クレジットカードのCreca-Style

クレジットカードを実際に利用した体験談をご紹介します。

当サイトおすすめ2券種

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)


アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

SPGアメックス

・SPGアメックスを2年目以降、更新毎に無料宿泊特典がもらえる(マリオットやウェスティンなど)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイ参加ホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(アジア太平洋地域)
・貯めたポイントを無料宿泊や客室のアップグレードに交換可能


SPGアメックス 入会キャンペーン

 

個人事業主の方はビジネスカードがおすすめ!(初年度年会費無料)

 


※アメックスゴールド、アメックスグリーンの初年度年会費無料キャンペーンは終了しました。

 

SPGアメックスならレストランで15%割引! SPGアメックスの割引とポイントを解説

SPGアメックスならSPG、マリオット、ザ・リッツ・カールトン参加のホテル直営の対象レストランで支払いをすると、15%割引でお得に利用することができます。さらに、SPGゴールドエリートの呈示で1米ドルあたり12.5ポイントがもらえます。もちろん、SPGアメックスをマリオットボンヴォイ参加ホテルで使うと100円=6ポイントももらえます。

SPGアメックスならレストランで割引

SPGアメックスの通常のお買い物ポイントとして100円=3ポイント、マリオットボンヴォイ参加ホテルで利用すると100円=6ポイントが貯まります。

SPGアメックス 入会キャンペーン

 SPGアメックスとよく比較されるセンチュリオン・ラインのアメリカン・エキスプレスは初年度年会費無料キャンペーン実施中です。

アメックスゴールド 初年度年会費無料キャンペーン

アメックスグリーン 初年度年会費無料キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

【目次】

 

SPGアメックスでSPG参加ホテルの直営レストランで15%割引に

日本国内のスターウッド(SPG)直営レストランでSPGアメックスのご呈示とご決済で15%割引になります。これはSPGアメリカン・エキスプレスのカードが提供する特典となり、SPGゴールドの特典ではありません。さらに、SPGアメックスに自動付帯するSPGゴールドの呈示で1米ドル=10ポイントがもらえます。

マリオットボンヴォイ参加ホテルでも100円=6ポイントがもらえます。直営の対象レストランでも15%割引され、残高が10米ドル以上あると1米ドル=12.5ポイントがもらえます。


国内のセントレジスホテル、ウェスティンホテル、シェラトンホテルなど、SPG参加ホテルの直営レストランやロビーラウンジ、バーなどの支払いをSPGアメックスですると15%割引になります。

先日、ウェスティンホテル大阪のロビーラウンジで軽く食事をしたのですが、1,400円のクラブハウスサンドウィッチ(コーヒー付き)がSPGアメックスで決済することで1,190円になりました。もちろん、コーヒーはおかわりしたので2杯分です。ウェスティンホテルという立地で、サンドイッチセット(コーヒー付き/2杯分)が1,190円はお得すぎますよ!

見た目的にも数字的にも違いがお分かりいただけますよね。結構、大きな金額だと思います。一見さんは1,400円だけど、SPGアメックス会員は1,190円となり、15%の恩恵を受けることができます。※アルコール、ならびにアルコールを含む商品は対象外です。

 

マリオットやリッツカールトンでもアジア太平洋地域の対象のホテル内のレストランで
ゴールドエリートの呈示で15%割引で食事が楽しめますよ。
日本ならリッツカールトン東京、リッツカールトン 大阪、マリオット 東京など、対象のレストランが多数ございます。 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

たとえば、
SPG参加ホテルの直営レストランでディナーを楽しむ方なら、
1名あたり10,000円、2名で20,000円だとすると、
3,000円引きの17,000円で利用することができます。
シャンパン1杯無料で付いてくる計算となり、
とてもお得ですよね。

 

さらにホテル滞在によるSPGゴールドの特典として、
お部屋のアップグレード、レイトチェックアウトやアーリーチェックイン、
ウェルカムギフトなど適用していただくことで、
SPGアメックスの年会費は直ぐに取り戻せるだけの
パフォーマンスが備わっています。

 

先日、リッツカールトン大阪のクラブフロアを利用したのですが、
SPGアメックスに付帯するSPGゴールドとステータスマッチ(リンク)をした
リッツカールトンゴールドでアーリーチェックインからレイトチェックアウトまで、
実に28時間30分の滞在で5万円以下という超お得な滞在が叶いました。
これはリッツカールトン大阪のフロントデスクさん
(クラフフロアはクラブコンシェルジェ)のご配慮だと大変感謝しています。
その節はありがとうございました!

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

僕はSPGアメックスを取得してから
SPG参加ホテルをよく利用するようにしています。
特にお仕事関連で時間があった場合などは、
ロビーラウンジでまったりしています。
その際にもスターウッド(SPG)ならポイントが貯まりますし、
SPGアメックスの支払いで15%割引です。
ホットコーヒーならお代わりもできますよ。
街のカフェに行くより断然お得ですよ。

 

 

SPGアメックスなら滞在を伴わないレストランやラウンジの利用でも15%割引

SPGアメックスは、
スターウッド(SPG)参加ホテルで宿泊を伴わない場合の
レストラン、バー、ロビーラウンジの利用でも
SPGアメックスで支払うことで15%割引になります。

この特典は、SPGアメックスによる特典となり、
SPGゴールドの特典ではありません。

 

15%割引されたうえ、さらにポイントも貯まりますので、
1粒で2度美味しいSPGアメックスとなる訳ですね。
日頃よりSPG参加ホテルを贔屓にされている方は
SPGアメックスは必携カードとなりそうですね。


同じマリオットインターナショナルの
マリオットホテルやリッツカールトンでは、
レストランやラウンジ単体の利用で15%割引になりませんし、
ポイントも貯まりません。
今後、SPGとマリオットとのロイヤリティプログラムの統合が予定されるため、
2019年以降はどうなるか分かりませんが、
2018年中であれば15%割引は可能と思われます。

 

僕も今年もSPG(スターウッド)をメインとして滞在する予定です。
SPGアメックスに付帯するSPGゴールドが超絶にお得なので、
しばらくはSPGアメックスは手放せませんね。

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

 

レストランやバーのお会計の際にSPGゴールド呈示で1米ドル=10ポイントもらえる

SPG参加ホテルの直営レストランの利用では
SPGアメックスに自動付帯するSPGゴールドは必ず呈示するようにお願いします。
滞在する場合はもちろん、
滞在を伴わないレストランやラウンジの利用時でも威力を発揮してくれます。

 

SPGゴールドの特典として、15%割引後の残高が10米ドル以上あると、
ゴールドエリートを呈示することで1米ドルにつき12.5ポイントの
ボーナススターポイントがもらえます。

 

※必ず支払いの際にSPGゴールドは呈示してください。
呈示のない場合はボーナスポイントは獲得できません。
また、滞在中のレストランで部屋付にする場合も必ずお会計の際に
SPGゴールドの呈示をお願いします。
これを忘れると1米ドル12.5ポイントはもらえませんよ。
支払いはSPGアメックスでお願いします。15%割引になりますよ。

SPGアメックスの呈示だけだと15%割引になりますが、
1米ドル=12.5ポイントは付与されませんので、
必ず支払いの際にはSPGアメックスとSPGゴールドは呈示してください。


滞在する場合はチェックインの際にSPGゴールドを呈示してください。
宿泊を伴わないレストランやラウンジの利用時でも
お会計の際にSPGアメックスとSPGゴールドの2枚出しでお願いします。
そうすることで、SPGアメックスの特典として15%割引のうえ、
残高が10米ドル以上あるとSPGゴールドの特典として1米ドル=12.5ポイントが貯まります。
マリオットボンヴォイ参加ホテルで利用すると、100円=12.5ポイントが貯まるります。

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGゴールドのカードは申請して所持しておこう!

 最近ではスマホの画面でもSPGゴールドの番号処理できると思いますが、
レストランやラウンジなど着席して支払いをする場合は
プラスティックのSPGゴールドカードがあると便利です。

 

お会計をする際、
スタッフの方にお声掛けをしますが、
その際に伝票をお持ちになった際に
SPGアメックスとSPGゴールドの
2枚を呈示してお会計をお願いします。

 

SPGのサイトからログインをして簡単に請求できますので、
ぜひ登録をしてください。
ただし、到着まで1ヶ月以上掛かるらしいので、
旅行シーズン突入する前に早めに申請してくださいね。

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

 

滞在の際にも部屋付けで15%割引はSPGアメックスの呈示と支払いが必要

SPG参加ホテルに滞在する際のレストラン、ロビーラウンジやバーの利用でも
SPGアメックスとSPGゴールドの呈示が必要となります。
SPGホテルに滞在中にホテル直営のレストランを利用するとき、
都度支払いをすると面倒なので部屋付けにすると思いますが、
この時に忘れてはいけないのがホテル直営レストランでも
必ずSPGアメックスとSPGゴールドを呈示してください。
これを忘れると15%割引にならないし、
割引後10米ドル以上で1米ドル=12.5ポイントはもらえません。


以前、某SPG参加ホテルに滞在中に直営レストランを利用したのですが、
支払いを部屋付けにしてもらったのですが、
15%割引きで処理されていませんでした。

なぜなのかと申しますと、
滞在の際にレストランを利用して部屋付けにする際に
SPGアメックスとSPGゴールドの呈示を忘れていました。
利用金額を見て、部屋番号を書いてサインをしただけでした。
ですので、滞在中にレストランやラウンジを利用して部屋付けにする際には
必ずお会計の際にSPGアメックスとSPGゴールドを呈示してください。

 

SPGアメックスとSPGゴールドを呈示することで、
15%割引された金額となりますので、
それを確認して部屋番号と名前をサインしてください。
滞在中に部屋付けにする場合、
都度、同様の対応をしてくださいね。


レストラン、バー、ラウンジを利用して部屋付にする場合は
必ずスタッフの方に確認するようにしてください。
※単純に部屋カードを呈示して部屋番号だけ記入してサインしないでください。

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGゴールドで1米ドル=12.5ポイント獲得

SPG参加ホテルの宿泊代金やレストランやバーの利用代金が15%割引後、10米ドル以上で1米ドル=12.5ポイントがもらえますので、
支払いの際に必ずSPGゴールドを呈示してください。
これはSPGゴールドの特典となります。


さらにマリオットボンヴォイ参加ホテルでSPGアメックスを利用すると、
100円=6ポイントが貯まりますので、
ぜひマリオットボンヴォイ参加ホテルでSPGアメックスをご利用ください。


SPGゴールドの1米ドル12.5ポイントと
SPGアメックスの100円=6ポイントで
18.5ポイントが貯まりますので、
どんどん貯めて無料宿泊アワードに交換しようよ!

 

SPG参加ホテル内の直営レストランなどの利用で
SPGアメックスを呈示、お支払いをすると、
15%割引になり大変お得です。

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

 

SPGアメックスで最大100円=6ポイントもらえる

SPG参加ホテルでマリオットボンヴォイ参加hホテルで
SPGアメックスで支払いをすると、
100円=6ポイントがもらえるキャンペーン実施中です。


内訳ですが、
SPGゴールドの呈示で一般会員の
25%多い10米ドル=12.5ポイントがもらえ、
SPG AMEXで支払うことで100円=6ポイントがもらえます。
合わせて、最大で100円=18.5ポイント相当が獲得できるんです。

 
今年も旅行シーズン前にはSPGアメックス申し込みが集中することが
考えられますので、お早めにご検討ください!

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp