Creca-Style

ホテル、旅行、マイル、アメックスなど体験談をご紹介します。<クレカスタイル>

★★ 当サイトおすすめ2券種 ★★

 

アメックスプラチナ

・24時間コンシェルジェデスクが利用でき、ホテルやレストランの予約ができる。
・2年目以降、更新毎に高級ホテル無料宿泊特典(2名1室)がもらえる!
・マリオットボンヴォイやヒルトンのゴールドエリートが付帯
・世界中の空港ラウンジが無料(世界130ヶ国1,200ヶ所以上)
・レストランを2名以上で予約で1名分のコース料理が無料
・高級ホテルを上級会員相当特典付きで滞在可能(朝食2名分無料、レイトチェックアウトなど)


アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

SPGアメックス

・SPGアメックスを2年目以降、更新毎に無料宿泊特典がもらえる(マリオットやウェスティンなど)
・マリオットボンヴォイ ゴールドエリートが自動付帯
・マリオットボンヴォイ参加ホテル利用で100円=18.5ポイント相当貯まる
・お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト14時まで(当日の状況による)
・対象レストランで15%割引(アジア太平洋地域)
・貯めたポイントを無料宿泊や客室のアップグレードに交換可能


SPGアメックス 入会キャンペーン

 

※アメックスゴールド、アメックスグリーンの初年度年会費無料キャンペーンは終了しました。

 

アメックスプラチナの条件は厳しいのか?条件・基準が緩和され、持ちやすくなった

アメックスプラチナの条件は厳しいのか?

アメックスプラチナの条件は今までインビテーション(お誘い)が必要でしたが、2019年4月8日(月)から申し込み制に変更になりました。

ですので、以前よりも早くアメックスプラチナを手にすることができるようになりました。

 

今までのようにアメックスグリーン、アメックスゴールドからアメックスプラチナという段階を経て取得するという条件は無くなり、いきなりアメックスプラチナに申し込めるようになりました。

現在、アメックスグリーンやアメックスゴールドをお持ちの方でアメックスプラチナのお誘い(インビテーション)を狙っている方は、条件、時期などをご紹介します。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

【目次】

 

アメックスプラチナの条件とは

アメックスプラチナの条件

アメックスプラチナを取得するための条件・基準についてお話します。

アメックスプラチナは、日本でカードが発行された1993年から2019年3月まで、取得のための条件としてインビテーション制を採用していました。

アメックスプラチナを持つためにはアメックスゴールドでクレヒスを積み重ね、アメックスプラチナのインビテーションが届くのを待つという状況でした。

しかし、2019年4月8日(月)よりその条件が変更になり、20歳以上ならどなたでもオンラインから申し込みができるようになりました。

 

アメックスプラチナは年会費143,000円(税込)と高額ながら多くの方から支持されています。

アメックスプラチナのステータスを体験したい方、付帯される特典・サービスを使ってみたい方など、アメックスプラチナが欲しい理由は千差万別です。

 

そこで気になるアメックスプラチナの条件は厳しいのか?甘いのか?という疑問です。

今までは「インビテーションが来るためにはどうすればいいのか?」のように色々な条件を考えていましたが、アメックスプラチナが申し込みできるようになり、インビテーションが届くための条件を考える必要がなくなりました。

今後は、申し込みでアメックスプラチナを持つための条件・基準を考えないといけませんね。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

アメックスビジネスプラチナも2018年11月より申し込み制になりました。

条件などは個人、ビジネス共に同じであると推測されます。

アメックスビジネスプラチナ ご入会

いきなりアメックスプラチナは不安と仰る方はアメックスゴールドから始めましょう!

アメックスゴールド 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

お誘いが届く条件

アメックスプラチナの条件で気になるのが、お誘い(インビテーション)が届くタイミングだと思います。

僕がアメックスプラチナを取得したのは今から10年以上前なのですが、その頃の基準はアメックスゴールドであることが必要条件で、アメックスゴールドで2年以上のクレヒスが一応の条件でした。

これは公式に公開されていたものではなく、色んな方の情報を総合すると2年間というのがアメックスプラチナ取得の条件のようでした。

 

アメックスゴールドのクレヒスの期間が短くなり、アメックスゴールド歴1年で届いた方もいらっしゃるみたいです。

これらの条件は属性により変わってきますので一概に決められません。

 

アメックス会員歴の長い方はアメックスグリーンから飛び級でアメックスプラチナを持てる方もいらっしゃったみたいですが、これは例外です。

基本的な条件として、アメックスゴールドの一定の利用履歴(クレヒス)が求められていました。

それが当時は2年以上であったと思われます。

これはアメックスだけではなく、ダイナースクラブも同様にダイナースクラブカードからダイナースプレミアムのインビテーションが届く条件も同様に2年以上だと思われます。

クレジットカードの上位カードのインビテーションが届く条件は時代背景により大きく変化します。

これは何もインビテーションだけではなく、審査も同様に甘くなったり厳しくなったりしますが、その時代に合わせて条件を変化させていると思われます。

 

新しいクレジットカードが発行されたタイミングであれば取得条件は大幅に緩和され、会員を増やす施策をします。

一先ず会員を集めてから毎月の利用の中で精査をする感じです。

 

入会する条件にインビテーションは不要

アメックスプラチナを取得する絶対条件であったインビテーションが不要になりました。

2018年10月15日(月)からアメックスプラチナは申し込みのできるプラチナカードになりました。

そして、2019年4月8日(月)からはオンラインで広く一般申し込みもスタートしました。

 

絶対条件であったインビテーションが不要になるという変更はかなり衝撃的でした。

今までアメックスゴールドで一生懸命クレジットヒストリー(クレヒス/利用履歴)を積み上げてきた僕を含め多くの皆様は同じ様に思われているでしょう。

 

逆に今の若い方は羨ましいですね。

憧れのアメックスプラチナをアメックスゴールド、アメックスグリーンを経験することなく、いきなり持つことができるのですから。

ただいま、アメックスプラチナ入会キャンペーン実施中です。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

アメックスビジネスプラチナも2018年11月より申し込み制になりました。

条件などは個人、ビジネス共に同様の内容です。

アメックスビジネスプラチナ ご入会

 

10年以上前は条件が厳しかった

僕は元々支払いは現金でクレジットカードを持つことも、年会費を払うことも好きではありませんでしたが、友人がアメックス2枚持ちということもありアメックスを持つようになりました。

 

その当時のアメックスプラチナは89,250円(税込)という高額の年会費でしたが、これを受け入れることができずにいました。

でもその内、アメックスプラチナが欲しくなり、アメックスプラチナを目指すようになったのですが、その当時はアメックスゴールドでクレヒスを築き、インビテーションをもらって取得するという時間のかかる厳しい条件でした。

 

アメックスグリーンやアメックスゴールド会員がアメックスプラチナが欲しいとデスクにお願いしても、「ご案内を差し上げた方にお持ちいただける特別なカードでございます。」というお決まりの台詞で却下される厳しい条件が設けられていました。

 

当時はアメックスゴールドを持ち2年以上のクレヒス(利用履歴)が必要でした。

ただし、単に持っているだけでも駄目っぽく、ある程度の利用金額も必要だったように思います。

クレジットカード業界でよく言われる年間利用金額です。

これは今も昔も変わらず、年間100万円が一つの目安となっています。

アメックスゴールドの場合、年間利用金額の条件が100万円なのか200万円なのか不明ですが、多いことに越したことなないでしょう。

 

ただし、10年以上前でも羽田空港や伊丹空港のアメックスブースで極秘にインビテーション無しで突撃でアメックスプラチナを取得する方法は存在していました。

 

入会条件となる年齢は何歳から

アメックスプラチナの条件で気になる年齢ですが、何歳から持てるのでしょうか。

その前に余談ですが、以前アメックスゴールドが持てる年齢は25歳以上でした。

25歳未満の方がアメックスグリーンからアメックスゴールドにアップグレードしたくても25歳になるまで待つように言われていました。

相当ヒエラルキーを意識した厳しい条件が設けられていましたが、数年前(時期不明)からアメックスゴールドは20歳以上であれば申し込みが可能となりました。

 

そして、気になるアメックスプラチナの年齢ですが、何歳になれば持つことができるのでしょうか。

いつの頃からかアメックスプラチナに入会できるのも20歳以上という条件に変更になっていました。

 

アメックスプラチナの条件である年齢ですが、20歳以上となっていますがアメックスグリーンやアメックスゴールドより厳しい審査になることは想像できます。

審査に自信のない方はいきなりアメックスプラチナよりアメックスグリーンまたはアメックスゴールドから始められるのも選択肢の一つになります。

これはアメックスのクレジットカードになれるという意味も含まれています。

いきなり驚きの特典・サービスが付帯するアメックスプラチナを手にしても上手く利用できない可能性があります。

そうなると高い年会費がもったいないです。

 

万が一、アメックスプラチナで審査落ちした場合、次に申し込めるタイミングは3ヶ月後となります。

これも10年以上前だと審査落ちしてから次に申し込めるのは1年後という厳しい条件が設けられていました。

なぜ1年以上の期間が必要なのかと申しますと、属性が変わらないからという理由だそうです。

今では3ヶ月以上空けると次の審査が可能となるみたいです。

これもまた条件がかなり緩和されましたね。

 

目安となる年収の条件はいくら必要

アメックスプラチナの条件で気になるのが年収だと思います。

以前はアメックスプラチナの年収は1,000万円以上が必要と言われていました。

確かに、アメックスプラチナを持つ条件で年収は高ければ高いほど良いに決まっています。

だって、付帯されている多くの特典・サービスを使いこなすためには可処分所得が多い方が良いからです。

 

現にアメックスゴールドの条件で年齢が25歳、年収が500万円以上という審査基準の時代もありました。

その時代のアメックスプラチナの条件が年収1,000万円だと言っても不思議ではありません。

 

2018年10月15日(月)からアメックスプラチナは門戸開放され、申し込みができるプラチナカードとなり、2019年4月8日(月)からオンラインから一般申し込みもスタートしました。

そのような状況でアメックスプラチナの条件が以前のように厳しい訳がありません。

年齢も20以上から申し込みができるようになり、アメックスプラチナの条件はかなり緩和されました。

そうなるとアメックスプラチナに求める年収も下がりますよね。

では実際に必要となる年収はいくら必要なのか?という具体的な数字は公開されていません。

僕の想像ですが、アメックスプラチナの年収条件は400万円以上あれば申し込みができるのではないでしょうか。

 

求められる条件の中にクレヒスもある?

アメックスプラチナで求められる条件の中に利用履歴(クレヒス)があります。

初めてのクレジットカードはアメックスグリーンやアメックスゴールドでも大丈夫だと思いますが、いきなりアメックスプラチナとなると属性がかなり関係してくると思われます。

 

審査の中で重要なのが他社含めた利用履歴(クレヒス)です。

クレジットカード会社は貸し倒れが一番怖いので、クレジットの仕組みをきちんと理解しているかどうかを知るためにクレヒスを最重要視しています。

 

もちろん、属性の中で重要なのは職業だと思っています。

安定継続収入というところでは難関国家資格保有者である医師、弁護士、公認会計士の方が有利だし、安定しているというところで国家公務員、地公公務員、大企業経営者、大企業従業員となります。

この職業の方はいきなりアメックスゴールドやアメックスプラチナに申し込んでも審査に通る条件が備わっていると想像できます。

 

僕の個人的な考えですが、クレジットカードの特に高級クレジットカードを持つためにはそのカード会社で利用履歴(クレヒス)を築くことが大前提です。

アメックスの場合はアメックスプラチナを申し込み制にしたことでいきなりアメックスプラチナが持てるようになりましたが、申し込みされた方全員が持っているとは考えにくいです。

 

ではどのような方がいきなりアメックスプラチナを持つことができるのかと言いますと、安定継続収入のある方、そして、今までのクレジットヒストリー(利用履歴)をお持ちの方がアメックスプラチナが持てる条件になります。

ただし、多額の借り入れ(借金)があったり、支払いの遅延情報がある場合は除きます。

 

ホワイト(クレヒスなし)の方がいきなりアメックスプラチナに申し込んで審査に通るとは考えにくいのです。

 

支払い遅延があると一気に条件が厳しくなる

アメックスプラチナに限らず、クレジットカードを持つ上での条件として、支払いの遅延がないこと、多額の借り入れがないことが最低限の条件であると考えています。 

他社で支払いの遅延があり、CICなどの信用情報機関に遅延の情報が記載されているとアメックスのクレジットカードを持つ条件が厳しくなります。

スマホなどを分割購入されていて、毎月引き落としのある場合も注意が必要です。

なぜなら、クレジットカード会社が利用する信用情報機関が同じの可能性があるからです。

支払いの情報は信用情報機関を介して各企業で共有されています。

必ず支払い遅延のないようにしましょう。

 

結局、アメックスプラチナの条件は厳しいのか?

10年以上前はアメックスのクレジットカードのヒエラルキーがかなり厳しく管理されていて、アメックスゴールドは25歳以上、アメックスプラチナはアメックスゴールドから2年以上のクレヒスを要する、審査落ちした場合次に申し込めるのは1年後、キャッシングと分割払いは入会6ヶ月後から申し込みができるなど、今では考えられないような厳しすぎる条件が設けられていました。

10年以上前、アメックスのクレジットカードはマンスリークリアカードというのが常識のように言われていました。

これらがアメリカンエキスプレスはステータスのあるクレジットカード会社という所以かもしれません。

※現在、アメックスの個人用のクレジットカードはキャッシング機能はありません。

 

今ではアメックスプラチナは申し込みのできるプラチナカードになり、過去のように厳しい条件やヒエラルキーは存在しません。

20歳以上の方であれば申し込み可能となっています。

 

アメリカン・エキスプレスには最後の砦があります。

アメックスセンチュリオンです。

このアメックスセンチュリオン、ブラックカードはビックリするほどの厳しい条件が設けられています。

年間3,000万円ほど利用できる方でないと持つことができないらしいです。

トータルの利用金額も1億や2億と言われており、一般の方では持つことができません。

アメックスプラチナ 入会キャンペーン

アメックスビジネスプラチナも2018年11月より申し込み制になりました。

条件などは個人、ビジネス共に同じであると推測されます。

アメックスビジネスプラチナ ご入会

いきなりアメックスプラチナを持つのは不安と仰る方は、アメックスグリーンまたはアメックスゴールドから始めましょう!

▶︎アメックスゴールド 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp