Creca-Style

クレジットカードを実際に利用した体験をご紹介します。

経営者がアメックスビジネスゴールド(法人・個人)を持つメリット!ビジネスから福利厚生まで充実

アメックスビジネスゴールド(法人・個人)は、ビジネスに特化したゴールドカードです。ビジネス経費の管理や削減に役立つ特典・サービスが付帯され、福利厚生までカバーするアメックスビジネスゴールドは経営者として多くのメリットを享受できます。個人事業主、法人経営者にお持ちいただける法人カードです。

f:id:gold-ax:20170515221356p:plain

2017年1月より法人税のクレジットカード払いが可能になるなど、法人カードは今後もさらに利用価値が増してくると思われます。さらに、アメックスビジネスゴールドの年会費は会計法上、経費として計上することができます。税金のクレジットカード払いでポイントが貯まる、年会費を経費として計上できるなど経営者にとってメリットが大きいです。

今まで現金や銀行振込にされていた経費をアメックスビジネスゴールドのカード払いに変更するだけで100円=1ポイントまたは200円=1ポイントが貯まりますので、ポイントを特典航空券に交換して海外旅行にも行けちゃいます。所得税、消費税、法人税などの税金もアメックスビジネスゴールドカードでも決済が可能となっています。

経費の支払いでポイントを貯めて、貯めたポイントで海外旅行に行けるので仕事が楽しくなるという好循環な環境へと変えてくれます。経営者がアメックスビジネスゴールドを持つメリットは、経費の管理と福利厚生の充実で、オンとオフの両方を充実させることができます。

当サイトを経由でアメックスビジネスゴールド初年度年会費無料でお持ちいただけます。

個人事業主(自営業)▶アメックスビジネスゴールド(個人)入会キャンペーン

法人経営者(法人格)▶アメックスビジネスゴールド(法人)入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

 

f:id:gold-ax:20170617231809p:plain

 

アメックスビジネスゴールドのメリットとは

ビジネスをする上で最も重要なことは、大切なお取引先様や従業員の方との信頼関係だと思います。アメックスビジネスゴールドにはそれが可能な特典・サービスがぎっしりと詰まっています。信頼関係を築くためには日頃よりきちんと交流をして、意思の疎通を図ることだと思います。そのためにアメックスビジネスゴールドに付帯する特典・サービスを利用して大切なお取引先様や従業員の皆様と交流できることでメリットを享受することができます。

経営者には決断をするという強い意志が求められます。その際に迷われることもありますが、アメックスビジネスゴールドにはコンサルティングサービスも備わっていまして、適切な経営コンサルタントを紹介していただけます。

ビジネスを経営する上で出張も多くあると思います。飛行機や新幹線などの移動、出張先のホテルなど、お安くお得に手配できる機能も備わっています。たとえば、JALオンラインならeビジネス6などJALオンライン専用の運賃があったり、クラスJ席分の1,000円が無料になったり、スーパー先得・先得運賃で発券しても当日内であればキャンセル料は不要など、経営者や従業員の方がアメックスビジネスゴールドを持つメリットは大きいですよ。※JAL ONLINEにはウルトラ先得の運賃はありません。

特にアメリカン・エキスプレスは旅行に強く、「海外といえば、アメリカン・エキスプレス」というフレーズは超有名ですね。飛行機での出張の際にもストレスフリーな特典・サービスが豊富に用意されています。さらに出張時の万が一の場合にも旅行保険で手厚く補償してくれますので安心感が違いますね。それ以外にも各種プロテクションが用意されていて、万が一のときでも保険で安心を届けてくれます。

個人のアメックスゴールドと仕事用のアメックスビジネスゴールドの2枚持ちの方であれば、引き落とし口座を区別することができます。カード利用分は自動引き落としとなりますので、面倒な振込手続きが不要ですので、コスト削減ができますね。

アメックスビジネスゴールドにはビジネスに関する多くの特典・サービスが用意されており、それを活用することで多くのメリットを享受することができます。アメックスビジネスゴールドには法人格を有する法人代表者向けと個人事業主(自営業)様向けの2種類が用意されています。特典・サービスはどちらも同じとなります。

個人事業主(自営業)▶アメックスビジネスゴールド(個人)入会キャンペーン

法人経営者(法人格)▶アメックスビジネスゴールド(法人)入会キャンペーン

 

アメックスビジネスカードにもビジネスゴールドとビジネスグリーンが用意されています。僕個人的な意見で恐縮ですが、年会費が経費として計上できますので、アメックスビジネスゴールドの方が負担が少なく、付帯されている特典・サービスも多いのでメリットを多く享受することができると思います。

個人事業主▶︎アメックスビジネスカード(個人)入会キャンペーン

法人経営者▶︎アメックスビジネスカード(法人)入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

アメリカン・エキスプレスはビジネスカード(法人カード)で設立間もない個人・法人に対しても柔軟にクレジットカードの申し込みを募集しています。他社のクレジットカードだと設立◯年以上などの条件もあるみたいですが、アメックスビジネスカード、アメックスビジネスゴールドは設立間もない個人事業主や法人にも特に条件を設けることなく申し込みを受け付けています。むしろ、スタートアップした時期には多くの出費が重なることが多く、その経費をアメックスビジネスゴールドで支払っていただきたいということです。何だか安心できるし、アメックスとは長いお付き合いになりそうですね。

gold-ax.hatenablog.jp

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスビジネスゴールドで経費管理をサポートする

アメックスビジネスゴールドは1ヶ月に1度、カードをお持ちの社員の方ごとに利用金額、店名、業種を日付順に記載して明細を届けてくれます。経費の仕分けや用途の確認が容易にでき、経費の把握が一目瞭然です。

これも便利なサービスなのですが、オンライオンで利用金額や過去の明細書をPDF形式で確認することができます。安全でスピーディーに確認できるのは嬉しいですよね。また、明細書をCSV、Excel形式でダウンロードもできます。

社員の方には追加カードを発行することで経費の管理が容易になります。いつ、だれが、どこで、いくら使ったなどの情報を把握することができ、仮払いや精算などの手間が軽減されます。追加カードの利用分のポイントは基本カードと合算されます。経費管理の簡素化、ポイントの集約などアメックスビジネスゴールドで管理することで経営者としてのメリットが生まれてきます。

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスビジネスゴールド追加カード年会費

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 6,000円(税抜)
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 12,000円(税抜)


お得意先様との交流にアメックスビジネスゴールドの特典を利用

アメックスビジネスゴールド限定の特典・サービスとして、「ミーティング・スクエア」があります。こちらは帝国ホテルにアメリカンエキスプレスのビジネスカード会員限定のビジネスラウンジが設けられています。お取引先様との商談や外出先の合間に利用することができます。

お取引先様との会食などの際に接待にふさわしいレストランを紹介していただける「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」があります。コンシェルジェがエリアや予算、人数などの希望を伝えることでレストランを探してくれるサービスとなります。利用は無料ですので、接待の多い方にはメリットがありますね。

アメックスビジネスゴールドでは、個人用のアメックスゴールドに付帯するゴールド・ワインクラブ、コットンクラブ、チケットアクセス、京都特別観光ラウンジなども利用することができます。休日など余暇を楽しむために利用することができますね。

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスビジネスゴールドで仕入れや備品購入で支払い

アメックスビジネスゴールドの限度額には一律の制限を設けていません。限度額については個々のカード利用状況や支払実績により決定されています。いつもより高額の支払いの際にはゴールドデスクまたはオーソリデスクにお電話の上ご利用されるとスムーズです。

僕もいつもより高額になる場合は必ずデスクに電話で承認確認をとっています。「そんなの面倒だよ」と仰る方もいらっしゃいますが、それがアメリカン・エキスプレスの郷なんです。

アメックスは全体的に通常の目安となる限度額は低く抑えられています。おそらく、アメックスビジネスゴールド入会当初は30万円ほどではないでしょうか。ビジネスカードで限度額30万円だと使えないカードですが、会員年数を積み重ねると結構限度額も上がってきたりします。ただし、いつもより高額の利用となると、事前承認手続きをしてからご利用ください。

アメリカン・エキスプレスは2010年よりJCBと加盟店業務提携をしていて、多くのお店でアメックスビジネスゴールドのカードが利用できます。コンシェルジェデスク曰く、アメックスのロゴマークがなくてもJCBのロゴマークがあると、アメリカン・エキスプレスのカードが利用できる場合もあるみたいです。なので、レジのスタッフに一回カードを通してもらった方が良いかもしれませんね。

専門分野での仕入れもアメックスビジネスゴールドで支払いができます。歯科医院、動物病院、飲食業、建設業、IT関連サービス、小売業、卸業、製造業など、あらゆる専門分野での仕入れもアメックスのビジネスカードで支払いができるので、ポイントも貯まりますよね。これってかなりのメリットで、貯めたポイントで海外旅行に行けちゃうんですからカード払いをしたいですよね。

アメックスビジネスゴールドは会社の経費の支払いにも対応しています。オフィス用品、PC、家電、宅配便、宣伝広告、書籍、車関連、人材派遣などの支払いにも対応しています。また、毎月の固定費もアメックスビジネスゴールドで支払いができます。スマホ代、プロバイダ、固定電話、新聞、電気、ガス、水道、放送料などの毎月の支払いにもアメックスビジネスゴールドで決済できるので、経費の管理が楽になりポイントが貯まるメリットがあります。

gold-ax.hatenablog.jp

 

ビジネスの備品購入はアメックスビジネスゴールドでボーナスポイントを獲得しよう!

アメックスビジネスカード、アメックスビジネスゴールドで「ボーナスポイントパートナーズ」の加盟店を利用すると大きくポイントを貯めることができます。個人事業主や法人経営者は支払いをアメックスビジネスゴールドに集約することでポイントが貯まりやすく、貯めたポイントをマイルに交換して海外旅行も夢じゃないなどメリットが多くあります。

gold-ax.hatenablog.jp

 

アメックスビジネスゴールドの特典で出張をストレスフリーにする

アメックスビジネスゴールドは、国内・海外の飛行機の出張に嬉しい特典・サービスが充実しています。飛行機の移動で嬉しい特典は空港ラウンジサービスですね。カードと当日の搭乗券の呈示で国内28空港と海外2空港の空港ラウンジを同伴者1名と共に無料で利用することができます。

海外出張に出発時、帰国時に自宅=空港間にスーツケースを1個無料配送していただけます。対応空港は、羽田、成田、中部、関西となっています。

海外出張の出発、帰国時に提携タクシー会社(MK)の車両をアメックスビジネスゴールド会員専用にチャーターし、利用可能地域内の指定場所から空港間の送迎を割安の定額料金で提供していただけますので、移動の負担が軽減されますね。利用条件としてH.I.Sアメックストラベルデスクにて日本発着の国際線航空券または海外パッケージツアーを購入された場合に利用することができます。対象空港は、成田、中部、関西となります。

空港に到着すると、空港内の指定場所からチェックインカウンターなど指定場所に手荷物を無料で運んでくれる無料ポーターサービスがあります。重い荷物をチェックインカウンターなどに運んでくれるので手荷物の多い出張の際には助かりますよ。

新幹線での出張の際には、アメックスビジネスゴールド限定で東京駅から宿泊先のホテル(東京23区内)へ無料で当日配送していただけます。事前の予約も不要で当日東京駅の八重洲口の佐川急便のカウンターで手続きをするだけです。ただし、当日配送するには午前11:00までに手続きが必要です。

アメックスビジネスゴールドを持つメリットを一部ご紹介しましたが、書ききれないほどの特典・サービスがございますので、メリットもそれ以上享受できると思います。

個人事業主(自営業)▶アメックスビジネスゴールド(個人)入会キャンペーン

法人経営者(法人格)▶アメックスビジネスゴールド(法人)入会キャンペーン

 

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

アメックスビジネスプラチナに付帯する「フリー・ステイ・ギフト」で
年会費を更新すると無料宿泊券がもらえる!

gold-ax.hatenablog.jp

gold-ax.hatenablog.jp

アメックスビジネスゴールドとよく比較されるのがダイナースクラブビジネスカードです。共に高級クレジットカードでビジネスカードも発行していることからどちらも検討される方が多いようです。 

最近では、アメックスビジネスゴールドやダイナースクラブ ビジネスカードと比較されるビジネスカードとしてラグジュアリーカードのビジネスカードがあります。カードの種類もチタンカード、ブラックカード、ゴールドカードとあり、それぞれにビジネスカードが用意されています。ビジネスカードの年会費は会計上、経費として計上できますので、ラグジュアリーカードゴールドカードのビジネスカードが良いかもしれませんね。付帯される特典・サービスの充実していますので。