセレクトが付帯するので最強ホテル系クレジットカードを手にすることになりそうです。

「プライオリティパスセレクト」は、米国の金融機関を経由して提供されるプライオリティパスの会員資格です。

空港ラウンジでもアメリカのマリオットボンヴォイアメックスは優遇されています。


今後、日本のマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードにプライオリティパスが付帯することを願っています。

 

日本のマリオットボンヴォイアメックスプレミアムにプラチナエリートやプライオリティパス付帯はあるのか?

アメリカンエキスプレスは本国アメリカで新しいプロダクトを開発・提供します。

その状況を見て、高評価であれば各国のアメリカンエキスプレス支社で提供を開始します。

本国アメリカのプロダクトをベースとして、各国でアレンジをして提供します。

 

マリオットインターナショナルがスターウッドホテルを買収した時も、会員プログラムを統合して「マリオットボンヴォイ」となり、提携クレジットカード、マリオットボンヴォイアメックスが誕生した時もアメリカでいち早く提供がスタートしました。

その約3年半後の2022年2月にマリオットボンヴォイアメックスが日本で導入されました。


上記のことを考えると、日本のマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードも今後の年会費値上げ、特典・サービスの刷新のタイミングで、マリオットボンヴォイのプラチナエリートやプライオリティパスの付帯はあるかもしれません。

ではそのタイミングはいつ?

あるとすれば、3〜5年後になるのではないでしょうか。


それは、アメックスセンチュリオンやアメックスプラチナのデザインカードやアメックスゴールドのメタルカードがそうであるように。

日本発行のマリオットボンヴォイアメックスは2タイプの用意があります。

一般カード

マリオットボンヴォイアメックスカード 入会キャンペーン

上級カード

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

 

日本発行のアメックスプラチナ

アメックスプラチナ 入会キャンペーン