Creca-Style

ホテル、旅行、マイル、アメックスなど体験談をご紹介します。<クレカスタイル>

★★ 当サイトおすすめ2券種 ★★

 

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)


アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

SPGアメックス

・SPGアメックスを2年目以降、更新毎に無料宿泊特典がもらえる(マリオットやウェスティンなど)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイ参加ホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(アジア太平洋地域)
・貯めたポイントを無料宿泊や客室のアップグレードに交換可能


SPGアメックス 入会キャンペーン

 

※アメックスゴールド、アメックスグリーンの初年度年会費無料キャンペーンは終了しました。

 

SPGアメックスの家族カードのメリット・デメリット!家族カードはゴールドエリート付帯なしのダメカード?

巷で話題の「SPGアメックスの家族カードをどうするか問題」を解説します。

SPGアメックスの家族カードを発行する際のメリット・デメリットとは?

 

先に結論から申し上げますと、SPGアメックスの家族カードはご家族の使い方により選びましょう。

選択肢として、基本カード2枚持ち or 家族カードを発行の2通りがありますが、どのようなライフスタイルなのか?でご検討ください。

その辺りを僕なりに考えてみましたので、ご紹介します。

今後のご参考にしてください。

基本カードはマリオットボンヴォイのゴールドエリートが付帯でワンランク上の滞在が叶う!

SPGアメックス 入会キャンペーン

ヒルトンアメックスはヒルトンオナーズゴールドが付帯、家族カードが1枚目が年会費無料

ヒルトンアメックスカード 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

【目次】

 

SPGアメックスの家族カードとは

SPGアメックス 家族カード

SPGアメックスには基本カードと家族カードが用意されています。

SPGアメックスの家族カードをご利用の場合、ご利用のポイントは基本カードに合算され、効率よくマリオットボンヴォイのポイントを貯められるのがメリットです。

 

ただし、SPGアメックスの家族カードはデメリットも持ち合わせています。

これがかなり大きなデメリットとなりまして、家族カードにはマリオットボンヴォイのゴールドエリートが付帯しないのです!

それなのに年会費17,050円と中途半端に高いです。

 

そのため、ご家族の利用頻度によりますが、基本カードの2枚持ちを推奨しています。

ただし、SPGアメックスの基本カードを2枚持ちする場合はどちらもマリオットボンヴォイのゴールドエリートが付帯しますが、家族カードとは異なりポイントの合算ができないのがデメリットとなります。

 

基本カードの2枚持ち、または家族カードを発行するの2通りの持ち方があります。

この選択をミスすると、その1年間を棒に振る可能性も出てきますので注意が必要です。

アメックスゴールドの家族カードと異なり、SPGアメックスの家族カードは持つ方のライフスタイルに応じてかなりメリット・デメリットが出てくるクレジットカードだと思っています。

SPGアメックス 入会キャンペーン

 アメックスプラチナにもマリオットボンヴォイゴールドエリートが付帯します。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

家族カードのメリット

SPGアメックスの家族カードのメリットですが、日常使いからマリオットボンヴォイ参加ホテルの宿泊など、利用分は全てSPGアメックス基本カードに合算されますので、ご家族で効率よくポイントを貯めることができます。

 

ご家族の方が単独またはお子様やお友達と旅行に出掛ける際、ご家族が基本カード会員であれば、ホテル滞在の際にマリオットボンヴォイのゴールドエリートの特典が利用でき、客室のアップグレード、14時までレイトチェックアウト、レストランで15%割引など、多くの特典を受けることができるメリットがあります。

家族カードの場合、ゴールドエリートの特典は提供されません。

 

SPGアメックスの家族カードは空港ラウンジを同伴者1名と共に無料で利用することができますので、基本カード会員と一緒に最大4名まで空港ラウンジが無料になります。

 

SPGアメックスの家族カードの年会費は17,050円で、基本カードの年会費34,100円の半額で持つことができます。

ご家族の方が単独またはお子様やお友達と旅行にお出掛けをしない環境の場合、家族カードの方が年会費負担も少ないのでメリットがあります。

 

SPGアメックスの家族カードにはマリオットボンヴォイのゴールドエリートが付帯しないのに年会費17,050円払うのか、ゴールドエリートが付帯する基本カード年会費34,100円払うのか、究極の選択となりますよ。

17,050円の違いですが、この選択を間違えると1年間勿体無く過ごす事になるかもしれません。

マリオットボンヴォイ参加ホテル ご予約

 

家族カードのデメリット

SPGアメックスの家族カードのデメリットですが、マリオットボンヴォイのゴールドエリートが付帯していません。

その分、SPGアメックスの家族カードの年会費は17,050円に抑えられているのですが、SPGアメックスカードを持つ上でこれは非常に不利となる場合があります。

 

たとえば、SPGアメックスの家族カード会員(奥様)と非会員(お子様)でマリオットボンヴォイホテルに宿泊した場合、基本カードに付帯するゴールドエリートの特典が利用できないので、お部屋のアップグレード、14時までレイトチェックアウト、レストラン利用で15%割引の特典を受けることができません。

ただし、アメリカン・エキスプレスが提供している特典でマリオットボンヴォイホテルの利用で100円=6ポイントは適用されます。

家族カードでマリオットボンヴォイホテルで支払うと、100円=16ポイント相当となり、2.5ポイント少なくなるデメリットがあります。

 

もう一つ、基本カードの2枚持ちした場合、ポイントの合算ができないのがデメリットです。

 

家族カードはゴールドエリートが付帯しない

SPGアメックスの基本カードに自動付帯するマリオットボンヴォイのゴールドエリートですが、様々な特典・サービスが付帯されており、多くのメリットを受けることができます。

ただし、SPGアメックスの家族カードはマリオットボンヴォイのゴールドエリートが付帯していません。

 

これをどのように捉えるかで、ご家族で基本カードの2枚持ち、または家族カードを発行する、いずれかの選択が求められます。

一つの考え方として、ご家族の方がお子様やご友人と旅行に行かれた際にマリオットボンヴォイホテルに宿泊することが多いのであれば、SPGアメックスの基本カード2枚持ちの方が多くの恩恵を受けられます。

年間複数回利用する環境の場合にはメリットがあるだろうし、1回程度なら年会費負担でデメリットが多くなると思われます。

 

SPGアメックスの基本カード年会費は34,100円ですが、基本カード2枚持ちの場合の年会費は2倍の68,200円と非常に高額になります。

よく利用される方であれば十分年会費の元は取り戻せるだけのパフォーマンスは備わっています。

とても悩ましい選択となりそうですね。

 

SPGアメックスの家族カードの年会費

  • SPGアメックスの基本カード年会費:34,100円
  • SPGアメックスの家族カード年会費:17,050円

SPGアメックスの家族カードの年会費ですが、17,050円となります。

ゴールドエリートが付帯していない分お得に持てる反面、折角のSPGアメックスの醍醐味であるゴールドエリートの恩恵を受けることができません。

 

私の個人的な考えですが、差額が17,050円であれば、基本カードの2枚持ちの方が結果的にメリットの度合いが大きいと思います。

メリットを多く享受するにはマリオットボンヴォイホテルに宿泊する回数が多いという事が条件になります。

 

ご家族の方も対象ホテルやレストランをよくご利用であればマリオットボンヴォイゴールドエリートの特典が活用できます。

 

マリオットボンヴォイゴールドエリートに付帯する特典・サービス

マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員資格は、1年間に25泊の滞在で適用されます。

年間で25泊ですので、それなりの費用が掛かります。

1泊10,000円のホテルでも250,000円掛かりますので、大きな金額となります。

嬉しいことにSPGアメックス会員は上記の条件を満たさなくても、カード入会と同時にゴールドエリートが自動付帯されます。

 

滞在ごとに25%のボーナスポイント

客室料金および部屋付けにできるスパやレストランなどの付随費用など、対象となる利用金額に対して25%の追加ポイントが付与されます。

より望ましい部屋へアップグレード

客室アップグレードのリクエストは最善の努力で対応していただけますが、チェックインの空室状況により希望に添えない場合もあります。客室のアップグレードは会員本人のお部屋に限り可能で、各ホテルの空室状況により対応します。

午後2時までのレイトチェックアウト

ゴールドエリート会員は午後2時までのレイトチェックアウトをリクエストできます。空室状況によりレイトチェクアウトが利用できない場合もあります。

ウェルカムギフトとしてポイントがもらえる

ゴールドエリートはホテル到着時に250ポイントまたは500ポイントのウェルカムギフトがもらえます。ポイント数はホテルブランドにより異なります。

エリート専用予約ライン

ホテル予約のニーズに合わせてスピーディーでパーソナルなサービスを毎日24時間利用できます。

完全予約保証

何らかの理由で予約が履行できなかった場合に当該ホテルが全額負担で近隣ホテルの客室を用意して、迷惑を掛けたことの補償もしていただけます。

高速インターネットWi-Fiが無料

マリオットのウェブサイトまたはアプリから予約をすると、無料で客室内の高速インターネットが利用できます。

会員限定料金

マリオット公式ウェブサイトまたはアプリから直接予約することで会員料金が適用されます。

モバイルキー

マリオットのアプリを利用することでモバイルチェックイン/チェックアウトが可能となり、スマホをルームキーとして利用できます。

特典除外日なし

ポイントはフリーナイトアワード(無料宿泊)に交換して世界各地の6,700軒以上のホテルやリゾートで祝祭日を含むどの日でも無料宿泊が楽しめます。会員が無料宿泊相当のポイントをお持ちであれば、スタンダードに空室がある限り部屋は必ず用意されます。(ブラックアウト/特典除外日なし)

キャッシュ+ポイント

現金とポイントを組み合わせた支払いで予約すると、55米ドル+3,500ポイントから宿泊が可能となります。ホテルカテゴリーと宿泊日に応じて予め決められた現金+ポイントを利用することで宿泊が可能となります。

即座に特典交換(その場でポイント交換)

プログラム参加ホテルで宿泊中(チェックインからチェックアウトまで)にカクテル、お食事、スパ体験など、客室に料金チャージできるものは何でも、その場でポイント交換ができます。
2,500ポイント=5ドル
9,000ポイント=20ドル
など

ポイントセーバー

PointSavers(ポイントセーバー)で手軽に旅が楽しめます。世界各地の人気の旅行先を最大33%割引の交換率でポイント交換が可能となります。ホテルカテゴリーと宿泊日に応じて予め決められたポイント数で利用が可能となります。

 

家族カードより基本カード2枚持ちの方がメリットが大きい場合もある

「SPGアメックスの家族カードをどうするか問題」は、家族カード会員(奥様、お子様、ご両親など)がどれだけ単独でマリオットボンッヴォイ参加ホテルに宿泊するかというところで判断すれば良いと考えています。

 

年間1回もマリオットボンヴォイホテルに宿泊する予定の無い場合は、SPGアメックスの家族カードで良いと思います。

 

SPGアメックス家族カード会員が年間に複数回、マリオットボンヴォイ参加ホテルに宿泊する場合はSPGアメックスの基本カード2枚持ちで発行する方が、ゴールドエリートの特典・サービスを享受できる点からも結果として、メリットが大きくなると思われます。

SPGアメックス 入会キャンペーン

ヒルトンアメックスプレミアムは家族カード3枚目まで年会費無料、年間200万円以上の利用でヒルトンオナーズのダイヤモンドが付帯

ヒルトンアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp