Creca-Style

クレジットカードを実際に利用した体験をご紹介します。

アメックスプラチナが支持される理由とは?年会費が高くても持ちたくなる魅力に迫る!

【2018年11月最新】アメックスプラチナは言わずと知れた高級クレジットカードです。アメックスプラチナカードは年会費が13万円(税抜)と高額ながら多くの方に支持されています。そこにはきっと何か隠れた秘密があるのではないかと考えています。

アメックスプラチナカード

2018年10月15日(月)よりアメックスプラチナを新規発行される方は金属製のメタルカードが発行されます。メタルカードは基本カードのみとなり、ACカードや家族カードは従来通りプラスティックのカードとなります。素材は金属製で、表面にはカード番号は無く裏面に記載されるそうです。非常にすっきりしたカードデザイン(券面)になります。米国では約1年半ほど前よりアメックスプラチナのメタルカードが先行発行されていましたが、この度、日本にも上陸することになりました。

また、ボーナスポイントプログラムも新しく導入され、毎年9月1日〜翌年8月31日までの期間中に国内の対象加盟店で利用すると、いつでもポイントが3倍で貯まります。海外で外貨建て(現地通貨)の支払いだと、いつでも、どの加盟店でもポイントが3倍で貯まります。これは魅力的な特典となります。

アメックスプラチナ メタルカード(金属製のクレジットカード)

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

センチュリオン(百人隊長)が真ん中に居座る堂々とした風貌で有名なアメックスプラチナ、そのメリット・デメリット、気になる審査、どうしたらインビテーションがもらえるの?、空港ラウンジってどこにあるの?、プラチナカードの年会費はいくらなの?など多くの疑問を解決していきたいと思います。

アメックスプラチナは皆様、憧れのステータスのあるクレジットカードです。20代でもアメックスプラチナが持てるのでぜひチャレンジしてください。10年前は完全にインビテーションオンリーでしか取得できなかったアメックスプラチナですが、今では申し込むことができます。ライバルのダイナースプレミアムも同様にインビテーションが無くても申し込むことができます。そうなると本当のブラックカードはアメックスセンチュリオンのみとなりますね。欲しいよね。憧れるよね。セレブだよね。僕には無理なので最初から諦めています・・・。w

アメックスプラチナ、目指されますか?アメックスゴールドから育てましょう!そう、アメリカン・エキスプレスは育てるクレジットカードなんです。毎日、水あげてくださいね。w

アメックスゴールド、アメックスビジネスゴールドに新規ご入会&ご利用でUSJ貸切イベントご招待キャンペーン実施中!(カード年会費は初年度より有料)
プラチナカードへの第一歩♪

アメックスゴールド USJ貸切イベントご招待キャンペーン

アメックスビジネスゴールド USJ貸切イベントご招待キャンペーン

※USJ貸切イベントご招待をご希望の方は必ず「USJ貸切イベントご招待」とご案内のある専用キャンペーンよりお申し込みください。 なお、このキャンペーンでは年会費は初年度より有料となります。

アメックスゴールド 初年度年会費無料 入会キャンペーン

アメックスグリーン 初年度年会費無料 入会キャンペーン

 

アメックスプラチナの人気の秘密とは何か?

アメックスプラチナを目指す方は、まずアメックスゴールドから始めましょう!一定期間のクレジットヒストリー(利用履歴)を積み重ねている間にアメリカン・エキスプレスから「アメックスプラチナにご興味はございませんか?」とインビテーション(お誘い)が届くかもしれませんよ。その時の感動を体験したい方は、アメックスゴールドから育てましょう。アメックスを育てる?アメックスは育つんですよ!

gold-ax.hatenablog.jp

アメックスビジネスカード(法人カード)にもプラチナカードが存在します。アメックスビジネスプラチナですが、個人のプラチナカード同様に多くの特典・サービスが付帯されている以外にもビジネスで役立つ多くの特典・サービスが付帯されているのが自慢です。アメックスビジネスプラチナにもフリー・ステイ・ギフトの無料宿泊特典があります。

gold-ax.hatenablog.jp

 

2018年10月15日(月)よりアメックスプラチナのメタルカード(金属製)の発行がスタート

アメックスプラチナのメタルカード

アメリカン・エキスプレス(アメックス)は、2018年10月15日(月)より新規発行される会員の方よりアメックスプラチナのメタルカードを発行します。素材は金属製で重厚感があり、カード表面にはカード番号の記載が無く、とてもすっきりとしたカードデザイン(券面)になっています。

既存のプラチナカード会員はメタルカードの切り替えも可能となっており、2018年11月上旬〜12月頃に切り替え申込書が配布されるそうです。アメックスプラチナのメタルカードは基本カードのみとなり、ACカード(アディショナルカード)や家族カードは従来通りプラスティックのカードとなります。

アメックスゴールド 初年度年会費無料 入会キャンペーン

 

アメックスプラチナはポイントが3倍で貯まる(国内対象店舗・海外全て)

アメックスプラチナを国内の対象加盟店で利用すると、いつでもポイント3倍になる「ボーナスポイントプログラム」がスタートしました。期間は毎年9月1日〜翌年8月31日がプログラム年度になり、その期間に最高100,000ポイント(500万円利用分)までポイント3倍として貯まります。国内の対象店舗には、Amazon,Yahoo!,JAL,HIS,iTunes,アメックストラベルオンラインなどがあり、これらの対象店舗を利用することでいつでもポイントが3倍で貯まります。

また、アメックスプラチナを海外で利用すると、いつでも、どの加盟店でもポイントが3倍になります。海外で外貨建てで決済をすることが条件になります。たとえば、ハワイに旅行に行って、現地で米ドル決済をした場合、それらは全てポイント3倍になります。海外旅行好きな方や海外出張の多い方には魅力の特典となりそうですね。

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスプラチナとは

アメックスプラチナカード

アメックスプラチナとは、アメリカン・エキスプレスインターナショナルが発行する高級クレジットカードで、プラチナカードのランクとなります。非常にステータスがあり、多くの特典・サービスが付帯されています。アメックスプラチナの上にアメックスセチュリオンというブラックカードがあります。この件に関してはアメリカン・エキスプレスは知らぬ存ぜぬです。w

アメックスプラチナカードは日本で最初のプラチナカードで、日本で「プラチナ・カード」として商標を取っています。ちなみにアメックスゴールドも「ゴールド・カード」として日本で初めて発行されました。それ以降、他社もゴールドカードやプラチナカードを模倣したクレジットカードを発行しています。

アメックスプラチナはいきなり(申し込み)取得できないクレジットカードで、その前段階としてアメックスグリーン、アメックスゴールドがあり、それらのクレジットカードを利用してクレジットヒストリーを築いている内にアメックスプラチナのインビテーション(お誘い)が送られてきます。最近では、アメックスプラチナも申し込みのできるプラチナカードとなっていて、お友達ご紹介プログラム経由で申し込むことができます。僕からもご紹介プログラムでご紹介は可能ですが、しかし・・・。

アメックスプラチナの年会費は130,000円(税抜)で、非常に高い年会費の設定となっています。特にT&Eカードと呼ばれるトラベルやエンターテインメントでは他社の群を抜いています。旅行関連の特典・サービスが多く付帯されていて、そららを上手く活用することで十分納得のいくプラチナカードとなります。

アメリカン・エキスプレス全般に言えることですが、特典・サービスを「使ってなんぼ」の認識があるクレジットカードという位置付けです。逆にクレジットカードとして決済をメインとして利用される方は非常に高額な年会費負担となります。

高級ホテル、高級ブティック、百貨店などの支払いの際に、サッっとアメックスプラチナを差し出すとカッコ良い雰囲気がありますね。よく似合うと言いますか・・・。周りのお客様やスタッフの方も「おぉ〜、アメックスプラチナじゃん!」みたいな感じになると想像します。 #wow

▶︎アメックスゴールド 初年度年会費無料 入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスプラチナのメリット

アメックスプラチナのメリットですが、多く付帯されている特典・サービスを利用するとその分、多くのメリットを受けることができます。逆にアメックスプラチナで決済だけの利用だと非常に高額なクレジットカードとなります。アメックスプラチナのメリットを最大化するためには旅行関連での利用が多い方がメリットを多く享受することができます。

たとえば、アメックスプラチナのラウンジサービスを一つとっても、国内外のカードラウンジ、全世界のプラオリティパス、センチュリオンラウンジ、デルタラウンジなど多くのラウンジが用意されています。これらを全く使わない環境の方ですとその分でデメリットが多くなりますし、海外旅行や海外出張などで頻繁に利用されている方だと多くのメリットを享受できますね。

アメックスプラチナをホテルのチェックインの際に呈示してお部屋のアップグレードがありました。これは僕の経験なのですが、プラチナコンシェルジュデスク経由で某ホテルを予約した際に、フロントででアメックスプラチナを呈示すると「お部屋のアップグレードをさせていただきました。」と言われたことがあります。ホテルにお尋ねすると「アメリカン・エキスプレスのメンバー様ですので・・・。」というご回答で、その真意は不明ですが、僕はアメックスプラチナの威力であると感じています。

アメックスプラチナのメインともなるコンシェルジュデスクは24時間、365日通話料無料でいつでも電話することができます。ホテルや航空券の手配、アクティビティの手配、お花の手配、ワインの手配など様々な要望に対応していただけます。今の時代、ネット手配が主流ですが、アメックスプラチナ会員はお忙しい方が多いと思いますので、ご自身でネットで探すよりアメックスプラチナコンシェルジュに依頼を丸投げで手配してもらう方が時間を有効的に使えるメリットがあります。その分、仕事に集中できるので、ビジネスを成功へ導いてくれます。アメックスプラチナを持つ醍醐味としてコンシェルジュデスクは頻繁に利用したいサービスですよね。

なぜ僕が今まで年会費が高額なアメックスプラチナを解約しないかと申しますと、様々な恩恵を多く受けてきたということがあります。これからもそれらに期待してアメックスプラチナは維持するつもりです。僕はアメックスセンチュリオンの年会費を払えるような属性ではありませんので、アメックスプラチナが一番居心地が良いです。 #cool

 

アメックスプラチナのデメリット

「アメックスプラチナのデメリットは何?」と問われると、僕は「その高い年会費である。」とお答えします。アメックスプラチナの年会費は、130,000円(税抜き)します。年会費ですので毎年この高額な年会費が引き落とされる訳です。たかがクレジットカードの年会費で130,000円って、高額すぎますよね、今の時代。これがデメリットであると考えます。

ただし、上記にもご紹介しましたが、アメックスプラチナに付帯されている多くの特典・サービスを頻繁にご利用の方には逆に年会費は安いという印象をお持ちらしいです。世界を飛び回るビジネスエリートの方、海外旅行が趣味の方は、空港ラウンジでフライトまでの時間を有意義に過ごすことができたり、ホテルメンバーシップでSPG、マリオット、リッツカールトン、ヒルトン、シャングリラなどのホテルのエリートメンバーになれるので、こちらでも多くの優待を受けることができます。

アメックスプラチナをご検討中の方は130,000円(税抜き)の年会費をどのように捉えるか、どの程度付帯する特典・サービスを使うのかでアメックスプラチナのデメリット、メリットが分かれると思います。僕は、「あれこれ言わずに兎にも角にもアメックスプラチナを実際に持ってみて判断するのが一番納得がいくのではないでしょうか。」と考えます。

 

アメックスプラチナの口コミ・評判

アメックスプラチナの口コミ・評判は最高に良いと思います。僕の周りにも実際にアメックスプラチナ会員が数名いますが、大きな不満などはなく会員を続けていますね。コンシェルジェデスクの電話対応、付帯されている特典・サービスは年会費が高いだけあり、充実した日々を送れそうですよ。

実際に僕が10年以上アメックスプラチナを使っての口コミ・評判ですが、このカードの上をいくクレジットカードは他にはありません。それは、一般の方への認知度、ステータス、百人隊長のイメージなど外的なこと、コンシェルジュデスクの意識の高さ、話し方、僕の意図することを汲み取って受け答えしてくれる対応力などの内的なこと、トータルで考えても高級クレジットカードではNo.1と言っても過言ではありませんというのが僕が実際に使ってみての口コミ・評判です。

アメックスプラチナを代表するコンシェルジュデスクですが、これに慣れるとクレジットカード以外のサービスでの各デスクの受け答えがとても荒く思えてきます。でも、これって普通な対応でどこも悪くないと思うのですが、アメックスプラチナコンシェルジュデスクの対応が「神」レベルなので、他のサービス全般のデスクの対応とのギャップに驚くことはあります。

アメックスプラチナはアメリカン・エキスプレスが提供しているクレジットカードで、いわばその法人の会員な訳で、対外的にもアメリカン・エキスプレスの会員様としてみていただけることがあります。それは特に高級ホテルや高級ブティックなどがあると思われます。アメリカン・エキスプレス社のアメックスプラチナ会員様ですので、きちんと支払いをしていただけるお客様としてご対応いただけますので、その違いを肌で感じることはあります。特に米国などは階級社会とも言われており、それらが顕著だということです。

アメリカン・エキスプレス社が今まで築いてきた百人隊長のブランドにより我々アメックス会員は目に見えない多くの恩恵を受けることができるのは僕も何となく感じているところです。これは法人対法人のお付き合いであり、我々個人レベルではあまり感じることができないかもしれませんが、それを何となく感じる時があります。 #awesome

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスゴールド 初年度年会費無料 入会キャンペーン

アメックスグリーン 初年度年会費無料 入会キャンペーン

 

アメックスプラチナの審査

通常、アメックスプラチナの審査は、アメックスグリーン、アメックスゴールドを利用されている方で一定の利用履歴のある方にインビテーション(お誘い)をお贈りするという方法で取得できていました。が、しか〜し、最近ではいきなりアメックスプラチナを取得できるらしいです。審査の内容は不明です。

このインビテーションをお贈りするという時点でほぼ審査は完了しているものと考えらえます。おそらく、コンピューターで自動的に利用履歴を見ている中でアメックスプラチナの審査に合格している方に対してフラグが立つように設定されていて、自動的にインビテーションの送付になると考えます。アメックスプラチナのインビテーションではスタッフの目視は無いと考えます。

アメックスプラチナの審査で年齢ですが、20歳以上であれば持つことができると思われます。以前よりダイナースクラブのように33歳以上や現行の27歳以上といった決まった年齢基準も無いでしょう。過去にはアメックスゴールドの審査で年齢が25歳以上と決められていた時期がありました。その時はおそらくアメックスプラチナの審査の年齢は27歳以上だったかもしれません。27歳の根拠ですが、アメックスゴールドを取得してから2年間のクレヒスが必要な時代も現実にありました。そこから時代は流れ、その期間が1年に短縮され、今ではいきなりアメックスプラチナ取得も可能となっています。以前の審査基準、アメックスグリーン2年、アメックスゴールド2年、アメックスプラチナのインビなど、審査に一定の基準が設けられていたのは事実です。

アメックスゴールドを半年くらい使っていた時にデスクに「アメックスプラチナが欲しいねん!」と伝えたことがあります。デスクの方は「審査落ちするかもしれへんから、止めときなはれ。」と言われたことがあります。今のセンチュリオンカードと同様に、ただひたすらアメックスプラチナのインビテーションを待たないといけない時代もありました。これはライバルのダイナースクラブカードからダイナースクラブ プレミアムカードへのアップグレードも同様で、2年以上のクレヒスが必要だった時代もありました。

現在では、アメックスグリーン、アメックスゴールドからアメックスプラチナへ、アメックスゴールドからアメックスプラチナへという審査の流れの中で利用履歴を重視していると思われますので、ひょっとすると、25歳位で既にアメックスプラチナとう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

他社のクレジットカードではゴールドカードで30歳以上であったり、ダイナースクラブカードは27歳以上と審査に年齢が明記されていますが、アメックスプラチナには審査に年齢が明記されていません。ということは実績を積めば若くしてアメックスプラチナホルダーになることも可能ということですね。これは若い世代の皆様に夢があって良いと思います。僕個人的にはもっと若い方にアメリカン・エキスプレスのカードを持っていただきたいなと思っています。それは、自分の意識をワンランク上げて、仕事に、遊びに頑張ってもらいたいからです。

「次の日本を代表するのは君たちだ!」なんちゃって・・・。 #omg

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスプラチナのインビテーション

最近では、アメックスプラチナのインビテーションなしで、いきなりアメックスプラチナを取得できるようになっています。

アメックスプラチナのインビテーションはアメックスグリーン、アメックスゴールドを利用されている方の中から限られた方に対してインビテーションが贈られます。その限られた方というのは、利用履歴を最重要視しています。利用頻度、利用金額、支払い遅延の有無など、カードの利用をトータルで判断しているもとの思われます。

僕も実際にインビテーションでアメックスプラチナを取得しましたが、ある日突然、ポストに大きな銀色の封筒が入っていました。封筒にはPlatinumの文字がありましたので、ひょっとしてアメックスプラチナのインビテーションかもと思い、急いで封筒を開封しました。この事は今でも鮮明の覚えていますが、「やっと僕もアメリカン・エキスプレスに認められたんだ!」と感動しました。

アメックスプラチナのインビテーションの記入する項目は氏名などごく簡単な内容でした。その中に一つだけ懸念がありました。その当時のアメックスプラチナの年会費は100,000円(税抜き)とありました。「毎年、アメックスプラチナの年会費で100,000円が掛かるのか?」と不安はありましたが、でも、とりあえず1年だけ持ってみようということでインビテーションは直ぐに返信しました。

 

アメックスプラチナの年会費

アメックスプラチナの年会費は130,000円(税抜き)です。とても高額となりますが、その理由としては多くの特典・サービスが付帯されているからと考えられています。その中でもよく利用するであろう「プラチナコンシェルジェデスク」ですが、24時間・365日いつでも依頼ができます。日本だけではなく、海外からでも通話料無料で24時間・365日同様にいつでも依頼ができます。

旅行特典・サービスが他社の群を超越している。海外旅行のため自宅から出発する時から帰宅するまで様々な特典・サービスが利用できます。送迎サービス、無料ポーターサービス、空港ラウンジ、手荷物無料宅配サービスなど、旅に嬉しい役立つ特典が多数付帯しています。

空港ラウンジという特典を一つ取っても、贅沢すぎるほどの空港ラウンジが完備されています。カードラウンジ、プライオリティパス、センチュリオンラウンジ、デルタラウンジ、そして、京都には街ラウンジ「京都特別観光ラウンジ」のございます。

と一部抜粋してご紹介しましたが、これだけ多くの特典・サービスがございますので、至れり尽くせりといったところです。ちなみにこれほどまでの特典・サービスをそろえているのはライバル会社ではありません。

アメックスプラチナの年会費が高くても多くの特典・サービスが付帯されているのである意味、納得できるところではあります。ですので、付帯されている特典・サービスをよく利用される方は年会費は安く感じられますが、ほとんど利用されない方には高額の年会費となるでしょう。

アメックスゴールドとアメックスプラチナの年会費の違いはこの辺りだと思われますので、どちらか迷われている方は一つの判断材料にしてください。

 

アメックスプラチナの特典

上記でも少しご紹介しましたが、アメックスプラチナは年会費が13万円もする高級クレジットカードのプラチナカードです。その高額な年会費の理由には多く付帯されている特典・サービスがあります。僕個人的には空港ラウンジに関しては少し過剰なところは見受けられますが、それ以外のところでは面白い特典が多く用意されています。

アメックスプラチナを代表する特典といえば、24時間・365日対応の「プラチナ・コンシェルジュ・デスク」です。3つのオプションに分かれていて、カード部門、ライフスタイル部門、トラベル部門となっています。この中でよく利用するのはライフスタイル部門とトラベル部門かなと思います。

ライフスタイル部門ですと、お中元やお歳暮などにワインをお贈りしたい時には電話一本で対応していただけます。銘柄が分からない場合も先様の嗜好をお伝えすることでリストアップしていただけますので、その中から選ぶことができます。リストはメールやFAXでも可能ですので、じっくりを考えることもできますよ。お祝いの花を贈りたいという時にも便利に利用できますよね。また、外食の多い方ですと、レストランの手配も可能となっています。日時、人数と伝えると、その場でレストランに電話連絡していただけ、状況を的確に伝えていただけます。僕もこのライフスタイル部門で何度もレストランの予約をお願いしています。

少しお話が逸れますが、以前、ライフスタイル部門にパーソナル・インポート・サービスで時計の手配をお願いしました。結果は、どれも手配不可でした。もしあったとしても非常に高額になるというお話でした。具体的にはロレックスのデイトナの手配とパティック・フィリップのノーチラスの手配をお願いしたのですが、「デイトナは手配自体ができない。ノーチラスも同様です。万が一、商品があったとしても非常に高額と言われ、諦めました。」その金額は正規の約2倍ほどらしいです。ノーチラスならアバウト600万円になるかも・・・?みたいな。 #omg ですよね。「今、ご用意ができるのは日本円で数千万円の○○の時計がございます。」ですって。2度びっくりで #omg×2

アメックスプラチナコンシェルジュデスクのトラベル部門ではホテル、飛行機や鉄道のチケット手配が可能です。出張や旅行が多い方ですと、特に喜ばれる特典ではないでしょうか。忙しくビジネスをされている方ですと、電話一本で全て完了するので楽チンですよ。キャンセルも電話一本で完了します。ネットで自分で手配する方が少し安くなるかもしれませんが、そのために貴重な時間を無駄に費やすのであれば、コンシェルジュに丸投げしてその時間をビジネスに投資する方が結果として多くのリターンが見込めますね。この辺りが秘書を雇っている言われるところですよね。

アメックスプラチナ会員の皆様は飛行機での移動も多いと思われます。その際に自宅を出発するときから帰宅するまでの流れの中で多くの特典が利用でき、恩恵を受けることができます。海外旅行へお出かけの際にJALエービーシーが手荷物無料宅配サービスで自宅から空港へ荷物を無料で運んでくれます。提携するハイヤー会社が自宅から空港まで無料で送迎してくれます。空港に到着すると、無料ポーターで空港の指定場所からチェックインカウンターまで手荷物を無料で運んでくれます。チェックイン後は空港ラウンジでゆっくり寛ぐことができますね。帰国後はJALエービーシーから手荷物2個まで無料配送していただけます。という一連の流れで多くの恩恵が受けられますね。これらの特典を提供しているクレジットカード会社はアメリカン・エキスプレスだけです。アメックス会員の特権なんです。

無料ポーターサービスを空港駅改札口に指定するとアメリカン・エキスプレス ○○様と書かれた大きなプラカードをお持ちのスタッフ様がいらっしゃいますので、少々恥ずかしいかもしれません。

アメックスプラチナの特典といえば、利用頻度の高いコンシェルジュデスク、付帯されるトラベル系特典の利用が多くなると思われます。

アメックスプラチナの特典のお話となると一番お話量も多くなりますね。トラベル関連ではホテルメンバーシップという申し込むだけでSPG、ヒルトンなどホテル上級会員になれる特典があります。これらは通常年間に数十泊しなと獲得できない特典ですが、アメックスプラチナの特典として申し込むだけで上級会員になれます。ホテルに関連した特典にフリー・ステイ・ギフトがあります。対象のホテルに2名1室に無料で泊まれるという特典ですが、これも非常に優雅な滞在となりますよ。僕は特にヒルトンをオススメしています。

アメックスプラチナの特典では、僕の中で書ききれない多くの経験がありますが、この辺で小休止しておきます。

アメックスゴールド 初年度年会費無料 入会キャンペーン

アメックスグリーン 初年度年会費無料 入会キャンペーン

 

アメックスプラチナのメタルカード

本場、米国のアメリカン・エキスプレス発行ではアメックスプラチナにメタルカードがあるらしいです。金属製のアメックスプラチナということですが、実物を拝見していないのでどういうカードなのかは不明です。アメックスせんリュリオンも今まで見たことも触ったこともないので、アメックスプラチナのメタルカードがどういうカードなのか想像がつきません。ラグジュアリーカードのような感じなのでしょうか。

早く日本でもアメックスプラチナのメタルカードを導入してほしいですよね。ただし、一つだけ懸念があります。日本でアメックスプラチナが導入された場合、単純にアメックスプラチナメタルカードを追加カードで追加しました。と言う訳にはいかないと思います。

アメリカン・エキスプレスは何か大きな仕様変更をする場合、必ず年会費の値上げが行われます。そのタイミングが今回のアメックスプラチナメタルカードが日本で発行される時ではないかと推測します。たとえば、現行のアメックスプラチナの年会費130,000円(税抜き)にアメックスプラチナメタルカードを追加するために、さらにいくつかの新しい特典・サービスを追加してメタルカードと抱き合わせて、アメックスプラチナ年会費160,000円(税抜き)として新しくスタートする可能性は否定できません。

アメックスプラチナメタルカードを発行して年会費を値上げする金額はラグジュアリーカードのゴールドカードもありますので、どれだけ意識しているか、というところもありますね。メタルカードを追加して多くの特典・サービスを追加して年会費200,000円(税抜き)になる可能性も十分あります。

アメックスプラチナのメタルカードを発行して、多くの特典・サービスを追加して年会費を値上げに踏み切るタイミングは2019年2月が最有力となりそうですね。それ以降だと、日本の消費税が10%になりますし、メタルカード発行で年会費値上げ分を合わせると相当高額になりますので、少し期間をズラすとなると2019年2月かなと考えます。逆に、消費税増税後、2020年の東京オリンピックの波の乗っかり、景気が上向くであろう、2020年2月にオフザリップもありますかね?

2018年10月15日(月)より日本でもアメックスプラチナのメタルカードの発行があります。特に年会費値上げの情報もございませんので、しばらくは年会費13万円(税抜き)で持てると思われます。

アメックスゴールド 初年度年会費無料 入会キャンペーン

 

アメックスセンチュリオンのインビテーションはアメックスプラチナから

アメックスプラチナを持ってしまうと、次、狙いたくなるのがアメックスセンチュリオンですよね。アメックスブラックカードで、日本最高峰と言われる最上級のクレジットカードです。こればかりは流石に他社の追随を許しませんね。クレジットカードの王様です。まぁ、実際に世界で初めてブラックカードを世に出たアメックスセンチュリオンは王者に君臨し続けると思います。

アメックスセンチュリオンのインビテーションの獲得方法って何かあるのでしょうか?今、判っていることはアメックスプラチナ会員であることが条件のようです。その中から選ばれた方はアメックスセンチュリオンのインビテーションを獲得できるみたいです。

アメックスセンチュリオンのインビテーションを狙うには、利用金額と会員歴の2つの要素が最重要項目になります。おそらく、この2つのある一定の基準を超えた方はフラグが立つようにコンピューターに設定してあると思います。そのフラグが立った方を人的に確認後、OKの判定が出たら次、センチュリオンパーソナルコンシェルジュから電話が掛かるという流れですね。

アメリカン・エキスプレスのトータルの会員歴、アメックスプラチナの会員歴、そして、トータルの利用金額が設定してあると想像します。これらをクリアした方にアメックスセンチュリオンのインビテーションが届くものと推測します。選考する中で過去、支払いの遅延がある方はインビテーションから外されると思います。

僕のように毎月、支払い金額が少なく、たまにクレームをハッキリ言う顧客は間違いなくアメックセンチュリオンのインビテーションから除外されています。ですので、アルゴリズムに設定してある基準を超えてもインビテーションフラグは立ちません。皆様、アメックスセンチュリオンのインビテーションを狙われている方は波風を立てないでパドリングをしてください。たまにドルフィンスルーくらいは可能かも・・・。w

 

アメックスプラチナお友達ご紹介プログラム

「アメックスグリーンもアメックスゴールドもいらんねん!いきなりアメックスプラチナが欲しいねん!」という方には、アメリカン・エキスプレス歴が全くなくても、いきなりアメックスプラチナが持てる裏技があるんです!それは、僕からの紹介で叶います!

ただいま、アメリカン・エキスプレスでは、アメックスプラチナお友達ご紹介プログラムとして、現アメックスプラチナ会員からの紹介で、いきなりアメックスプラチナが持てるキャンペーンを実施中です。

アメックスプラチナお友達ご紹介プログラムは、アメックスグリーン、アメックスゴールドの利用履歴が不要ですので、アメックスプラチナ取得までの時間が大幅に削減できるメリットがあります。他方、デメリットですが、いきなりアメックスプラチナを取得すると、いきなり高い年会費が掛かります。また、アメックスセンチュリオンまでの道のりはアメックスグリーン、アメックスゴールドから始められた方と同じです。

アメックスプラチナ、目指されますか?アメックスゴールドから育てましょう!アメリカン・エキスプレスは育てるクレジットカードなんです。w

アメリカン・エキスプレス入会キャンペーン実施中!

■初年度年会費無料キャンペーン

アメックスゴールド 初年度年会費無料 入会キャンペーン

アメックスグリーン 初年度年会費無料 入会キャンペーン

■ボーナスポイントキャンペーン(マイル相当)

アメックスゴールド 入会キャンペーン

アメックスグリーン 入会キャンペーン

現在、当サイトではアメックスゴールド入会キャンペーンとして、「初年度年会費無料」と「ボーナスポイントプレゼント」の2つを同時に実施しております。お間違えのないように必ずご希望のキャンペーンであることをご確認のうえ、お申込みください。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

アメリカン・エキスプレスとダイナースクラブ、アメックスプラチナとダイナースプレミアムがよく比較されますが、どちらも素敵なクレジットカードですので、ご自身のライフスタイルに応じて選ばれるのが良いと思います。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp