Creca-Style

クレジットカードを実際に利用した体験をご紹介します。

ついに始動!SPGとマリオットのプログラムが統合。SPGアメックスの影響は?

2018年8月1日と8月18日の2段階でSPGとマリオットのプログラムが統合されます。2新プログラム以降は、ポイント獲得および交換が29ブランド、6,500軒のホテルで可能になります。SPGアメックスのメリットも大幅に向上しそうですね。

SPGアメックスの特典・サービスも変更があり、いつでも100円=3ポイント貯まり、2年目以降の更新でもらえる無料宿泊特典にマリオットリワード参加ホテルが加わります。さらにSPG参加ホテルのレストラン、バー、ラウンジの利用で15%割引も継続となり、メリットが向上します。

2018年4月17日(火)にアメリカン・エキスプレスよりSPGアメックスの変更点の発表がりましたが、2018年8月18日より実施されることになりました。

以下に新しいSPGアメックスとプログラムの変更点をご紹介します。要チェック!

SPGアメックスに付帯するSPGプログラムがメリット絶大!


また、2018年8月1日より2018年12月31日まで期間限定キャンペーンとしてSPGアメックスをSPGまたはマリオット参加ホテルで利用すると、100円=6ポイントもらえるキャンペーンが実施されます。さらにゴールドエリートにより1米ドル=12.5ポイントがもらえます。(一般会員は1米ドル=10ポイントですが、ゴールドは25%増しでもらえます)

2018年8月1日のSPGプログラム変更以降はSPGアメックスは今よりお得なクレジットカードになります。SPG無料宿泊特典もSPG参加ホテルとマリオット参加ホテルも加わります。

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGとマリオットのプログラム統合に伴うSPGアメックスの特典改定

SPGアメックスに付帯するSPGプログラムの変更点について

SPGはマリオットインターナショナルに買収され、ロイヤルティプログラムを統合に向けて現在調整中です。SPGとマリオットのプログラムが2018年8月18日に統合されました。それに伴いSPGアメックスに付帯する特典・サービスも一部変更となります。

結論から申し上げますと、SPGアメックスのアメリカン・エキスプレス側が提供する特典・サービスのメリットは改善することになります。今後はSPGとマリオットのプログラムが統合することで、旅の楽しみが格段に向上することになります。

他方、マリオット側が提供する特典・サービスは一部改悪となります。まず、レイトチェックアウトが今まで16時だったものが14時に2時間短縮されます。このデメリットは大きいです。特にクラブフロアに宿泊する際に翌日のアフタヌーンティーが利用できなくなります。そして、まだ言及されていませんが、レストラン、ラウンジやバーの単体での利用でポイントが付与されなくなる可能性があります。宿泊する場合は必ず部屋付にしてください。そうすることでポイントが付与される旨の記載があります。また、2018年12月31日までSPGやマリオット参加ホテルでSPGアメックスを使うと100円=6ポイントがもらえる期間限定キャンペーンもありますので、上手く取り入れていきましょう!

SPGがマリオットに統合されることによるデメリットはほんの一部です。レイトチェックアウトが16時から14時に2時間縮小されましたが、これはホテル側が提供する特典・サービスであり、アメリカン・エキスプレスが提供する特典・サービスは今までよりメリットが大幅に向上することになります。SPG無料宿泊がSPG以外にマリオット参加ホテルが加わり、レストランで15%割引がSPG以外にマリオット参加ホテルが加わりました。

2018年8月18日以降はSPGアメックスを利用することで、Amazingな体験が可能となりますので、この機会にぜひSPGアメックスをご検討ください。

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

それでは2018年8月1日以降にSPGプログラムが新しくリニューアルする変更点について詳しくご紹介いたします。

 

SPGアメックスが提供する特典・サービスの変更点 

2018年8月18日にSPGとマリオットのプログラムが統合され、全く新しいロイヤルティプログラムとしてスタートします。ロイヤルティプログラムの名称も新しくなるそうです。ですので、ホテル側が提供する特典・サービスも今までとは異なり、全く新しいプログラムになります。

それに伴いSPGアメックスのアメリカン・エキスプレス側が提供する特典・サービスも変更となります。2018年4月17日に発表されましたSPGアメックスの特典・サービスの変更点をご紹介します。

 

SPGのポイント名称がスターポイントから「ポイント」へ変更

SPGアメックスで貯めるポイントの名称は、今まで「スターポイント」という名称でしたが、2018年8月1日以降は「ポイント」に変わります。

ポイントと言ってもアメックスのメンバーシップリワードのポイントではなく、ホテル側の「ポイント」として貯まるようなります。

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックスは、いつでも100円=3ポイントで貯まります

2018年8月1日からSPGアメックスで貯まるポイントは100円=3ポイントとなります。一部加盟店での利用は除く。2018年12月31日までの期間限定キャンペーンとして、SPGおよびマリオット参加ホテルでSPGアメックスを利用するとで100円=6ポイントが貯まります。

SPGとマリオットのプログラム統合後は、SPGアメックスの通常利用で100円=3ポイントが貯まるようになります。さらに2018年8月1日〜2018年12月31日までSPG/マリオット リワード参加ホテルでSPGアメックスを利用すると、100円=6ポイントがもらえる期間限定キャンペーンがありますのでぜひお得を享受しましょう。内訳は通常100円=3ポイント、さらにボーナスで100円=3ポイントの合計100円=6ポイントがもらえるそうです。

めっちゃお得ですね。2倍でポイントが貯まるので、2018年8月1日から12月31日はSPGやマリオットリワード参加ホテルに宿泊するとメリットを享受できそうです。

 

SPGとマリオットのプログラムが統合「前」のポイント

◼︎2018年7月31日まで

通常、100円=1スターポイント

2018年12月31日まで期間限定で100円=2スターポイント

※上記は2018年8月1日以降は廃止されます。

SPGとマリオットのプログラムが統合「後」のポイント

◼︎2018年8月1日以降

通常、100円=3ポイント

2018年8月1日〜2018年12月31日までSPG/マリオット リワード参加ホテルでSPGアメックスを利用すると、100円=6ポイント

 

100円=3ポイントにならない加盟店も

2018年8月1日以降は、いつでもどこでも、マリオットホテル、リッツカールトンホテル、SPGホテルの宿泊でも、コンビニやスーパーマーケットやドラッグストアでも、100円=3ポイントでマリオット・リワードのポイントが貯まります。

ただし、100円=3ポイントとして貯まらない加盟店もあります。NHK、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA、INICEFは、ポイント対象外の加盟店となります。

また、200円=3ポイントとして貯まる加盟店があります。電力会社、ガス会社、水道局、公金・税金などがそれに該当します。
※Yahoo!公金支払いは100円=3ポイントです。

2018年8月1日以降のSPGアメックスを利用して貯めるポイントの貯まり方ですが、月に一度自動的に会員のスターウッドプリファードゲスト会員口座にポイントが加算されます。

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックスキャンペーンで100円=6ポイントに

SPGアメックスの利用で100円=6ポイント獲得(期間限定キャンペーン)

 

上記にご説明しましたように2018年8月1日よりSPGアメックスで利用したポイントは、100円=3ポイントに変更となりますが、SPGアメックスの期間限定キャンペーンとして、SPG/マリオット、リッツカールトン参加ホテルでSPGアメックスを利用すると、2018年8月1日〜2018年12月31日の期間は100円=6ポイントが貯まります。

 SPGアカウントには「SPG AMEX JP BASE SPEND」として、通常ポイントとし合算して表示されます。海外の利用分はSPGでの処理日を基準とします。米ドルが使われていないSPG参加ホテルでは、一旦米ドルに換算したレートで付与されます。

 2018年8月1日以降は、SPGアメックスの100円=3ポイント以外にSPGやマリオット参加ホテルで利用すると2018年12月31日までは100円=6ポイントとホテルのポイントとして1米ドル=12.5ポイントが貯まります。一般会員の25%増しとなります。

 100円=6ポイントを獲得するためには、旅行代理店経由で予約すると対象外になります。必ずSPGやMarriott公式のサイト、またはSPGやマリオットのデスクに電話で予約してください。

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックス継続の無料宿泊特典にSPGとマリオットが参加

SPGアメックスを2年目以降に年会費を払ってから約1ヶ月半〜2ヶ月の間に毎年、無料宿泊特典がもらえていましたが、2018年8月18日以降はSPG参加ホテルはもちろん、マリオット・リワード参加ホテルも加わります。50,000ポイントまでのホテルがSPGアメックス無料宿泊の対象となります。

除外日なく使える無料宿泊特典にマリオットリワードの参加ホテルが加わるので旅の楽しさも倍増間違いなしですね。マリオット東京、マリオット大阪を始め多くの国のSPGやマリオット参加ホテルで無料宿泊が楽しめそうです。これによりSPGアメックスのメリットは計測不可能なメリット大幅向上突撃となりそうです。

そこで気になるのが、マリオットリワードの参加ホテルにリッツカールトンも含まれているのですが、無料宿泊にリッツカールトンが参加するのか否かが焦点になりそうです。リッツカールトンも無料宿泊に参加して欲しいと思っていますが、おそらく50,000ポイント以上のホテルになる可能性が高いですね。カテゴリーでいうと、7または8になりそうなので、リッツカールトンはおそらく無料宿泊は厳しそうです。残念ながら、さすがにリッツカールトンは無料宿泊の対象外となりそうですね。

2018年8月18日以降の無料宿泊についてはウェブサイトでアップデートがありました。SPG無料宿泊が可能は交換レートは発表されています。50,000ポイントまでのホテルが対象です。

 

無料宿泊できないホテル(マリオット、リッツカールトン、SPG)

SPG無料宿泊は50,000ポイント以下のホテルが対象となります。以下のホテルは無料宿泊対象外となります。以下のホテル以外ですとマリオット、SPGでどこでも無料宿泊の対象となります。さすがに、ザ・リッツ・カールトンは国内全ホテルが無料宿泊対象外となりました。当然と言えば当然ですかね。

  • 翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都:85,000ポイント
  • ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町ラグジュアリーコレクションホテル:85,000ポイント
  • ザ・リッツ・カールトン京都:85,000ポイント
  • ザ・リッツ・カールトン沖縄:60,000ポイント
  • ザ・リッツ・カールトン大阪:60,000ポイント
  • ザ・リッツ・カールトン東京:85,000ポイント
  • セントレジスホテル大阪:85,000ポイント
  • ウェスティン ルスツリゾート:60,000ポイント

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックス継続でプラチナエリート取得用クレジット特典の変更

2018年8月1日以降は、SPGアメックスの特典にSPGプラチナエリートに一歩近づける「エリート会員資格クレジット特典」が変わります。

SPGアメックスを継続すると、「2滞在分の滞在実績と5泊分の宿泊実績」がもらえるのですが、これが2018年8月1日以降は「5泊分の宿泊実績」のみとなります。2018年8月以降は「滞在」という概念がなくなり「宿泊」のみとなります。この特典は特に変化はなく、単純に「宿泊」というシンプルな感じに統合されました。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPG参加ホテルの直営レストランでSPGアメックスを呈示&支払いで15%割引

2018年8月1日以降のSPGプログラム変更後もSPG参加ホテルの直営レストラン、バー、ラウンジでSPGアメックスの呈示&支払いをすると15%割引が継続されます。さらにマリオットやリッツカールトンの対象のレストランでも15%割引が受けられます。

さらに嬉しいのは、2018年8月1日以降は100円=3ポイントが貯まります。ただし、まだ言及されていませんが、マリオットやリッツカールトンのレストランやバー単体利用でポイントが付与されるのか否かですが、万が一、付与されない場合は宿泊される場合は部屋付けにしてチェックアウト時にまとめて支払うようにしましょう。この後、おそらくマリオットやリッツカールトンの直営レストラン、ラウンジ、バーなどでも15%割引が適用される可能性は否定できません。

2018年8月1日〜2018年12月31日までの期間限定でSPGやマリオット参加ホテルでSPGアメックスを利用すると100円=6ポイントが貯まるキャンペーンが行われます。内訳として、通常ポイントで100円=3ポイント、期間限定のSPGキャンペーンとして、100円=3ポイントの合計100円=6ポイントがもらえます。ぜひ積極的にSPGアメックスを利用したいですね。

僕個人的には、このSPGアメックスをSPG参加ホテル直営のレストラン、バー、ロビーラウンジの利用で15%割引になる特典が今後どうなるのか心配していたところでしたが、継続していただいて助かりました。あと、ひとつ心配なのは、レストランやバー単体の利用でポイントが付与されるのか否かです。2018年8月1日時点では不明です。

僕はSPG参加ホテルの直営レストランやラウンジを利用することが多く、15%割引の特典の恩恵を受けていたので正直嬉しいです。

SPG参加ホテルの直営レストラン、バー、ラウンジをSPGアメックスで利用して15%割引になるうえ、滞在すると2018年8月1日〜2018年12月31日まで100円=6ポイントがもらえるなんて、めっちゃお得すぎないですか!

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

SPGアメックスにゴールドエリートが付帯

2018年8月1日以降に新しいプログラムに統合され、エリート会員の特典・サービスも全く新しくなってスタートします。SPGアメックスに付帯するエリート会員には「ゴールドエリート」が付帯します。

今までのゴールド会員より改悪があります。レイトチェックアウトが16時(確約)から14時(リクエスト)になり、2時間縮小されます。僕にとって、この改悪の影響は大きいです。たとえば、クラブフロアに宿泊して翌日のアフタヌーンティが利用できなくなります。これはおそらくマリオット側で計算済みだと思われます。大改革ですね!

 エリート会員は2018年8月1日以降の新しいプログラムから対象のホテル宿泊時に1米ドル=12.5ポイントがもらえるみたいです。

 

2018年8月1日以降のSPGアメックス特典継続とゴールド

SPGアメックスに付帯するSPGプログラムが大幅に改善


2018年8月1日と18日以降のSPGプログラム変更をまとめたいと思います。

  • SPGアメックスには自動的に「ゴールドエリート」が付帯します。
  • SPGやマリオット参加ホテルの対象の直営レストラン、バー、ラウンジで15%割引が付帯します。
  • SPGアメックスを2年目以降継続すると、SPG、マリオットリワード参加ホテルの無料宿泊特典が付帯します。
  • SPGプラチナに一歩近くためのエリート会員資格取得用クレジットとして5泊分の宿泊実績も付帯します。
  • スターポイントが廃止され、新しいプログラム名称の「ポイント」になります。

 

2018年8月1日以降も現行とほとんど変化はありません。唯一、デメリットとするなら、
ゴールドエリートのレイトチェックアウトの2時間短縮は非常に大きなデメリットとなります。

 

2018年8月1日以降に変更される特典をご紹介します。

◼︎いつでも100円=3ポイント貯まります。

◼︎SPGやマリオット参加ホテルの対象の直営レストランで15%割引が継続されます。

◼︎SPGアメックスの2年目以降継続でもらえる「無料宿泊」ですが、
SPGはもちろん、マリオットリワード参加のホテルが新たに加わります。

◼︎SPGプラチナに一歩近づける「エリート会員資格取得用クレジット」が5宿泊分の実績に変更される。

◼︎SPGアメックスで貯めていたスターポイントが廃止され、マリオット・リワードの「ポイント」として付与される。名称も「ポイント」に変更される。

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

SPG、マリオット、リッツカールトンの3つのプログラムが統合

 2018年8月1日にマリオットリワード、リッツカールトンリワード、SPGは一つのプログラムに統合されます。

 統合後にSPGアメックスに付帯する、ホテル側が提供するゴールドエリートが改悪となります。レイトチェックアウトが16時から14時に変更、マリオットのクラブラウンジと朝食が利用できなくなります。部屋のアップグレードは一応あるいたいですが期待はできません。なぜなら、その上にプラチナエリート、プラチナプレミアエリートがあるからです。

現在は、SPG参加ホテルの直営レストラン、バー、ラウンジで宿泊を伴わない利用でもポイントが付与されますが、これが2018年8月1日以降、SPG、マリオット、リッツカールトンでポイントが付与されるのか、15%割引が適用されるのか、まが情報がありません。

以下、内容が2018年8月1日の食事でのポイント獲得の条件と考えます。

お食事:ポイントを獲得。
「すべてのブランドで、客室料金のほか、お部屋付けにできるレストランやスパなどの付随費用に対してもポイントを獲得できます。」

 2018年7月31日まではSPGだけ直営レストラン単体の利用でもポイントが貯まります。元々、マリオットでは滞在した場合は、部屋付けにした料金がポイント付与対象となりますが、単体での利用の場合、ポイント付与対象外となっています。

マリオット、リッツカールトン、SPGのプログラムが一つに統合されますが、基本的にはマリオットリワードを基本で考えられています。滞在の際のポイントも1米ドル=10ポイントは現在でもマリオットとリッツカールトンで実施されています。SPGのポイントをマリオットのポイントに交換する場合は3倍にカウントしますが、この計算でいくと、2018年8月1日以降はSPGでも1米ドル=10ポイントが貯まるので、1ポイントお得になるということです。SPGやマリオット参加ホテルに宿泊の際にゴールドエリートなら100円=12.5ポイントが付与されます。

 

統合後の新プログラムからホテル側が提供するゴールドエリートが改悪

2018年8月1日以降、ホテル側が提供するゴールドエリート会員の特典・サービスは大幅に改悪します。しかし、SPGアメックス側が提供する特典・サービスは改善となります。

先に結論ですが、僕のお気に入りのレイトチェックアウトですが、ゴールドエリートは16時から14時に2時間縮小します。しかも、リクエストベースで確約ではありません。この2時間の短縮は非常に大きなデメリットとなります。僕も利用したことがあるのですが、クラブフロアに宿泊した際にチェックアウト時間が14時なると、翌日のアフタヌーンティーが利用できません。もし16時までのレイトチェックアウトが叶うなら十分アフタヌーンティーが利用できますので、この差は大きすぎます。元々、SPGの時代に16時までレイトチェクアウトが確約でしたが、マリオットに買収されて新プログラムになって14時に大改悪となります。翌日のアフタヌーンティーが利用できないのは大改悪でクラブフロアに宿泊する意味も薄れてきます。

もう一つ、 部屋のアップグレードはゴールドエリートだと期待できそうにない点が改悪と感じております。

こうなったら、SPGアメックスプラチナの発行をお願いするしかなさそうです。マリオットプラチナチャレンジもいいですが、SPGアメックスプラチナが欲しいな。現在、プラチナチャレンジは完全クローズされています。次回、継続するか否かは未定です。

でも、一つだけ救いなのは、SPGアメックスが提供する特典にSPG参加ホテルの直営レストランで15%割引は継続されます。しかもマリオット、リッツカールトンの対象のレウトランも15%割引になるかもしれません。これは嬉しい!でも、一つだけ懸念があります。レストラン、バー、ラウンジなど食事単体でポイントは付与されるのか否か。万が一、されないとなれば改悪続きでウンザリですね。単体利用でもポイント付与されることを希望します。ホテル側が提供するゴールドエリート会員の大改悪祭りとなります!

2018年4月17日にSPGアメックスに関する変更のお知らせがありましたが、アメリカン・エキスプレスのカード側が提供する特典・サービスは大幅な改善となりました。

SPGとマリオット参加ホテルで2018年12月31日までSPGアメックスを使うと、100円=6ポイントもらえるキャンペーンが実施されます。SPGアメックスが提供する特典・サービスは改善となります。

SPGアメックス 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp