クレジットカードのCreca-Style

クレジットカードを実際に利用した体験談をご紹介します。

当サイトおすすめ2券種

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)

アメックスプラチナ お申し込み可能。入会キャンペーン

 

SPGアメックス

・SPGアメックスを2年目以降、更新毎に無料宿泊特典がもらえる(マリオットやウェスティンなど)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイ参加ホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(アジア太平洋地域)
・貯めたポイントをJALやANAのマイル、無料宿泊に交換可能

SPGアメックス 入会キャンペーン

 


※アメックスゴールド、アメックスグリーンの初年度年会費無料キャンペーンは終了しました。

 

衝撃!デルタアメックスが改悪? 【サービス改定】家族カード年会費無料、ゴールドメダリオン利用付帯、ポイント最大1.5倍へ

デルタアメックスの特典・サービスが2018年6月26日より新しくなりました。これは改悪なのか、改善なのか、微妙なところですが、今回の改定内容を踏まえ私なりに考えてみました。

「デルタアメックスのカードは家族カードが1枚年会費無料、海外利用を最大1.5倍にしましたので、デルタアメックスのカードをたくさんお使いください。そうすることでメダリオン資格は実質自動付帯になります。」というメッセージなのかなと感じています。

今まで通りデルタアメックスをメインで利用されていた方には改善だし、あまり利用していなかった方には改悪になります。

 デルタアメックスの最大の魅力はメダリオン自動付帯で、特にデルタアメックス ゴールドにはゴールドメダリオンが自動付帯しており、多くの特典・サービスを享受することができました。しかし、これが2018年6月26日よりカード利用状況に変更されます。年間カード利用が100万円未満の場合、メダリオン資格は付帯されません。...orz

デルタアメックスゴールド 入会キャンペーン

デルタアメックスカード 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

【目次】

 

デルタアメックスが改悪なのか?サービスが改定します

デルタアメックス

2018年6月26日よりデルタアメックスゴールド、デルタアメックスカードでサービス・特典の大幅な改定が行われ、新サービスがスタートします。これは改悪なのか改善なのか?

主な変更点ですが、家族カードが1枚目年会費無料になります。海外でのカード利用がゴールドカードで1.5倍、クラシックカードで1.3倍になります。メダリオン資格が年間利用金額で付帯または無しになります。1年間のカード利用ボーナスマイルが廃止となります。それ以外のご入会ボーナスマイル、ファーストフライトボーナスマイル、カード継続ボーナスは継続します。

 

デルタアメックスのサービス改定によるメリット・デメリット

デルタアメックスゴールド、デルタアメックスカードに付帯するサービス・特典が2018年6月26日から変更されます。

大きく分けて4つの変更点があり、2つのメリットと2つのデメリットと丁度半分づつになり、持つ方の環境によりこの後はメリットとなるのか、デメリットになるのか分かれるところですね。

まず、メリットですが、家族カードが1枚目年会費無料になります。デルタアメックスゴールドで12,000円(税抜)、デルタアメックスカードで6,000円(税抜)が無料になるのでメリットは大きいです。

もう一つのメリットとして、デルタアメックスを海外で利用する際のマイル付与率がデルタアメックスゴールドが1.25倍から1.5倍に、デルタアメックスカードが無しから1.3倍になりますので、海外でよくご利用の方はマイルがいつもより多く貯まるメリットがあります。特にデルタアメックスカードは海外利用でボーナスマイルが無しから1.3倍になるのはメリットが大きいですよね。特にハワイは人気路線なので、現地のお買い物の楽しくなりそうです。

デメリットとして、メダリオン資格が自動付帯から1年間のカード利用金額に応じて付帯または付帯無しに変更になります。これは通常デメリットになりますが、メインでデルタアメックスを利用されている方にはそれほど大きなデメリットとはなりませんが、

あまり使っていなかった方にとっては自動付帯から利用付帯に変更になることはデメリットが大きいです。

メダリオン会員資格が1年間のカード利用金額に応じて付帯または無しなるので、それを少しでも回避するための施策として家族カード1枚目年会費無料になることで家族と一緒にカードが使えるので、利用金額が増えることでメダリオン資格に到達しやすくなり、マイルが貯めやすくなるということもございます。

もう一つのデメリットとして、デルタアメックスのカードを利用して年間100万円毎にもらえていたボーナスマイルが廃止されます。デルタアメックスゴールドは5,000マイル、デルタアメックスカードは3,000マイルのボーナスマイルが廃止されます。

 

デルタアメックスの家族カードが1枚目年会費無料

デルタアメックス 家族カード1枚目年会費無料

デルタアメックスゴールド、デルタアメックスカードでそれぞれ家族カードが1枚目年会費無料になります。

今回のサービス改定で家族カードの年会費が1枚目無料になることの意味は非常に大きいです。それは後にご紹介するメダリオン資格が今までのように自動付帯ではなく、利用付帯に変更されることに影響してきます。1年間の利用金額に応じて次年度のメダリオン会員資格のランクが変更になったり、付帯無しになったりするからです。家族カード1枚目が無料になることで家族と一緒にデルタアメックスのカードを利用できるよになり、設定された金額の基準をクリアしやすくなるためです。さらに家族カードの利用分のマイルも基本カードに集約され効率的にデルタスカイマイルを貯めやすくなるメリットも出てきます。

 

家族カード年会費無料の適用日

2018年6月26日から

 

2枚目以降のデルタアメックス家族カード年会費

  • デルタアメックスゴールド家族カード年会費:12,000円(税抜)
  • デルタアメックスカード家族カード年会費:6,000円(税抜)

 

家族カードの注意事項

ゴールドメダリオンやシルバーメダリオンなど会員資格は基本カード会員のみ有効となります。すでに家族カードをお持ちの場合は、2018年6月26日以降に適用となります。家族カードを2枚目以降お持ちの場合は入会日が早い1枚目のカードが無料の適用となります。2枚目以降の家族カードはデルタアメックスゴールドで12,000円(税抜)、デルタアメックスカードで6,000円(税抜)になります。

デルタアメックスゴールド 入会キャンペーン

デルタアメックスカード 入会キャンペーン

 

デルタアメックスの海外利用でボーナスマイル

デルタアメックス

デルタアメックスゴールドを海外で使うと1.25倍のマイルが貯まりましたが、2018年6月26日以降はデルタアメックスゴールドで1.5倍、ボーナスマイルの無かったデルタアメックスカードで1.3倍のマイルが貯まるようになります。

特にデルタアメックスカードは元々、海外利用でボーナスマイルは付かなかったのでメリットが増えた感じですね。デルタアメックスゴールドも1.25倍から1.5倍にアップしていますので、海外をメインに利用されている方はどんどんマイルが貯まる印象ですね。

ボーナスマイル適用時期:2018年6月26日から外貨建てでマイルを利用した際にボーナスマイルが適用されます。通常、100円=1マイルのところ、デルタアメックスゴールドは1マイルにつき0.5マイル、デルタアメックスカードは1マイル0.3マイルがボーナスマイルとして加算されます。

 

デルタアメックスは利用金額に応じてメダリオン会員資格が付帯に

デルタアメックス メダリオン

今までデルタアメックスゴールドにはゴールドメダリオンが、デルタアメックス カードにはシルバーメダリオンが、カードの利用有無に関わらず自動付帯されていました。

2018年6月26日より利用金額に基づいてデルタ航空のメダリオン資格のステータスを判定し、付与されたり無しになったりします。

たとえば、デルタアメックスゴールド会員なら初年度はゴールドメダリオンが自動付帯され、初年度のカード利用金額に応じて2年目に付帯するメダリオンが判定されます。

  • 150万円以上利用:ゴールドメダリオン
  • 100万円以上の利用:シルバーメダリオン
  • 100万円未満:メダリオン付帯なし


デルタアメックスカード会員なら初年度シルバーメダリオンが自動付帯され、初年度のカード利用金額に応じて2年目に付帯するメダリオンが判定されます。

  • 100万円以上利用:シルバーメダリオン
  • 100万円未満:メダリオン付帯なし

 

ゴールドメダリオン資格を付帯させるためには1ヶ月あたり125,000円を利用する必要があります。結構、大きな金額となりますので、支払えるものは全てデルタアメックスゴールドで支払うようにしましょう!

この新しいメダリオン取得プログラムが開始した後、初回のプログラム期間終了日まではカードの種類に応じたメダリオン資格が適用されます。取得プログラムの開始日およびプログラム期間は、各カード会員のカード入会日、切替日により異なります。

年間のデルタアメックスの利用金額に応じて次年度のメダリオン資格が判定されるようになるので、1年を通じて利用金額に気をつけながら利用する必要が出てきました。これを考えるだけでも非常に煩わしいと思います。

メダリオン会員資格取得プログラムに関する注意事項に多くの記載がありますので、よく読んでおいてください。メダリオン判定で利用金額に関することでクレームになる可能性が多くありそうです。

カード利用集計はカード利用日を基準とするみたいですが、加盟店からカード利用データ到着がプログラム期間終了日以降となった場合は集計対象外になる。とありますが、
これが結構難しい問題になってきます。加盟店によっては利用データの到着に1ヶ月以上掛かる場合もあるみたいなので、注意が必要となります。

このことを考えると、ゴールドメダリオンで150万円以上と基準がありますが、150万円を少し超える利用ではなく、万が一のことを考えると、150万円より多めに利用する必要も出てきます。

もう一つ注意する事として、カードの切り替えのタイミングですが、カードを切り替えた場合はカード利用金額はリセットされ、切り替えた日から新たな利用金額の集計がスタートします。年間2回以上カードを切り替えた場合、メダリオン資格が提供できない場合もあるみたいです!メダリオン会員資格は基本カード会員にのみ提供されます。

この手の「利用金額に応じてもらえるキャンペーン」みたいなもので僕も何度も経験しているのですが、日々利用金額が非常に気になり、よくデスクに電話をして上がっている金額を教えていただくなど、とても大変な期間もありました。現在ではアメックスのサービスアプリを見て確認できますので、睨めっこが続きそうです。

年間150万円や100万円以上の場合、1年間ずーっと利用金額を気にすることになりますので、相当大変になります。ですので、毎月の固定費をデルタアメックスで払い、どのくらい不足するのかを考え、後は毎月利用するであろう金額を消費するということになりそうです。

 

デルタアメックスのカード利用ボーナスマイルが終了

デルタアメックス

2018年6月26日から始まる新プログラムからデルタアメックスの1年間のカード利用に応じたボーナスマイルが終了しました。

100万円利用毎にボーナスマイルがもらえる「カード利用ボーナスマイル」が終了します。具体的には、デルタアメックスゴールドで1年間のカード利用金額の合計が100万円を超えた場合、100万毎に5,000ボーナスマイルがもらえる特典です。デルタアメックスカードで1年間のカード利用金額の合計が100万円を超えた場合、100万毎に3,000ボーナスマイルがもらえる特典です。

デルタアメックスゴールド 入会キャンペーン

デルタアメックスカード 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp